Personnel Information

写真b

UWAGAWA YU

Organization
School of Humanities
Research Fields, Keywords
ドイツ文学, 思想史, 文化史
Teaching and Research Fields
20世紀には二つの世界大戦がありました。ドイツはその中心にあった国です。この二つの世界大戦を通して、18・19世紀にかたちづくられたヨーロッパの近代市民社会の理念は大きな危機に直面します。テクノロジーの発達と情報メディアの多様化、ナショナリズムの高揚とナチズムの台頭、そしてディアスポラとカタストロフィー。先の見えない混沌のなかで、この時代の人々は、不安と期待のあいだで揺れながら〈再出発〉を余儀なくされました。20世紀の文学と思想のひとつの原点は、まさにここにあると言えるでしょう。この戦間期ドイツの文学と思想が、いまのわたしの主な研究対象です。例えばヴァルター・ベンヤミンというユダヤ人の批評家がいますが、この人は文学や映画を〈味読〉しながら、「複製技術」とは何か、「言語」とは何か、「暴力」とは何かという根本的な問題に取り組んでいました。第一次世界大戦から100年を経たいまの時代も、EU・日本を問わず、ベンヤミンの時代におとらず見通しのきかない不透明なものです。ベンヤミンの様々な〈問い〉を手がかりにして〈いま〉を考えることが、わたしの今後の研究課題です。

Degree 【 display / non-display

  • Degree name:博士(文学)
    Classified degree field:Humanities & Social Sciences / European literature
    Conferring institution:Kyoto University
    Acquisition way:Coursework
    Date of acquisition:2016.03

  • Degree name:修士(文学)
    Classified degree field:Humanities & Social Sciences / European literature
    Conferring institution:Kyoto University
    Acquisition way:Coursework
    Date of acquisition:2010.03

  • Degree name:学士
    Classified degree field:Humanities & Social Sciences / Aesthetics and art studies
    Conferring institution:Kyoto University
    Acquisition way:Coursework
    Date of acquisition:2008.03

Career 【 display / non-display

  • Affiliation:Kwansei Gakuin University
    Department:School of Humanities
    Title:Professor
    Date:2023.04 -

  • Affiliation:Kwansei Gakuin University
    Department:School of Humanities Department of Literature and Linguistics
    Title:Assistant Professor
    Date:2017.04 - 2023.03

Research Areas 【 display / non-display

  • Research field:Humanities & Social Sciences / European literature

Research Career 【 display / non-display

  • Research subject: 「オリジナル」とはどういうことか?―近現代ドイツ語圏文学における「複製」の問題圏

    Periods of research: 2018.04 -
    Classification of research form:Collaboration in Japan
    Research program:Grant-in-Aid for Scientific Research

  • Research subject: 形態からイメージの科学へ――形態学を変異させるベンヤミンの三つの方法

    Periods of research: 2010.04 - 2013.04
    Classification of research form:Individual
    Research program:Grant-in-Aid for Scientific Research

Papers 【 display / non-display

  • Language: Japanese
    Title: ヴァルター・ベンヤミンにおける普遍史の理念
    Journal name: 関西学院大学人文学会『人文論究』第68号第1号
    Date of publication: 2018.05
    Author(s): 宇和川雄

    Type of publication: Research paper (scientific journal)
    Co-author classification: Single Author

  • Language: English
    Title: 聖槍としての貨幣――ジンメルの貨幣論における「非人格性」の概念について
    Journal name: 日本独文学会研究叢書128号『〈かけがえがない〉とはどういうことか?――近現代ドイツ語圏文学における交換(不)可能性の主題――』
    Date of publication: 2017.09
    Author(s): 宇和川雄

    Type of publication: Research paper (scientific journal)
    Co-author classification: Single Author

  • Language: Japanese
    Title: 第二の自然としての技術――ルカーチからベンヤミンへ
    Journal name: 日本アイヒェンドルフ協会、『あうろ~ら』第33号
    Date of publication: 2016.04
    Author(s): 宇和川雄

    Type of publication: Research paper (scientific journal)
    Co-author classification: Single Author

  • Language: Japanese
    Title: ゲシュタルト論争――ベンヤミンのグンドルフ批判
    Journal name: 日本独文学会京都支部会、『Germanistik Kyoto』 第16号
    Date of publication: 2015.07
    Author(s): 宇和川雄

    Type of publication: Research paper (scientific journal)
    Co-author classification: Single Author

  • Language: Japanese
    Title: 文献学と歴史――グリムからベンヤミンへ
    Journal name: 日本独文学会、『ドイツ文学』第146号
    Date of publication: 2013.03
    Author(s): 宇和川雄

    Type of publication: Research paper (scientific journal)
    Co-author classification: Single Author

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • Prize: 公益財団法人ドイツ語学文学振興会 振興会奨励賞 
    Date awarded:2013.05
    Country:Japan
    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.
    Awarding organization:公益財団法人ドイツ語学文学振興会
    Award-winner (group):宇和川雄

Research Projects 【 display / non-display

  • Research category:Grant-in-Aid for Scientific Research(C)
    Title:「オリジナル」とはどういうことか?―近現代ドイツ語圏文学における「複製」の問題圏

  • Research category:Grant-in-Aid for JSPS Fellows
    Project year:2010.04 - 2013.04
    Title:形態からイメージの科学へ――形態学を変異させるベンヤミンの三つの方法

Presentations 【 display / non-display

  • Language:Japanese
    Conference name:日本独文学会京都支部春季研究発表会
    International/Domestic presentation:Domestic presentation
    Holding date:2017.06
    Title:ヴァルター・ベンヤミンにおける普遍史の理念
    Presentation type:Oral presentation (general)

  • Language:Japanese
    Conference name:日本独文学会2016年秋季研究発表会
    International/Domestic presentation:Domestic presentation
    Holding date:2016.10
    Title:聖槍としての貨幣――ジンメルの貨幣論における「高貴性」の概念について(シンポジウム:〈かけがえがない〉とはどういうことか?――近現代ドイツ語圏文学における交換(不)可能性の主題)
    Presentation type:Oral presentation (general)

  • Language:Japanese
    Conference name:日本アイヒェンドルフ協会研究発表会
    International/Domestic presentation:International presentation
    Holding date:2015.05
    Title:「芸術は明朗か」――ベンヤミンの技術論について
    Presentation type:Oral presentation (general)

  • Language:Japanese
    Conference name:日本独文学会2013年秋季研究発表会
    International/Domestic presentation:International presentation
    Holding date:2013.09
    Title:ゲシュタルト論争――ベンヤミンのグンドルフ批判
    Presentation type:Oral presentation (general)

  • Language:Japanese
    Conference name:日本独文学会2012年秋季研究発表会(於中央大学)
    International/Domestic presentation:International presentation
    Holding date:2012.10
    Title:文献学と歴史――グリムからベンヤミンまで
    Presentation type:Oral presentation (general)

display all >>