Personnel Information

写真b

YAMAMOTO MARI

Organization
Center for Japanese Language Education
Research Fields, Keywords
会話分析, 日本語教育
Teaching and Research Fields
研究テーマ:私たちは、毎日友人や家族、先生などと何気ないおしゃべりをしています。そうした何気ないおしゃべりの中で、私たちはどのように相手が自分を理解してくれたと感じたり、会話の中で齟齬が起きたと感じたりするのでしょうか。私が専門とする会話分析ではそうした日常の「やり取りの場面(相互行為場面)」をビデオに収録し、丹念に観察・分析することで、私たちが無意識のうちに使っている様々なルールを見つけます。
私はこれまでに一般に引用表現と呼ばれる表現が会話の中でどのように使われているのかや、あいづちと呼ばれる聞き手の反応が会話を円滑にすすめる為のどのようなリソースとして利用されているのかについて考えてきました。最近は、日本語学習者の相互行為場面も分析対象とし、限られた言語的知識の中で、いかに巧みに会話の参加者として会話に参加しているのかについても考えています。これからは、こうした知見が、日本語学習者の会話教育にどのように活かせるかについても考えてみたいと思っています。

Graduating School 【 display / non-display

  • Graduating School:Hokkaido University of Education
    Faculty:Faculty of Education
    Course / Major:国際理解教育課程

    Kind of school:University
    Date of graduation:2004.03
    Completion status:Graduated
    Country location code:Japan

Graduate School 【 display / non-display

  • Graduate school:Hokkaido University
    Department:国際広報メディア研究科
    Course:国際広報メディア専攻

    Course completed:Doctor's Course
    Date of completion:2013.09
    Completion status:Completed
    Country:Japan

Degree 【 display / non-display

  • Degree name:博士(国際広報メディア)
    Conferring institution:Hokkaido University
    Acquisition way:Coursework
    Date of acquisition:2014.03

Career 【 display / non-display

  • Department:メディア・コミュニケーション部門言語伝達論
    Title:Assistant Professor
    Date:2014.04 - 2014.09

Association Memberships 【 display / non-display

  • Academic society name:エスノメソドロジー・会話分析研究会
    Academic country located:Japan

  • Academic society name:日本語教育学会
    Academic country located:Japan

  • Academic society name:社会言語科学会
    Academic country located:Japan

Research Areas 【 display / non-display

  • Research field:Humanities & Social Sciences / Japanese language education

Papers 【 display / non-display

  • Language: Japanese
    Title: 不平の連鎖における受け手の「セリフ発話」
    Journal name: インタラクションと学習
    Date of publication: 2017.07
    Author(s): 山本 真理

    Type of publication: Part of collection (book)
    Co-author classification: Single Author

  • Language: Japanese
    Title: 共同注意確立活動におけるア系の有標性―会話分析の手法を用いた指示詞分析の一例―
    Journal name: 日本認知言語学会論文集  vol.16  (p.231 - 236)
    Date of publication: 2016.05
    Author(s): 平田 未季,山本 真理

    Type of publication: Research paper (scientific journal)
    Co-author classification: Multiple Authorship

  • Language: Japanese
    Title: 聞き手反応としての「うん/はい」の使い分け―「丁寧さ」とは異なる観点から―
    Journal name: 国立国語研究所論集  (10)  (p.297 - 313)
    Date of publication: 2016.01
    Author(s): 山本 真理

    Type of publication: Research paper (scientific journal)
    Co-author classification: Single Author

  • Language: Japanese
    Title: 物語の受け手によるセリフ発話―参与者間の共感関係の構築に関する会話分析的研究―
    Date of publication: 2014.03
    Author(s): 山本 真理

    Type of publication: Doctoral thesis
    Co-author classification: Single Author

  • Language: Japanese
    Title:  物語の受け手によるセリフ発話―物語の相互行為的達成―
    Journal name: 社会言語科学  vol.16  (1)  (p.139 - 159)
    Date of publication: 2013.12
    Author(s): 山本 真理

    Type of publication: Research paper (scientific journal)
    Co-author classification: Single Author

display all >>

Books 【 display / non-display

  • Mari Yamamoto & Tomoharu Yanagimachi, Co-construction of an L2 Speaker's Interactional Competence: Recipient Responses in an Interview Activity. In Tim Greer, Midori Ishida, Yumiko Tateyama(Eds.), :Pragmatics & Interaction: Vol. 4. Interactional Competence in Japanese as an Additional Language, Honolulu, HI University of Hawai'i, National Foreign Langauge Resource Center, 2017, pp.115-140

Research Projects 【 display / non-display

  • Research category:Grant-in-Aid for Early-Career Scientists
    Project year:2019.04 - 2022.03
    Title:「話す」のに必要な項目はなにか?ー会話分析を用いた初級学習項目の見直しー

Committee Memberships 【 display / non-display

  • Organization name:社会言語科学会
    Committee name:大会運営委員(審査・プログラム担当)

Social Contribution 【 display / non-display

  • Title:会話分析入門セミナー
    Date:2017.03

    Description:トランスクリプトの書き方のレクチャーを行った。

  • Title:会話分析入門セミナー
    Date:2016.01

    Description:トランスクリプトの書き方に関するレクチャーを行った。

  • Title:北海道日本語教育ネットワーク運営委員
    Date:2008.10 - 2012.03

    Description:北海道内の日本語教育関係者に向けた研修事業の企画運営を行う

  • Title:国立大雪青少年交流の家「青少年の総合的な自立支援に関する調査研究」
    Date:2008.10 - 2011.03

    Description:不登校・引きこもりの青少年の就業に向けた年2回〜3回のプログラムの運営・支援を行う

  • Title:札幌子ども日本語クラブ運営委員
    Date:2004.03 - 2006.07

    Description:札幌市内の小中学校に在籍中の児童生徒の日本語支援および、行事運営担当