Personnel Information

写真b

NAKAHARA SHIGEKI

Organization
Law School
Research Fields, Keywords
行政法, 情報公開・個人情報保護, 行政不服審査法, 実効性確保, 情報公開・個人情報保護, 行政不服審査, 行政不服審査法, 行政法, 誘導手法
Teaching and Research Fields
行政代執行、課徴金、公表などの行政上の義務履行確保の手法、環境税や賦課金等による誘導手法、実効的な行政調査と事実認定のあり方、情報公開・個人情報保護、行政不服審査法、国家賠償法などに関心を持ち、研究している。
また、法科大学院において、「抽象的な行政法理論」と「多様な個別行政法令・具体的な紛争事例」とを結びつけ、問題解決ができるようになるための教育手法の開発・実践に取り組んでいる。

Degree 【 display / non-display

  • Degree name:修士(法学)
    Classified degree field:Humanities & Social Sciences / Public law
    Conferring institution:The University of Tokyo
    Acquisition way:Coursework
    Date of acquisition:1994.03

Career 【 display / non-display

  • Affiliation:Kwansei Gakuin University
    Department:Law School
    Title:Professor
    Date:2020.04 -

Association Memberships 【 display / non-display

  • Academic society name:日本公法学会
    Academic country located:Japan

  • Academic society name:日本公法学会
    Academic country located:Japan

Research Areas 【 display / non-display

  • Research field:Humanities & Social Sciences / Public law

  • Research field:Humanities & Social Sciences / Public law

Papers 【 display / non-display

  • Title: 辺野古サンゴ訴訟上告事件
    Journal name: 民商法雑誌  vol.158  (4)  (p.1022 - 1035)
    Date of publication: 2022.10
    Author(s): 中原茂樹

  • Title: 子どもの権利
    Journal name: 北村喜宣編集代表『行政課題別 条例実務の要点』追録104~105号  (p.2551 - 2566)
    Date of publication: 2022.07
    Author(s): 中原茂樹

  • Title: 行政不服審査手続過程に関する一考察
    Journal name: 大貫裕之ほか編『稲葉馨先生・亘理格先生古稀記念 行政法理論の基層と先端』  (p.373 - 391)
    Date of publication: 2022.04
    Author(s): 中原茂樹

  • Title: 被災者生活再建支援金支給決定取消しの適法性
    Journal name: 法学教室  vol.496号  (p.126 - )
    Date of publication: 2022
    Author(s): 中原 茂樹

      Show links to external sites

  • Language: Japanese
    Title: 新型インフルエンザ等対策特措法および感染症法の改正と行政法上の論点
    Journal name: 法と政治  vol.72  (1)  (p.321 - 344)
    Date of publication: 2021.05
    Author(s): 中原茂樹

    Type of publication: Research paper (bulletin of university, research institution)
    Co-author classification: Single Author

display all >>

Books 【 display / non-display

  • Language: Japanese
    Title: 基本行政法〔第3版〕
    Publisher: 日本評論社
    Date of publication: 2018.03
    Author(s): 中原茂樹

    Type of books: Scholarly book
    Authorship:Sole author

  • Language: Japanese
    Title: 事例研究行政法〔第4版〕
    Publisher: 日本評論社
    Date of publication: 2021.08
    Author(s): 中原茂樹、曽和俊文、野呂充、北村和生、佐伯祐二、長谷川佳彦、湊二郎、横田光平

    Type of books: Scholarly book
    Authorship:Joint author

  • Title: 基本行政法 判例演習
    Publisher: 日本評論社
    Date of publication: 2023.01
    Author(s): 中原茂樹

  • Title: ケースブック行政法〔第7版〕
    Publisher: 弘文堂
    Date of publication: 2022.04
    Author(s): 中原茂樹, 野呂充, 下井康史, 磯部哲, 湊二郎

    Area of responsibility: 共編

MISC 【 display / non-display

  • Title:退職手当支給制限処分の一部取消判決
    Journal name:法学教室  (508)  (p.128 - )
    Date of publication:2023.01
    Author(s):中原茂樹

  • Title:判例の動きー行政法
    Journal name:法学教室  (507)  (p.127 - 128)
    Date of publication:2022.12
    Author(s):中原茂樹

  • Title:委任の範囲(5)ーふるさと納税に係る総務省告示
    Journal name:行政判例百選Ⅰ〔第8版〕  (p.98 - 99)
    Date of publication:2022.11
    Author(s):中原茂樹

  • Title:労働安全規制と国家賠償責任
    Journal name:行政判例百選Ⅱ〔第8版〕  (p.448 - 449)
    Date of publication:2022.11
    Author(s):中原茂樹

  • Title:新型インフル等特措法に基づく営業時間短縮命令の違法性
    Journal name:法学教室  (504)  (p.120 - )
    Date of publication:2022.09
    Author(s):中原茂樹

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • Research category:Grant-in-Aid for Scientific Research(C)
    Title:実効的権利救済に向けた行政不服審査制度の構築―新法施行後5年の運用実績を踏まえて

  • Research category:Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
    Project year:2019.04 - 2023.03
    Title:Cross-sectional study of legal issues associated with the use of information
    Project summary:2020年度は、研究計画にしたがい「情報の保護」と「情報の利活用の促進」に関係する各法に関する基礎理論や原理に関する検討を引き続き推進した。新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大により、海外調査を実施することはできなかったが、日本刑法学会仙台部会での共同報告に向けた研究を精力的に行った。具体的には、研究代表者である成瀬(刑法分野)・研究分担者である津田(刑事法分野)と蘆立(知的財産法分野)の3人が2回にわたって静岡大学において研究会及び打ち合わせを行い、2021年3月20日(土)にオンラインで開催された上記仙台部会において「情報の法的保護に関する総合的検討――営業秘密を素材にして」というテーマで共同報告を行った(成瀬は「不正競争防止法における営業秘密概念における『秘密管理』の意義」という報告を、津田は「アメリカの経済スパイ法(EEA)における「秘密管理性」概念」という報告を、蘆立は「不正競争防止法における営業秘密概念 - 裁判例における秘密管理性要件の判断」という報告を行った)。この共同研究報告は、不正競争防止法上の「営業秘密」の要件である「秘密管理性」に焦点を当てたものであり、秘密管理性に関するわが国及びアメリカの議論を比較・検討するのみならず、情報の特徴を踏まえつつ、刑事法的な保護の在り方と民事法的な保護の在り方の異動について考察を加えたもので、本研究課題の特徴である「情報の保護・情報の利活用の促進」に関する分野横断的な検討の実践である。同部会では、報告者と参加した研究者・実務家との間で積極的な質疑応答が展開された。現在、当該共同報告の原稿に加筆・修正を施したものを電子ジャーナルに掲載する方向で調整中である。なお、上記共同報告に加わらなかった2名の研究分担者は、情報の保護や情報の利活用に関係する行政法上・民法上の基礎理論に関する検討を精力的に行った。
    Awarding organization:Japan Society for the Promotion of Science
    System name:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

  • Research category:Grant-in-Aid for Scientific Research(C)
    Project year:2018.04 - 2021.03
    Title:実効的な行政調査制度の構築――調査協力・証明責任・刑事法との連携

  • Research category:Grant-in-Aid for Scientific Research (A)
    Project year:2016.04 - 2021.03
    Title:Comprehensive research on support for people requiring support by public and private entities
    Project summary:2020年度は、各班において、次の①から③の研究会を開催したうえで、最終年度に当たり、各参加研究者において、研究成果の公表を行った(その概要は下記④、⑤の通りであり、詳細は後記業績一覧に掲げた)。
    研究会は、①横田光平教授の報告「縮小社会における子ども及び保護者の法的地位-子ども・子育て支援と学校教育-」(2020年11月26日)、②太田匡彦教授の報告「非自発的入院の対象となった精神障害者の地域移行 ――厚生労働省の通知・ガイドラインを読む」(2021年1月11日)、③大谷祐毅准教授の報告「報告判例 大阪高判令和元年7月25日・判タ1475号84頁-低年齢の被害児童に対する司法面接の録音録画記録媒体に関し、刑訴法321条1項2号後段の要件充足性及び供述の信用性判断を示した事例」 (2021年2月20日、2020年度第4回東北大学刑事法判例研究会との共催)の3回を開催した。
    取りまとめ年度に当たり、より実践的な研究成果として、④子どもの支援にかかわる問題につき、子どもの安全確保についての公的主体の責任、民事法制の行政的支援の入口としての意義や行政的支援との関係の検討、支援の実効性確保に関わる法執行の課題等、多分野からなる研究者構成による研究を反映した、分野横断的な多方面にわたる業績があげられた。研究代表者と研究分担者が編著者として加わった子ども支援の法実務に貢献するコンメンタールが発刊されたことも特記される。また、より理論的な研究成果として、⑤感染症法制、地域、地方自治行政、司法面接、多文化家族等を主題としつつ、要支援者支援法制の基盤に関わる基礎的知見を深める研究が厚みをもって、また、国際共著の形で、公表されている。
    Awarding organization:Japan Society for the Promotion of Science
    System name:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A)

  • Research category:Grant-in-Aid for Scientific Research(A)
    Project year:2013.10 - 2018.03
    Title:科学技術の不確実性と法的規制―学際的観点からの包括的制度設計の試み

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Conference name:日本公法学会第86回総会 総会報告
    Holding date:2022.10
    Presentation date:2022.10.29
    Title:感染症対策と実定法制度の解釈・運用

  • Conference name:関西行政法研究会
    Presentation date:2022.09.18
    Title:感染症対策と実定法制度の解釈・運用

  • Conference name:大阪弁護士会 行政専門弁護士養成講座 第22シリーズ講演会
    Presentation date:2021.11.26
    Title:行政不服審査法施行後5年の課題と実情
    Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech

  • Conference name:関西行政法研究会
    Presentation date:2021.06.27
    Title:行政不服審査手続の諸問題

  • Conference name:第12回法科大学院教員研究交流集会(日本弁護士連合会)第3分科会
    Presentation date:2021.03.06
    Title:公法系教育の在り方について

display all >>

Teaching Experience (Off-campus) 【 display / non-display

  • Subject:行政争訟法
    Institution name:

  • Subject:国家補償法
    Institution name:

  • Subject:公法総合演習Ⅱ(行政救済論)
    Institution name:

  • Subject:行政法総合演習
    Institution name:

  • Subject:行政法Ⅱ(行政救済法)
    Institution name:

display all >>

Committee Memberships 【 display / non-display

  • Organization name:神戸市情報公開審査会
    Committee name:会長

  • Organization name:消費者庁 消費者安全調査委員会
    Committee name:臨時委員

  • Organization name:奈良県行政不服審査会
    Committee name:会長職務代理者(第2部会長)

  • Organization name:伊丹市行政不服審査会
    Committee name:委員

  • Organization name:尼崎市公文書管理委員会
    Committee name:委員長

display all >>