基本情報

写真b

山本 昭二

YAMAMOTO Shoji

所属
経営戦略研究科 経営戦略専攻
研究室住所
西宮市上ケ原1番町1-155
研究分野・キーワード
マーケティング, 消費者行動, 流通システム, サービス・マーケティング, marketing,consumer behavior,distribution system,service marketing
研究概要
現在、精力的に関心を持って研究しているのは消費者のサービス製品の評価過程とサービス企業の生産性の問題である。サービス製品の評価過程では消費者の取得する手掛かりがモノの場合とは異なり、外在的手掛かり特にビジュアルな情報が重視されることを指摘している。流通企業を含めたサービス企業の生産性の向上に関しては、顧客と従業員の相互作用の管理が重要であるという観点から研究を行っている。
研究室電話
0798-54-6375

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:関西学院大学
    学部(学系)名:商学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:1983年03月
    卒業区分:卒業
    国名:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:神戸大学
    学部等名:経営学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:1989年03月
    修了区分:修了
    国名:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:デューク大学経営大学、Fuqua School of Business, Duke University
    経歴名:客員研究員
    年月:1995年10月 ~ 1997年09月

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(商学)
    分野名:人文・社会 / 商学
    授与機関名:神戸大学
    取得方法:課程
    取得年月:1998年03月

  • 学位名:商学修士
    分野名:人文・社会 / 商学
    授与機関名:神戸大学
    取得方法:課程
    取得年月:1986年03月

  • 学位名:商学士
    分野名:人文・社会 / 商学
    授与機関名:関西学院大学
    取得方法:課程
    取得年月:1983年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:商学部
    職名:専任講師
    年月:1989年04月 ~ 1993年03月

  • 所属:関西学院大学
    部署名:商学部
    職名:助教授
    年月:1993年04月 ~ 1999年03月

  • 所属:関西学院大学
    部署名:商学部
    職名:教授
    年月:1999年04月 ~ 2005年03月

  • 所属:関西学院大学
    部署名:経営戦略研究科 経営戦略専攻
    職名:教授
    年月:2005年04月 ~ 継続中

  • 所属:関西学院大学
    部署名:経営戦略研究科 経営戦略研究科
    職名:経営戦略研究科長
    年月:2007年04月 ~ 2009年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本商業学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本消費者行動研究学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:Association for Consumer Research

    学会所在国:アメリカ合衆国

  • 所属学協会名:サービス学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本マーケティング・サイエンス学会

    学会所在国:日本国

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 商学

  • 研究分野:人文・社会 / 経営学

教員組織審査実績 【 表示 / 非表示

  • 学校名:関西学院大学
    経歴名:教授
    認定日:2008年04月

  • 学校名:関西学院大学
    経歴名:教授
    認定日:2005年04月

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:買い物行動におけるECサイト及び店舗での情報探索と消費者の選好構成の追跡 

    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月
    研究態様(個人・共同別)区分:未設定
    研究制度:科学研究費補助金

  • 研究課題名:オムニチャネルの構築による流通サービスの変化 

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月
    研究態様(個人・共同別)区分:未設定
    研究制度:科学研究費補助金

  • 研究課題名:選好構成理論の実証のためのシステム開発とショッピングサイトへの応用 

    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月
    研究態様(個人・共同別)区分:未設定
    研究制度:科学研究費補助金

  • 研究課題名:選好の構成過程パターンの解析と応用

    研究期間:2009年04月 ~ 2012年03月
    研究態様(個人・共同別)区分:未設定
    研究制度:科学研究費補助金

    研究活動内容:選好の構成理論の実証研究のためのシステムの開発を2年間にわたって行い。3年目に改修を加え公開できるところまで完成させた。Web上での実験システムは、マトリクス上の情報取得パターンを始め、一対比較、カテゴリー分けのシステムを加えてアンケートシステムと連接するものとなった。結果として、想定した通り選択と評価、課業に対する感情、サービス製品の特長、課業の負荷による情報処理の違いが実証的に明らかとなった。  

  • 研究課題名:消費者の選択と評価に感情が影響する過程の分析 

    研究期間:2006年04月 ~ 2008年03月
    研究態様(個人・共同別)区分:未設定
    研究制度:科学研究費補助金

    研究活動内容:本研究は、感情と認知という心の動きが消費者の意思決定にどの様な影響を与えるのかを明らかにすることを目的としている。1年目は主に文献研究と尺度開発のためのインタビューの発話と自記式の日記を通して、消費者がどの様な場面でどの様な感情を抱くのかを明らかにした。

    その結果、消費者の正の感情を生み出す場面と負の感情を生み出す場面について分類を行った。正の感情に関しては自分が接近したい感情が達成された場合には喜び、回避したい感情が回避できた場合には安心というregulatory理論に沿った仮説で検討を行った。概ねそれを支持する結果であったが、必ずしもそうならない場面も見られた。

    2年目にはその尺度を基にして、インターネットを通じた調査を行い、実験を行うソフトウェアを開発した。インターネットを通じた調査では、顧客満足と再購買意図との関係が最も強いことが示された。顧客満足は、シナリオによって生起される感情と関係しながら最終的に再購買意図との関係が最も強かったのである。また、消費者の購買場面と結果を示したシナリオを使った尺度の妥当性が高いことも明かとなった。

    また、その際に開発されたシナリオによる感情の計測は、今まで使われてきた感情を計測するシナリオとして利用できることも示した。このプログラムでは、画面上でシナリオを使った生起される感情の分析と製品情報の取得を行わせる実験が組み合わされて実行されるものである。

    実験は試行が行われており、完成後速やかに本実験に移行する。

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:製造企業のサービス化における財の代替性
    誌名:ビジネス&アカウンティングレビュー  17号  (頁 1 ~ 14)
    出版年月:2016年06月
    著者:山本 昭二, Shoji Yamamoto

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:オムニチャネルの特性と消費者行動 (10周年記念号)
    誌名:ビジネス&アカウンティングレビュー  16号  (頁 55 ~ 68)
    出版年月:2015年12月
    著者:山本 昭二, Shoji Yamamoto

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:消費者の情報処理過程の計測における提示課題による効果の検証
    誌名:ビジネス&アカウンティングレビュー  15号  (頁 59 ~ 75)
    出版年月:2015年06月
    著者:山本 昭二, Shoji Yamamoto

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:西宮市大学交流協議会の活動 (特集 公共サービスにおけるイノベーション創出のキーワード)
    誌名:サービソロジー = Serviceology : magazine of Society for Serviceology  2巻  1号  (頁 20 ~ 25)
    出版年月:2015年04月
    著者:山本 昭二

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:小売店舗における顧客経験:リアル店舗からインターネットへ
    誌名:商学論究/58巻/4号 関西学院大学商学研究会
    出版年月:2011年03月
    著者:山本 昭二

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:小売店舗における人時生産性の規定要因
    出版者・発行元:関西学院大学出版会
    発行年月:2014年
    著者:山本 昭二,中西 正雄,石淵 順也,井上 哲浩,鶴坂 鶴坂貴恵 編著

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:小売業革新
    出版者・発行元:千倉書房
    発行年月:2010年01月
    著者:高島克義、西村順二編著

    著書種別:学術書
    担当範囲:5章
    担当区分:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    タイトル:サービス・マーケティング入門
    出版者・発行元:日本経済新聞社
    発行年月:2007年08月
    著者:山本 昭二

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:バリュー・プロフィット・チェーン 
    出版者・発行元:日本経済新聞社
    発行年月:2004年12月
    著者:山本 昭二

    著書種別:学術書
    担当区分:共訳

  • 記述言語:日本語
    タイトル:マーケティング・ネットワーク  論
    出版者・発行元:有斐閣
    発行年月:2002年03月
    著者:陶山計介、宮崎昭、藤本寿良編著

    著書種別:学術書
    担当範囲:第6章
    担当区分:分担執筆

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:Patterns of Servitization in Manufacturing
    誌名:10th Servsig 2018 Paris
    出版年月:2018年06月
    著者:Shoji Yamamoto,Tamao Miura

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:診療所を中核とした地域医療経営人材育成プログラム (特集 生涯学習・社会人の学び直し)
    出版者・発行元:日本私立大学連盟
    誌名:大学時報 = University current review  67巻  378号  (頁 52 ~ 55)
    出版年月:2018年01月
    著者:山本 昭二

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:第4 次産業革命とサービス科学の拡張
    出版者・発行元:特定非営利活動法人 横断型基幹科学技術研究団体連合
    誌名:横幹  11巻  1号  (頁 6 ~ 10)
    出版年月:2017年
    著者:山本 昭二

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:消費者意思決定過程の追跡システム
    誌名:日本消費者行動研究学会 第50回消費種行動研究コンファレンス
    出版年月:2015年06月
    著者:山本 昭二

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:西宮市大学交流協議会の活動 (特集 公共サービスにおけるイノベーション創出のキーワード)
    出版者・発行元:サービス学会
    誌名:サービソロジー = Serviceology : magazine of Society for Serviceology  2巻  1号  (頁 20 ~ 25)
    出版年月:2015年04月
    著者:山本 昭二

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:日本商業学会学会賞優秀賞
    受賞年月:1999年05月
    受賞国:日本国
    受賞区分:国内外の国際的学術賞
    授与機関:日本商業学会
    受賞者(グループ):山本 昭二

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月
    タイトル:買い物行動におけるECサイト及び店舗での情報探索と消費者の選好構成の追跡

  • 研究種目:挑戦的萌芽研究
    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月
    タイトル:オムニチャネルの構築による流通サービスの変化

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月
    タイトル:選好構成理論の実証のためのシステム開発とショッピングサイトへの応用

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2009年04月 ~ 2012年03月
    タイトル:選好の構成過程パターンの解析と応用

    研究概要:選好の構成理論の実証研究のためのシステムの開発を2年間にわたって行い。3年目に改修を加え公開できるところまで完成させた。Web上での実験システムは、マトリクス上の情報取得パターンを始め、一対比較、カテゴリー分けのシステムを加えてアンケートシステムと連接するものとなった。結果として、想定した通り選択と評価、課業に対する感情、サービス製品の特長、課業の負荷による情報処理の違いが実証的に明らかとなった。

      外部サイトへのリンクを表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2006年04月 ~ 2008年03月
    タイトル:消費者の選択と評価に感情が影響する過程の分析

    研究概要:本研究は、感情と認知という心の動きが消費者の意思決定にどの様な影響を与えるのかを明らかにすることを目的としている。1年目は主に文献研究と尺度開発のためのインタビューの発話と自記式の日記を通して、消費者がどの様な場面でどの様な感情を抱くのかを明らかにした。

    その結果、消費者の正の感情を生み出す場面と負の感情を生み出す場面について分類を行った。正の感情に関しては自分が接近したい感情が達成された場合には喜び、回避したい感情が回避できた場合には安心というregulatory理論に沿った仮説で検討を行った。概ねそれを支持する結果であったが、必ずしもそうならない場面も見られた。

    2年目にはその尺度を基にして、インターネットを通じた調査を行い、実験を行うソフトウェアを開発した。インターネットを通じた調査では、顧客満足と再購買意図との関係が最も強いことが示された。顧客満足は、シナリオによって生起される感情と関係しながら最終的に再購買意図との関係が最も強かったのである。また、消費者の購買場面と結果を示したシナリオを使った尺度の妥当性が高いことも明かとなった。

    また、その際に開発されたシナリオによる感情の計測は、今まで使われてきた感情を計測するシナリオとして利用できることも示した。このプログラムでは、画面上でシナリオを使った生起される感情の分析と製品情報の取得を行わせる実験が組み合わされて実行されるものである。

    実験は試行が行われており、完成後速やかに本実験に移行する。

      外部サイトへのリンクを表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    会議名:10th Servsig 2018 Paris
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2018年06月
    開催地:フランス・パリ
    タイトル:Patterns of Servitization in Manufacturing
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本消費者行動研究学会 第50回消費種行動研究コンファレンス
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2015年06月
    開催地:神戸大学
    タイトル:消費者意思決定過程の追跡システム
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:S3FIRE 第5回フォーラム、東京コンファレンスセンター
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2014年
    開催地:東京・品川
    タイトル:サービス経済が映し出す未来と現実
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:第61回日本商業学会全国大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2011年05月
    開催地: 
    タイトル:サービス製品の評価過程
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本商業学会関西部会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2009年04月
    開催地: 
    タイトル:大丸札幌店の出店
    会議種別:口頭発表(一般)

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経営戦略研究科

    授業科目名:サービス・マーケティング

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経営戦略研究科

    授業科目名:サービス・マーケティング

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経営戦略研究科

    授業科目名:チャネル・マネジメント

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経営戦略研究科

    授業科目名:チャネル・マネジメント

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経営戦略研究科後期

    授業科目名:先端マネジメント特殊研究(マーケティング)

    授業形式:代表者

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学内・学外) 【 表示 / 非表示

  • 科目:行動科学研究法D
    機関名:関西学院大学

  • 科目:流通システム論
    機関名:関西学院大学

  • 科目:サービス事業経営論
    機関名:流通科学大学

  • 科目:商学演習
    機関名:関西学院大学

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:研究科長室委員
    活動期間:202204(年月) ~ 202303(年月)

  • 活動名称:経営戦略研究科長(2007/4~2009/3)
    活動期間:201304(年月) ~ 201403(年月)

  • 活動名称:副学長(2011/4~  )
    活動期間:201304(年月) ~ 201403(年月)

  • 活動名称:常任理事(2013/4~
    活動期間:201304(年月) ~ 201403(年月)

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 団体名:サービス学会
    委員名:副会長
    年月:2018年07月 ~ 継続中

  • 団体名:サービス学会
    委員名:会長
    年月:2016年06月 ~ 2018年06月

  • 団体名:日本商業学会
    委員名:理事
    年月:2014年05月 ~ 継続中

  • 団体名:日本消費者行動研究学会
    委員名:会長
    年月:2013年05月 ~ 2015年04月

  • 団体名:日本消費者行動研究学会
    委員名:副会長
    年月:2011年05月 ~ 2013年05月

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • タイトル:日本学術会議連携会員
    年月:2018年03月 ~ 継続中

  • タイトル:経済産業省産業構造審議会委員
    年月:2017年11月 ~ 2020年11月

  • タイトル:日本学術会議 サービス学分科会サービス学参照基準制定小委員会委員
    年月:2015年03月 ~ 2017年11月

    概要:サービス学参照基準の作成

  • タイトル:日本科学技術振興機構 社会技術開発センター 問題解決型サービス科学プロジェクトアドバイザー
    年月:2014年10月 ~ 2016年11月

    概要:問題解決型サービス科学プロジェクトにおいて採択案件の実施に関わるアドバイスを行う。

  • タイトル:池田泉州銀行 ニュービジネス目利き委員会 委員
    年月:2012年05月 ~ 2015年11月

    概要:委員会委員として応募された企業の審査を行い、受賞企業を決定に参画した。

全件表示 >>