基本情報

写真b

上田 和彦

UEDA Kazuhiko

職名
教授
研究分野・キーワード
フランス文学・思想
研究概要
フランス語を習いはじめた頃、或る先生が「分かるものを読むのは読書ではなく、分からないものを読むのが読書です」と仰った。私は感銘をうけ、これからは分からないものを選んで読もうと秘かに決めた。先生の授業で読んでいたのはフランスの現代思想で、とにかく分かりにくかった。私はこれこそ読書の名に値するものだと思いこみ、爾来分かりにくい思想家をひたすら読み続けたものだから、気がついてみるとその専門の看板をいやいやこっそりと掲げざるをえなくなった。フランス現代思想では、分かるとはいかなることかと問われ、分かろうと欲する「私」にとって絶対的に他なる「分かりえないもの」をいかにして迎えるかが模索される。他者が書いたことを何度も読めば分かるところは増えようが、決して分かりえないところが絶対的に他なるものとして常に残り続け、「私」になおも応えるように呼びかけてくる。そんな経験を私は読書に見いだし、ものを考える上での出発点としている。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(文学)
    学位の分野名:ヨーロッパ文学
    学位授与機関名:東京大学
    取得方法:課程
    取得年月:2002年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 法学部
    経歴名:教授
    職務期間:2003年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:関西学院大学 言語コミュニケーション文化研究科
    経歴名:教授
    職務期間:2005年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本フランス語フランス文学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):哲学・倫理学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:他者を揺るがす中性的なもの《il y a》——レヴィナスに向けられたブランショの問い——
    学位授与年月:2002年09月
    著者氏名(共著者含):上田和彦

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:バリバールとともにブランショの不服従を考える
    掲載誌名:〈ポスト68年〉と私たち—「現代思想と政治」の現在  (頁 152 ~ 169)
    掲載誌 発行年月:2017年10月
    著者氏名(共著者含):上田和彦 他(市田良彦, 王寺賢太編)

    掲載種別:共著図書所収論文
    担当部分:152-169頁 分担執筆
    共著区分:共著
    専門分野(科研費分類):哲学・倫理学

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「恐怖政治」と最高存在の祭典−ロベスピエールの徳論ー
    掲載誌名:外国語外国文化研究  17号  (頁 119 ~ 157)
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):上田和彦

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:ブランショによるサド—主権と言論の自由—
    掲載誌名:仏語仏文学研究  49号  (頁 495 ~ 509)
    掲載誌 発行年月:2016年10月
    著者氏名(共著者含):上田和彦

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:モーリス・ブランショの「政治参加」(1958年ー1968年)
    掲載誌名:現代思想と政治—資本主義・精神分析・哲学—  (頁 159 ~ 194)
    掲載誌 発行年月:2016年01月
    著者氏名(共著者含):上田和彦(市田良彦, 王寺賢太監修)

    掲載種別:共著図書所収論文
    担当部分:159−194頁 分担執筆
    共著区分:共著
    専門分野(科研費分類):哲学・倫理学

  • 記述言語:フランス語
    論文題目名:Penser l'insoumission de Maurice Blanchot avec Etienne Balibar- Le droit a la non-reponse comme une methode de transgression
    掲載誌名:ZINBUN  46号  (頁 99 ~ 109)
    掲載誌 発行年月:2015年03月
    著者氏名(共著者含):Kazuhiko UEDA

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):哲学・倫理学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:われわれはどんな「世界」を生きているのかー来るべき人文学のために
    出版機関名:ナカニシヤ出版
    発行年月:2019年03月
    著者氏名(共著者含):上田和彦

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:第四章 「国民」という主権者の啓蒙の問題—フランス「恐怖政治」の教訓
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:『人間の光と闇-キリスト教の視点から』
    出版機関名:関西学院大学出版会
    発行年月:2010年09月
    著者氏名(共著者含):向井考史他

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:第7章「借りたものを返せばいいのか-エマニュエル・レヴィナスによる倫理」
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:レヴィナスとブランショ--<他者>を揺るがす中性的なもの
    出版機関名:水声社
    発行年月:2005年08月
    著者氏名(共著者含):上田 和彦

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:ジャン=リュック・ナンシー著『映画の明らかさ-アッバス・キアロスタミ』
    出版機関名:松籟社
    発行年月:2004年10月
    著者氏名(共著者含):上田 和彦

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単訳

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本18世紀学会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2018年06月
    開催場所:京都大学
    題目又はセッション名:共通論題「啓蒙のリミット—神話・文学・政治思想のはざまで」
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本フランス語フランス文学会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2018年06月
    開催場所:獨協大学
    題目又はセッション名:ワークショップ 〈聖なるもの〉の〈ポリティック〉—シモーヌ・ヴェイユから出発して
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本フランス語フランス文学会 2012年度 春期大会 ワークショップ「文学と(複数の)政治-黙秘・主体・デモクラシー」
    会議区分:国内会議
    開催期間:2012年06月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:エクリチュールの無責任と政治 ―ランシエールによる「政治」からブランショによる「文学」の問いへ―
    発表形態:口頭(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:スタートアップ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:スタートアップ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:言語コミュニケーション前期

    授業科目名:フランス語圏文化B

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:フランス語AI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:フランス語AII

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:言語コミュニケーション文化研究科委員長
    活動期間:2019年04月 ~ 2020年03月

  • 活動名称:言語教育研究センター長
    活動期間:2019年04月 ~ 2020年03月

  • 活動名称:教務機構言語教育研究センター副長
    活動期間:2017年04月 ~ 2019年03月

  • 活動名称:研究科委員長補佐
    活動期間:2014年04月 ~ 2016年03月

  • 活動名称:C.O.D.委員会委員
    活動期間:2014年04月 ~ 2015年03月