基本情報

写真b

山田 直子

YAMADA Naoko

職名
教授
研究分野・キーワード
刑事訴訟法
研究概要
比較法(日・英)、証拠開示、取調べ可視化

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:一橋大学
    学部(学系)名:法学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:1993年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:一橋大学
    研究科名:法学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:2003年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(法学), 博士(法学)
    学位の分野名:刑事法学
    学位授与機関名:一橋大学
    取得方法:課程
    取得年月:2003年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 法学部 法律学科
    経歴名:教授
    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本刑法学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:法と心理学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):刑事法学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:博士論文「英国1996年刑事手続・捜査法における証拠開示」
    学位授与年月:2003年03月
    著者氏名(共著者含):山田 直子

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:取調べ制度の改革・適正化のために ——国際的視点から
    掲載誌名:法学セミナー  62巻  7号  (頁 32 ~ 36)
    掲載誌 発行年月:2017年07月
    著者氏名(共著者含):山田直子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:取調べ手法とカメラアングルの組み合わせが事実認定に与える影響についての予備的実験
    掲載誌名:立命館人間科学研究  35号  (頁 67 ~ 79)
    掲載誌 発行年月:2017年02月
    著者氏名(共著者含):山﨑優子, 山田直子, 指宿信

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:捜査取調べ国際会議に参加して─可視化時代の取調べ研究への示唆
    掲載誌名:法学セミナー  743号  (頁 10 ~ 13)
    掲載誌 発行年月:2016年12月
    著者氏名(共著者含):山田直子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:公判前整理手続(証拠開示)改正法案に対する提言(下)
    掲載誌名:法と政治  66巻  4号  (頁 741 ~ 763)
    掲載誌 発行年月:2016年02月
    著者氏名(共著者含):山田直子

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:公判前整理手続(証拠開示)改正法案に対する提言(上)
    掲載誌名:法と政治  66巻  3号  (頁 475 ~ 512)
    掲載誌 発行年月:2015年11月
    著者氏名(共著者含):山田直子

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:『刑事捜査扣押制度改革与完善』
    出版機関名:中国人民公安大学出版社
    発行年月:2011年03月
    著者氏名(共著者含):吴宏耀、蘇凌

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:第五章, 日本刑事捜査扣押制度, 115-125
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:『被疑者取調べ可視化のために-オーストラリアの録音・録画システムに学ぶ』
    出版機関名:現代人文社
    発行年月:2005年10月
    著者氏名(共著者含):山田 直子

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:『取調べ可視化-密室への挑戦-イギリスの取調べ録音・録画に学ぶ』
    出版機関名:成文堂
    発行年月:2004年01月
    著者氏名(共著者含):山田 直子

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:過去の「集大成」ではなく未来の「羅針盤である」〜小坂井久著『取調べ可視化論の展開』
    出版機関名:現代人文社
    掲載誌名:季刊刑事弁護  79号  (頁 212)
    掲載誌 発行年月:2014年07月
    著者氏名(共著者含):山田 直子

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:判例解説:「刑訴法316条の26第1項の証拠開示命令対象範囲および備忘録の開示に関する特別抗告事件」
    出版機関名:日本評論社
    掲載誌名:法学セミナー増刊 速報判例解説 vol.3
    掲載誌 発行年月:2008年10月
    著者氏名(共著者含):山田 直子

    掲載種別:判例研究
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:判例解説:「刑訴法316条の26第1項の証拠開示命令対象範囲および備忘録の開示に関する特別抗告事件(最高裁判所第三小法廷平成19年12月25日決定)」
    出版機関名:TKCローライブラリー
    掲載誌名:速報判例解説 刑事訴訟法 No.25, LEX/DB28145050
    掲載誌 発行年月:2008年04月
    著者氏名(共著者含):山田 直子

    掲載種別:判例研究
    共著区分:単著

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 名称:2014年国際シンポジウム「取調べと可視化:新しい時代の取調べ技法・記録化と人間科学」ディクソン氏講演翻訳「警察における取調べの可視化(録音・録画)」
    活動期間(研究年月など):2014年07月

    研究活動区分:その他

  • 名称:2014年アジア犯罪社会学会小橋るり氏講演英訳「性犯罪者の社会復帰における弁護人の役割」
    活動期間(研究年月など):2014年06月

    研究活動区分:その他

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:新学術領域研究
    研究期間:2014年04月 ~ 2016年03月
    研究題目:法と人間科学(可視化の制度構築と裁判員裁判)

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:財団法人日弁連法務研究財団研究助成
    研究期間:2018年01月 ~ 2018年12月
    研究題目:刑事手続における取調べ可視化(録音制度)の総合的研究・取調べ可視化事例の収集と学際的検討を通して

    研究内容:取調べ録音録画制度に関する学際的事例研究

    資金支給機関名:公益財団法人日弁連法務研究財団

  • 資金名称:一般財団法人司法協会研究助成
    研究期間:2017年04月 ~ 2018年03月
    研究題目:適正な事実認定に資する被疑者取調べ記録媒体の提示方法に関する学際的実証研究−取調べ技法・カメラアングル・裁判員の認知バイアスを踏まえて

    資金支給機関名:民間財団等

  • 資金名称:2016年度 人間科学研究所 萌芽的プロジェクト研究助成プログラム
    研究期間:2016年09月
    研究題目:取調べ録画映像に起因する事実認定傾向のちがいは評議にどのように反映されるか−取調べ技法とカメラアングルの観点から−

    資金支給機関名:立命館大学人間科学研究所

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第3回鹿児島法と心理研究会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2018年03月
    開催場所:鹿児島大学
    題目又はセッション名:取調べ映像の“落とし穴”:「取調べ可視化」をめぐる法と心理学の最先端
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:2017 Asian Law and Society Annual Conference
    会議区分:国際会議
    開催期間:2017年12月
    開催場所:National Chiao Tung University (Guang Fu Campus), Taiwan
    題目又はセッション名:How the Interview Techniques & Camera Angles of Suspect "interview DVD" Affect Fact-finders' decision -A Study on Experimental Data.
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:法と心理学会第18回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2017年10月
    開催場所:成城大学
    題目又はセッション名:取調べ手法とカメラアングルの組み合わせが事実認定に与える影響についてー可視化時代における公正な裁判とは
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:International Investigative Interviewing Research Group, 10th Annual Conference
    会議区分:国際会議
    開催期間:2017年07月
    開催場所:Portola Hotel and Spa, Monterey Bay, California, USA
    題目又はセッション名:How the combination of camera angles and interview techniques affects on jury’s fact-finding: A research based on the experimental data.
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:法と心理学会第17回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2016年10月
    開催場所:立命館大学茨木キャンパス
    題目又はセッション名:取調手法とカメラアングルの組み合わせが事実認定に与える影響
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:スタートアップ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:リサーチ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:リサーチ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:刑事訴訟法

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:刑事訴訟法

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:神戸家庭裁判所委員会 委員
    活動期間:2012年08月

  • 活動名称:神戸家庭裁判所委員会 委員
    活動期間:2011年08月

  • 活動名称:神戸家庭裁判所委員会 委員
    活動期間:2010年08月

  • 活動名称:神戸家庭裁判所委員会 委員
    活動期間:2009年08月