基本情報

写真b

望月 康恵

MOCHIZUKI Yasue


職名

教授

研究分野・キーワード

国際機構論、国際法、国際協力論

プロフィール

国家間条約によって設立された国際機構の組織および作用を研究対象としている。とくに紛争の平和的解決に向けた国際機構の取り組みとその活動が国際社会、国際政治、国際法に及ぼす法的、政治的影響に着目する。これまでは、人道的な目的を掲げて行われる「人道的干渉」の合法性について検討を行ってきた。また東南アジアの国際機構、会議体の活動が国際社会や東南アジア地域さらに国家の行動に及ぼす影響に関して、「ジェンダーの主流化」に着目し分析した。現在は、移行期正義(transitional justice)と称される、紛争後の社会における国際的な刑事裁判所や真実委員会の機能について研究を進めている。 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:国際基督教大学
    研究科名:行政学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:2000年06月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:ロンドン大学
    経歴名:大学院生
    留学期間:1996年09月 ~ 1997年12月

  • 留学先:コロンビア大学 アメリカ合衆国
    経歴名:客員研究員
    留学期間:2009年04月 ~ 2010年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 法学部 政治学科
    経歴名:教授
    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:国際人権法学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:国際法学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:世界法学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本国際政治学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本国際連合学会

    学会所在国:日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):国際関係論

  • 専門分野(科研費分類):国際法学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「女性、平和と安全保障諸決議の「実施」に向けて―ジェンダーの主流化の観点から」
    掲載誌名:『国際人権』  27号  (頁 33 ~ 38)
    掲載誌 発行年月:2016年10月
    著者氏名(共著者含):望月康恵

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「安保理改革の展望」
    掲載誌名:『国際問題』  654号  (頁 5 ~ 16)
    掲載誌 発行年月:2016年09月
    著者氏名(共著者含):望月康恵

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「国際刑事裁判所(ICC)における被害者信託基金―平和構築の予備的考察―」
    掲載誌名:『変容する地球社会と平和への課題』  (頁 101 ~ 125)
    掲載誌 発行年月:2016年03月
    著者氏名(共著者含):望月康恵、西海真樹、都留康子

    掲載種別:共著図書所収論文
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「体制移行期に求められるジャスティス―メカニズムの系譜とその意義―」
    掲載誌名:世界法年報  34号  (頁 58 ~ 81)
    掲載誌 発行年月:2015年03月
    著者氏名(共著者含):望月康恵

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「EUにおける移行期正義」
    掲載誌名:『法と政治』  65巻  1号  (頁 89 ~ 108)
    掲載誌 発行年月:2014年05月
    著者氏名(共著者含):望月康恵

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:『入門 国際機構』
    出版機関名:法律文化社
    発行年月:2016年05月
    著者氏名(共著者含):横田洋三、滝澤美佐子、富田麻里、吉村祥子

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:『平和と安全保障を考える事典』
    出版機関名:法律文化社
    発行年月:2016年03月
    著者氏名(共著者含):吉川元、望月康恵 他

    著書種別:事典・辞書
    著書形態:その他

  • 記述言語:日本語
    著書名:『国際機構論 総合編』
    出版機関名:国際書院
    発行年月:2015年10月
    著者氏名(共著者含):望月康恵、渡部茂己、横田洋三

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:「国際機構の組織構造」
    著書形態:編著

  • 記述言語:日本語
    著書名:『グローバル・ガヴァナンス論』
    出版機関名:法律文化社
    発行年月:2014年02月
    著者氏名(共著者含):望月 康恵

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:『国際法 第2版』
    出版機関名:弘文堂
    発行年月:2014年01月
    著者氏名(共著者含):望月 康恵

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

全件表示 >>

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:二村まどか、Nadia Bernaz編著『移行期の国々における死刑制度の政治学』
    出版機関名:日本国際連合学会
    掲載誌名:『国連研究』  16号  (頁 253 ~ 257)
    掲載誌 発行年月:2015年06月
    著者氏名(共著者含):望月康恵

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:講演録:国際社会と人権―国連の役割を中心として―
    掲載誌名:KG人権ブックレット  10号
    掲載誌 発行年月:2006年12月
    著者氏名(共著者含):望月 康恵

    掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:田中俊郎・庄司克宏編 『EUと市民』(慶應義塾大学出版会 2005年)
    掲載誌名:『慶應義塾大学 法学研究』 第78巻第7号
    掲載誌 発行年月:2005年07月
    著者氏名(共著者含):望月 康恵

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 名称:国際法模擬裁判2015年アジア・カップ実行委員および書面裁判官
    活動期間(研究年月など):2014年04月 ~ 2014年08月

    研究活動区分:その他

  • 名称:ジェサップ国際法 模擬裁判 国内大会判事
    活動期間(研究年月など):2013年12月

    研究活動区分:その他

  • 名称:ジェサップ国際法 模擬裁判 国内大会判事
    活動期間(研究年月など):2012年12月

    研究活動区分:その他

  • 名称:ジェサップ国際法模擬裁判 国内大会 判事
    活動期間(研究年月など):2011年12月

    研究活動区分:その他

  • 名称:ジェサップ国際法模擬裁判 国内大会 判事
    活動期間(研究年月など):2010年12月

    研究活動区分:その他

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:ILA-ASIL Asia Pacific Research Forum
    会議区分:国際会議
    開催期間:2017年05月
    開催場所:Howard Civil Service International House
    題目又はセッション名:Transitional Justice in Asia-Pacific Region: Development of International Law or Political Bargaining?
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:2016 DILA Academy and Workshop
    会議区分:国際会議
    開催期間:2016年11月
    開催場所:Meiji Gakuin University
    題目又はセッション名:Japanese Contributions to the Development of International Law
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:国際人権法学会第27回(2015年度)研究大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2015年11月
    開催場所:大阪産業大学
    題目又はセッション名:女性、平和と安全保障諸決議の「実施」に向けて―ジェンダー主流化との観点から
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:2014年度国際法学会(第117年次)研究大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2014年09月
    開催場所:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
    題目又はセッション名:平和と正義の相克は克服されたのか―国際的な刑事裁判所の機能の観点から―
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:世界法学会2014年度研究大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2014年05月
    開催場所:東北大学
    題目又はセッション名:体制移行期に求められるジャスティス―メカニズムの系譜とその意義
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

座談会等 【 表示 / 非表示

  • 名称:共同座長:国際人権法学会第28回(2016年度)研究大会「国際・国内人権機関の現在」
    開催期間:2016年11月
    参加者名:望月康恵、岩井信、中川周、岩沢雄司、吾郷眞一

  • 名称:コメンテーター「どうして「人権」は権利なのか?―グローバル時代におけるHuman Rightsという挑戦―」
    開催期間:2015年11月
    参加者名:川村暁雄・武田丈・望月康恵・佐藤聡・阿部潔

  • 名称:司会:日本国際政治学会2015年度研究大会 国連研究分科会「国連PKOの新たな課題」
    開催期間:2015年10月 ~ 2015年11月
    参加者名:望月康恵・田辺亮・坂根徹・井上実佳

  • 名称:長崎県立大学大学院特別講義「国際社会における正義追及の行方」
    開催期間:2015年06月
    参加者名:望月康恵

  • 名称:司会:日本国際政治学会2014年度研究大会 国連研究分科会「国連平和維持活動(PKO)を巡る諸問題」
    開催期間:2014年11月
    参加者名:坂田慶子、都築正泰、上杉勇司、望月康恵

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:政治学研究演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:政治学研究演習II

    授業形式:代表者

教育方法・教育実践に関する発表、講演等 【 表示 / 非表示

  • タイトル:京都市立堀川高校での模擬講義
    活動期間:2017年01月

  • タイトル:千里国際高校での模擬授業「法学部で学ぶということ」
    活動期間:2013年05月

その他特記事項 【 表示 / 非表示

  • タイトル:国際法模擬裁判2015年アジアカップ書面裁判官
    活動期間:2015年04月 ~ 2015年08月

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:副学部長
    活動期間:2015年04月 ~ 2017年03月

  • 活動名称:人権教育研究室副室長
    活動期間:2010年04月 ~ 2011年03月

  • 活動名称:法学部教務副主任
    活動期間:2007年04月 ~ 2009年03月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:国際人権法学会
    役職・役割名:企画委員会委員
    活動期間:2015年11月 ~ 2018年10月

  • 学会・委員会:日本国際政治学会
    役職・役割名:分科会代表幹事
    活動期間:2015年11月 ~ 2016年10月

  • 学会・委員会:日本国際政治学会
    役職・役割名:分科会ブロック幹事
    活動期間:2014年11月 ~ 2016年10月

  • 学会・委員会:日本国際政治学会
    役職・役割名:倫理委員会委員
    活動期間:2014年09月 ~ 2016年06月

  • 学会・委員会:日本国際連合学会
    役職・役割名:理事
    活動期間:2013年10月 ~ 継続中

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:第14回赤十字国際人道法模擬裁判大会 アジア太平洋地域大学対抗大会
    活動期間:2016年03月

  • 活動名称:講演「国際機構についての研究とは」
    活動期間:2011年09月

    活動内容:啓明学院の高校生に対する講演