基本情報

写真b

望月 康恵

MOCHIZUKI Yasue

所属
法学部 政治学科 教授
研究分野・キーワード
国際機構論, 国際法, 国際協力論
教育研究内容
国家間条約によって設立された国際機構の組織および作用を研究対象としている。とくに紛争の平和的解決に向けた国際機構の取り組みとその活動が国際社会、国際政治、国際法に及ぼす法的、政治的影響に着目する。これまでは、人道的な目的を掲げて行われる「人道的干渉」の合法性について検討を行ってきた。また東南アジアの国際機構、会議体の活動が国際社会や東南アジア地域さらに国家の行動に及ぼす影響に関して、「ジェンダーの主流化」に着目し分析した。現在は、移行期正義(transitional justice)と称される、紛争後の社会における国際的な刑事裁判所や真実委員会の機能について研究を進めている。 

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:国際基督教大学
    学部(学系)名:教養学部
    学科・専攻等名:語学科

    学校の種類:大学
    卒業年月:1990年03月
    卒業区分:卒業
    国名:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:国際基督教大学
    学部等名:行政学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:2000年06月
    修了区分:修了
    国名:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:コロンビア大学 アメリカ合衆国
    経歴名:客員研究員
    年月:2009年04月 ~ 2010年03月

  • 留学先:ロンドン大学
    経歴名:大学院生
    年月:1996年09月 ~ 1997年12月

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(学術)
    分野名:人文・社会 / 国際法学
    授与機関名:国際基督教大学
    取得方法:課程
    取得年月:2000年06月

  • 学位名:修士(学術)
    分野名:人文・社会 / 国際法学
    授与機関名:国際基督教大学
    取得方法:課程
    取得年月:1992年03月

  • 学位名:学士(教養)
    分野名:教養学部
    授与機関名:国際基督教大学
    取得方法:課程
    取得年月:1990年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    職名:教授
    年月:2004年04月 ~ 継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:国際人権法学会
    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:国際法学会
    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:世界法学会
    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本国際政治学会
    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本国際連合学会
    学会所在国:日本国

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 国際関係論

  • 研究分野:人文・社会 / 国際法学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:"Domestic Social Structures That Contribute to the Realization of Sustainable Development"
    誌名:Japanese Reports for the XXIst International Congress of Comparative Law, ICCLP Publications  16巻  (頁 196 ~ 218)
    出版年月:2023年05月
    著者:Kanami Ishibashi, Yasue Mochizuki, Akiko Toi, Koichi Owashi, Yoko Osakada, Noriko Okubo, Marie Tomita

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 記述言語:日本語
    タイトル:国連の安全保障理事会の「機能」の再検討ーウクライナ情勢を事例としてー
    誌名:『法と政治』  73巻  3号  (頁 61 ~ 90)
    出版年月:2022年11月
    著者:望月康恵

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「「平和への権利宣言」と平和教育への意義」
    誌名:『キリスト教と文化研究』  20号  (頁 83 ~ 90)
    出版年月:2019年03月
    著者:望月康恵

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「移行期正義と国際機関の役割」
    誌名:『国際問題』  679巻  (頁 5 ~ 16)
    出版年月:2019年03月
    著者:望月康恵

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    タイトル:Roles and Functions of Transitional Justice Mechanisms in the Asia-Paficif Region in the Development of International Law
    誌名:Chinese (Taiwan)Yearbook of International Law and Affairs  35巻  (頁 70 ~ 98)
    出版年月:2018年11月
    著者:Yasue Mochizuki

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:『国際人権法の理論』
    出版者・発行元:信山社
    出版年月:2023年12月
    著者:小畑郁・山元一・望月康恵他

    著書種別:学術書
    担当範囲:「平和構築における国際人権規範―国家に対する作用ー」
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:『サステナビリティ変革への加速』
    出版者・発行元:東信堂
    出版年月:2023年09月
    著者:毛利勝彦、パメラ・チャセク、望月康恵

    著書種別:学術書
    担当範囲:「平和とガバナンスにおける国際機構の役割の再検討」
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:『国際法[第4版]』
    出版者・発行元:弘文堂
    出版年月:2022年02月
    著者:望月康恵、渡部茂己、河合利修

    著書種別:学術書
    担当範囲:第3章、第5章
    担当区分:共著
    専門分野:人文・社会 / 国際法学

  • 記述言語:日本語
    タイトル:『平和構築と個人の権利ー救済の国際法試論』
    出版者・発行元:広島大学出版会
    出版年月:2022年01月
    著者:望月康恵、片柳真理、坂本一也、清水奈名子

    著書種別:学術書
    担当範囲:第1章、第5章
    担当区分:共著
    専門分野:人文・社会 / 国際法学,人文・社会 / 国際関係論

  • 記述言語:日本語
    タイトル:『新国際人権入門 SDGs時代における展開』
    出版者・発行元:法律文化社
    出版年月:2021年11月
    著者:望月康恵、横田洋三、富田麻理、滝澤美佐子、吉村祥子

    著書種別:教科書・概説・概論
    担当範囲:イントロダクション、第6章、第12章、第13章
    担当区分:共著
    専門分野:人文・社会 / 国際法学,人文・社会 / 国際関係論

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:国際社会と人権Vol.2
    誌名:ひょうご人権ジャーナルきずな  (頁 10)
    出版年月:2023年07月
    著者:望月康恵

      外部サイトへのリンクを表示

  • タイトル:西海洋志著『保護する責任と国際政治思想』
    誌名:『国連研究』  第24号巻  (頁 161 ~ 165)
    出版年月:2023年06月

  • 記述言語:日本語
    タイトル:国際社会と人権Vol.1
    誌名:『ひょうご人権ジャーナル』  5・6月号号  (頁 10)
    出版年月:2023年05月
    著者:望月康恵

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:巻頭言「国際政治の究極に在るもの」
    出版者・発行元:日本国際政治学会
    誌名:日本国際政治学会JAIR Newsletter  168号
    出版年月:2021年07月
    著者:望月 康恵

    掲載種別:その他

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:「今こそ横断的な政策を」
    出版者・発行元:平和安全保障研究所
    誌名:RIP'S eye
    出版年月:2020年06月
    著者:望月康恵

    掲載種別:その他

      外部サイトへのリンクを表示

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 作品名:討論者:日本国際連合学会第24回(2023年度)研究大会「脱主権国家体制の兆しと国連」
    発表年月:2023年06月

     作品分類:その他

  • 作品名:General moderator: The Japan Chapter of the Asian Society of International Law, the 13th Annual Conference
    発表年月:2022年07月

     作品分類:その他

  • 作品名:報告「関西学院インクルーシブ・コミュニティ実現のための基本方針・行動指針の概要説明」公開シンポジウム「誰一人取り残さないために~SDGsと多様性尊重の取り組み~」
    発表年月:2021年05月

     作品分類:その他

  • 作品名:座長:国際人権法学会第32回(2020年度)研究大会「国際・国内⼈権機関の諸活動」
    発表年月:2020年11月

     作品分類:その他

  • 作品名:司会・討論者:日本国際政治学会2020年度研究大会 国際統合分科会III
    発表年月:2020年10月

     作品分類:その他

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(A)
    研究期間:2021年04月 ~ 2024年03月
    タイトル:日本および日本の国際法学が国際法の発展に与えた影響の総合的研究

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2020年04月 ~ 2024年03月
    タイトル:国際的な刑事裁判所による平和構築機能ーガバナンスの新たな展開の検証

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2016年04月 ~ 2020年03月
    タイトル:北極国際法秩序の構想:科学・環境・海洋・組織
    研究概要:本研究は、北極域に適用される国際規範・組織形成の研究展開を「北極国際法秩序の構想」として体系的に提示することを試み、我が国北極国際法研究を飛躍的に進展させることを目的とする。陸地を支配する領土主権原理と海域を支配する海洋法の二分法的適用関係で北極をみる伝統的国際法観を転回し、北極域を一体的な法秩序圏として認識し具体化する契機が、北極科学、北極環境、そして北極海をめぐる規範形成の中に見られ、北極評議会(AC)がそれを強力に推進している。2015年10月6日に閣議決定された「我が国の北極政策」でも、北極に関する国際的ルール作りに焦点が当てられている。本研究は、これら最新の規範的・組織的動向を国際法学的に緻密に分析しつつ、北極ガバナンスに関する国際関係論の知見を加味して、来るべき北極国際法秩序を大胆に構想する。

  • 研究種目:若手研究(B)
    研究期間:2004年04月 ~ 2006年03月
    タイトル:国際機構による「統治」―平和構築における暫定行政機構の取り組みを中心として―

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    会議名:The 22nd East Asian Seminar on the United Nations System "UN for Peace and Prosperity of East Asia"
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2023年11月
    発表年月日:2023年11月24日
    開催地:Jeonbuk National University
    タイトル:Perspectives and Prospects for Trilateral Cooperatoin for Peacebuilding
    会議種別:口頭発表(招待・特別)
    専門分野:人文・社会 / 国際関係論,人文・社会 / 国際法学

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    会議名:国際法学会2023年度(第126年次)研究大会
    開催年月:2023年09月
    発表年月日:2023年09月05日
    開催地:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
    タイトル:Legitimacy-talk は何を生んだのか——正統性を問う意味
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:サステナビリティ変革への加速
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2022年12月
    発表年月日:2022年12月10日
    開催地:国際基督教大学
    タイトル:平和とガバナンスにおける国際機構の役割の再検討
    会議種別:口頭発表(招待・特別)
    専門分野:人文・社会 / 国際関係論,人文・社会 / 国際法学

  • 記述言語:英語
    会議名:Enhancing the comprehensive roles of the United Nations and the United Nations Security Council amidst regional and global volatility
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2023年03月
    開催地:Vietnam Academy of Social Sciences
    タイトル:Prospects for strengthening the United Nations: the role of Japan
    専門分野:人文・社会 / 国際関係論,人文・社会 / 国際法学

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本国際政治学会2021年度研究大会
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2021年10月
    開催地:オンライン開催
    タイトル:「平和構築の新たな展開?ー1990年代の刑事司法機関の役割を事例として」
    会議種別:口頭発表(一般)
    専門分野:人文・社会 / 国際関係論,人文・社会 / 国際法学

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:政治学研究演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2023年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:政治学研究演習II

    授業形式:代表者

作成した教科書、教材、参考書 【 表示 / 非表示

  • タイトル:渡部茂己・河合利修編『国際法[第4版]』弘文堂
    活動期間:2022年04月

教育方法・教育実践に関する発表、講演等 【 表示 / 非表示

  • タイトル:京都市立堀川高校での模擬講義
    活動期間:2017年01月

  • タイトル:千里国際高校での模擬授業「法学部で学ぶということ」
    活動期間:2013年05月

その他特記事項 【 表示 / 非表示

  • タイトル:国際法模擬裁判アジアカップ書面裁判官
    活動期間:2015年04月 ~ 2018年06月

  • タイトル:国際法模擬裁判アジアカップ2015年
    活動期間:2015年04月 ~ 2015年08月

  • タイトル:Jessup国際法模擬裁判大会日本予選判事
    活動期間:2004年12月 ~ 2008年12月

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:人権教育研究室長
    活動期間:2021年04月 ~ 2023年03月

  • 活動名称:人権教育研究室副室長
    活動期間:2019年04月 ~ 2021年03月

  • 活動名称:研究科副委員長
    活動期間:2019年04月 ~ 2021年03月

  • 活動名称:副学部長
    活動期間:2015年04月 ~ 2017年03月

  • 活動名称:人権教育研究室副室長
    活動期間:2010年04月 ~ 2011年03月

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 団体名:世界法学会
    委員名:理事
    年月:2023年 ~ 継続中

  • 団体名:アジア国際法学会日本協会
    委員名:事務局長
    年月:2019年07月 ~ 継続中

  • 団体名:国際人権法学会
    委員名:企画委員会副主任
    年月:2018年11月 ~ 2021年11月

  • 団体名:日本国際政治学会
    委員名:企画・研究委員会委員
    年月:2018年11月 ~ 2020年10月

  • 団体名:国際法学会
    委員名:雑誌編集委員会委員
    年月:2018年09月 ~ 2020年08月

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • タイトル:第14回赤十字国際人道法模擬裁判大会 アジア太平洋地域大学対抗大会
    年月:2016年03月

  • タイトル:講演「国際機構についての研究とは」
    年月:2011年09月

    概要:啓明学院の高校生に対する講演

  • タイトル:国連広報センター 国連決議邦訳・校閲チームメンバー
    年月:2007年02月 ~ 2018年12月

      外部サイトへのリンクを表示