基本情報

写真b

多賀 登喜雄

TAGA Tokio


職名

教授

研究分野・キーワード

工学, 物理系基礎工学, 電気工学

ホームページ

http://ist.ksc.kwansei.ac.jp/~taga/

プロフィール

将来の高度なモバイル通信の実現に向け,モバイル通信の特徴であるマルチパスチャネル特性の解明,その克服技術/利用技術(適応アンテナ技術、MIMOシステムなど)/設計技術の研究から,各種モバイルネットワークおよびモバイルアプリケーションまでを含めたモバイル情報処理技術の研究を行う.

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 理工学部 情報科学科
    経歴名:教授
    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:IEEE

    学会所在国:アメリカ合衆国

  • 所属学会:電子情報通信学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:情報処理学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):情報ネットワーク

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Time-Varying Path-Shadowing Model for Indoor Populated Environments.
    掲載誌名:IEEE Trans. on Vehicular Technology  VT-59巻  1号  (頁 16 ~ 28)
    掲載誌 発行年月:2010年01月
    著者氏名(共著者含):I. Kashiwagi, T. Taga, and T. Imai

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Mean Effective Gain of Mobile Antennas in Line-of-Sight Microcells With Low Base Station Antennas.
    掲載誌名:IEEE Trans. on Antennas and Propagation  AP-56巻  11号  (頁 3552 ~ 3565)
    掲載誌 発行年月:2008年11月
    著者氏名(共著者含):A. Ando, T. Taga, A. Kondo, K. Kagoshima, and S. Kubota

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Statistical Scattering Model in Urban Propagation Environment
    掲載誌名:IEEE Transaction on Vehicular Technology  55巻  4号  (頁 1081 ~ 1093)
    掲載誌 発行年月:2006年07月
    著者氏名(共著者含):T. Imai

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「空間回路網法による板状逆Fアンテナの解析」
    掲載誌名:信学論 B-II  J74B-II巻  10号  (頁 538 ~ 545)
    掲載誌 発行年月:1991年10月
    著者氏名(共著者含):多賀登喜雄, 角田紀久夫

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「陸上移動通信環境におけるアンテナダイバーシチ相関特性の解析」
    掲載誌名:信学論 B-II  J73B-II 巻  12号  (頁 883 ~ 895)
    掲載誌 発行年月:1990年12月
    著者氏名(共著者含):多賀 登喜雄

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:2017 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2017)
    会議区分:国際会議
    開催期間:2017年10月 ~ 2017年11月
    開催場所:Phuket Graceland Resort & SPA, Phuket, Thailand
    題目又はセッション名:A Study on Channel Characteristics of Massive MIMO in Urban Street Environments
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):通信・ネットワーク工学

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:IEEE AP-S Kansai Chapter and IEEE MTT-S Kansai Chapter 合同若手技術交流会2016
    会議区分:国内会議
    開催期間:2016年12月
    開催場所:大阪電気通信大学駅前キャンパス
    題目又はセッション名:Double Aperture Field 法の提案と実験による有効性の検証
    発表形態:ポスター(一般)
    専門分野(科研費分類):通信・ネットワーク工学

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:IEEE AP-S Kansai Chapter and IEEE MTT-S Kansai Chapter 合同若手技術交流会2016
    会議区分:国内会議
    開催期間:2016年12月
    開催場所:大阪電気通信大学駅前キャンパス
    題目又はセッション名:ストリートセル環境におけるMassive-MIMOのチャネル特性に関する一検討
    発表形態:ポスター(一般)
    専門分野(科研費分類):通信・ネットワーク工学

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:アンテナ・伝播研究専門委員会, URSI Commission F Japanese Committee Meeting
    会議区分:国内会議
    開催期間:2016年11月
    開催場所:京都市国際交流会館
    題目又はセッション名:パス遮蔽モデルの開発と展望
    発表形態:口頭(招待・特別)
    専門分野(科研費分類):通信・ネットワーク工学

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:2016年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2016年09月
    開催場所:北海道大学会議ホール
    題目又はセッション名:Double Aperture Field 法による屋内-屋内電波伝搬損失特性の検討
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):通信・ネットワーク工学

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:コンピュータ演習B

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:ディジタル信号処理

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:ディジタル信号処理実習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:ディジタル通信

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:ネットワークシステム領域実習A

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:電子情報通信学会
    役職・役割名:アンテナ・伝幡研究会 常設委員会「(仮)アンテナ伝搬ワークショップ第5x回「電波伝搬のためのレイトレーシング法のすべて(仮題)」」審議委員
    活動期間:2014年01月 ~ 2015年05月

  • 学会・委員会:電子情報通信学会
    役職・役割名:アンテナ・伝幡研究会 常設委員会「第47回(仮)アンテナ・伝幡における設計・解析手法ワークショップ」審議委員
    活動期間:2011年09月 ~ 2012年12月

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ「超高速移動通信システムの実現に向けた要素技術の研究開発運営委員会」委員
    活動期間:2012年10月 ~ 2013年03月

  • 活動名称:(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ「超高速移動通信システムの実現に向けた要素技術の研究開発運営委員会」委員
    活動期間:2011年10月 ~ 2012年03月

  • 活動名称:(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ「超高速移動通信システムの実現に向けた要素技術の研究開発運営委員会」委員
    活動期間:2010年10月 ~ 2011年03月

  • 活動名称:(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ「超高速移動通信システムの実現に向けた要素技術の研究開発運営委員会」委員
    活動期間:2009年10月 ~ 2010年03月