基本情報

写真b

成田 健一

NARITA Kenichi


職名

教授

研究分野・キーワード

生涯発達心理学, パーソナリティ心理学, 感情心理学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:関西学院大学
    学部(学系)名:文学部
    学科・専攻等名:心理学

    学校の種類:大学
    卒業年月:1987年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:関西学院大学
    研究科名:文学研究科
    専攻名:心理学

    修了課程:修士課程
    修了年月:1989年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

  • 大学院名:関西学院大学
    研究科名:文学研究科
    専攻名:心理学

    修了課程:博士課程
    修了年月:1992年03月
    修了区分:単位取得満期退学
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:文学修士
    学位の分野名:教育心理学
    学位授与機関名:関西学院大学
    取得方法:課程
    取得年月:1989年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 文学部 総合心理科学科
    経歴名:教授
    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本発達心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本老年社会科学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本パーソナリティ心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本老年行動科学会

    学会所在国:日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):教育心理学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:情動としての羞恥
    学位授与年月:1989年03月
    著者氏名(共著者含):成田 健一

    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):教育心理学,社会心理学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:Web調査におけるSatisficing回答者の基本属性 : 調査年・調査会社の比較から
    掲載誌名:関西学院大学心理科学研究 = Kwansei Gakuin University, bulletin of psychological science research  43巻  (頁 19 ~ 24)
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):高橋 伸彰, 箕浦 有希久, 成田 健一, N. Takahashi, Y. Minoura, K. Narita

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:上手なあきらめができる人 : 社会的認知学習理論からあきらめ現象を捉える
    掲載誌名:関西学院大学心理科学研究 = Kwansei Gakuin University, bulletin of psychological science research  43巻  (頁 75 ~ 84)
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):登日 温子, 成田 健一, A. Tobi, K. Narita

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:自尊感情の複数回測定とその展望 : 測定方法と研究目的に注目して
    掲載誌名:関西学院大学心理科学研究 = Kwansei Gakuin University, bulletin of psychological science research  43巻  (頁 11 ~ 18)
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):箕浦 有希久, 成田 健一, Y. Minoura, K. Narita

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:「自己」にかかわる心理学的研究の計量書誌学的分析 : わが国の学会誌に掲載された実証論文のタイトル分析 : 1980年-2013年
    掲載誌名:関西学院大学心理科学研究 = Kwansei Gakuin University, bulletin of psychological science research  42巻  (頁 25 ~ 32)
    掲載誌 発行年月:2016年03月
    著者氏名(共著者含):里見 香奈, 成田 健一, K. Satomi, K. Narita

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:2項目自尊感情尺度を用いた状態自尊感情の測定
    掲載誌名:パーソナリティ研究  25巻  2号  (頁 151 ~ 153)
    掲載誌 発行年月:2016年
    著者氏名(共著者含):箕浦 有希久, 成田 健一

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:挑戦的萌芽研究
    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月
    研究題目:「自己」の生涯発達とwell-being―ショートスケールによる縦断研究への挑戦

  • 研究種目:奨励研究(A), 若手研究(B)
    研究期間:2001年 ~ 2002年
    研究題目:高齢者の精神的健康と「情報ボランティア」―生涯発達心理学的検討―

    研究内容:本研究は,身体的には比較的元気な高齢者に精神的健康をもたらす要因の一つとして,高齢者自身が行う「ボランティア活動」を取り上げ,検討を行った.特に,ボランティアの中でも「情報ボランティア」に注目した.「情報ボランティア」とは,作業的に「コンピュータ等の情報機器の操作,情報の伝達方法についての援助」と考え,それに携わる人々の精神的健康の様相を多側面より検討した.
    調査対象は,「情報ボランティア」に関わる原則として65歳以上の高齢者であった.手続きとして,「情報ボランティア」の担い手と受け手の双方に,半構造化面接を行い,ボランティア観や精神的健康に関する調査を実施した.
    その結果,情報ボランティアの担い手も受け手もともに,精神的に不健康な方向に変化した者はおらず,生活満足度はこうした活動により維持・上昇すると考えられた.特に「情報ボランティア」の担い手は,比較的はっきりした目的をもって活動している場合が多く,目的意識の高さが満足感の高さにつながっていた.さらに「情報ボランティア」の場合,担い手のサポートの効果,および受け手の情報処理技術の到達度が,結果として目に見えやすい事も,双方の満足感を向上させる事に寄与していた.
    こうした達成的な満足感は,受け手と担い手の双方にとって,活動当初には特に大きな影響を与えていた.しかし,その活動の維持・継続においては,技術的な達成のみならず,活動...

  • 研究種目:奨励研究(A)
    研究期間:1996年
    研究題目:高齢者の精神的健康と帰属スタイルについての研究-質問紙法を用いた社会的適応に関する生涯発達II-

    研究内容:<目的> 本研究では,高齢者のより良い適応の条件を検討するために「原因帰属」に着目し,その個人差の測定についての予備的な検討を行った.わが国においては標準化されている帰属スタイル測定尺度が少なく,しかも高齢者を対象にした研究は現状ではほとんどない.そこで本研究では,従来行われきた大学生のデ-タと比較検討することにより,帰属スタイルを測定する尺度の高齢者等への適用可能性を模索する.さらに帰属スタイル測定尺度が個人の心理的適応に与える影響を,精神的健康尺度との相関により検討する.
    <方法> 高齢者群は,福祉会館利用者および高齢者教室の参加者を,青年群は大学生を対象として調査を行った.高齢者に対しては基本的に質問紙に従った構造化面接を行ったが,一部集団式の調査も行った.一般の大学生に対しては集団式の調査を行った.使用した尺度は,拡張版帰属スタイル測定尺度(Expanded Attributional Style Questionnaire),絶望感尺度,抑鬱性尺度などであった.なお,これらの尺度は他のテストバッテリ-の一部に組み込まれていた.
    <結果・考察> 大学生のデ-タを基に,信頼性の指標であるα係数をEASQの各次元ごとに検討した.その結果,一部の次元(内在性の次元)を除き,尺度としての使用可能性は十分に認められた.またその短縮版もほぼ同様の結果を示し,信頼性はある程度確認さ...

  • 研究種目:奨励研究(A)
    研究期間:1995年
    研究題目:高齢者の対人的環境と精神的健康についての研究-質問紙法を用いた社会的適応に関する生涯発達-

    研究内容:〈目的〉
    本研究では,高齢者のより良い適応の条件を評価するため,対人場面における行動の個人差を説明する尺度を適用した.1つは自己意識尺度で,もう1つはセルフモニタリング尺度である.両尺度はこれまで青年を中心に使用されてきたので,妥当性・信頼性などが高齢者では確認されていない.そこで高齢者においても両尺度が十分に有用であることを示すことを第一の目的とする.
    〈方法〉
    自己意識尺度,セルフモニタリング尺度を,福祉会館利用者および高齢者教室の参加者,計274名(男120名,女146名,性別不明 8名)に施行した.平均年齢は71.3歳(年齢幅 60歳〜88歳)であった.福祉会館の利用者には個別面接法を用い,高齢者教室の参加者には自記式で調査をおこなった.なおこの両尺度は他のテストバッテリ-の一部に組み込まれていた.
    〈結果・考察〉
    共分散構造分析を行った結果,自己意識尺度もセルフモニタリング尺度も尺度の構造は従来得られていた青年(大学生)の結果とまったく変わらなかった.信頼性の指標であるα係数も比較的高く,尺度としての使用可能性は高齢者においても十分に認められた.
    その強さでは,両尺度において,高齢者は大学生よりも有意に低い値を示した.つまり青年に比べ,高齢者は他者から見られる自分,あるいは自分の内面に対する関心が少なく,また対人場面で自分の行動を観察,調整,管理する傾向も少ないとい...

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:エイジング心理学(発達心理学)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:人文演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:人文演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月