基本情報

写真b

Stuart Cunningham

Stuart Cunningham

所属
言語教育研究センター
研究分野・キーワード
Written discourse, Textual cohesion, Corpus studies
研究概要
My two main areas of research are qualitative in nature. Firstly, I am interested in how language is used within focus groups. At present I am collecting data to examine the language used in the transformation of individual opinions into ‘facts’ accepted and referred to by the group. My other area of interest is in examining the group dynamics of small groups within the SLA classroom. This is primarily drawn from research into group dynamics in psychology. Both areas of research are informing my classroom practice.

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:University of Kent
    学部(学系)名:人文学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:1993年07月
    卒業区分:卒業
    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:University of Birmingham, England
    学部等名:人文学研究科

    修了課程:修士課程
    修了年月:2007年07月
    修了区分:修了
    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:Masters of Arts (Teaching English as a Foreign/Second Language)
    分野名:TEFL/TESOL
    授与機関名:その他
    取得方法:課程
    取得年月:2007年07月

  • 学位名:Bachelor of Arts
    分野名:人文・社会 / ヨーロッパ文学
    授与機関名:その他
    取得方法:課程
    取得年月:1993年07月

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 言語学

  • 研究分野:人文・社会 / 外国語教育

  • 研究分野:人文・社会 / 英語学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Categories Involved in the justification of Knowledge claims
    誌名:Annual Research report of the Language Center
    出版年月:2018年03月
    著者:Stuart Cunningham

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Culture and Society

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Culture and Society

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Language and Communication

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Language and Communication

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Skills-based English(Academic)L3

    授業形式:代表者

全件表示 >>