基本情報

写真b

平賀 純子

HIRAGA Junko

職名
准教授
研究室住所
兵庫県三田市学園2-1
研究分野・キーワード
素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
研究概要
X線天文衛星による観測データを使って、超新星残骸について研究しています。超新星残骸とは、星の最後の大爆発(超新星爆発)が宇宙空間に残した天体で、数千万度の高温プラズマが半径数光年にも及ぶ球体として、X線で明るく輝いています。私たち人間や地球を作り上げた様々な元素は星の内部の核融合によって合成され、超新星爆発により宇宙空間に供給されました。元素が合成されるメカニズムを超新星残骸の観測で探っています。宇宙からのX線を観測するためには、観測装置を搭載した人工衛星が必要で、国際プロジェクトに参加して、人工衛星の開発にも貢献しています。また実験室では、将来の衛星搭載を目指して、X線検出器の開発も進めています。
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
079-565-7613
SDGs 関連ゴール

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学
    研究科名:理学研究科
    専攻名:宇宙地球科学

    修了課程:博士課程
    修了年月:2002年
    修了区分:修了
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学)
    学位の分野名:天文学
    学位授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 理工学部 物理学科
    経歴名:准教授
    職務期間:2015年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:大阪大学
    経歴名:日本学術振興会特別研究員
    経歴期間:1999年 ~ 2002年

  • 所属(勤務)先名:ISAS / JAXA
    経歴名:リサーチアシスタント
    経歴期間:2002年 ~ 2003年

  • 所属(勤務)先名:ISAS / JAXA
    経歴名:特別研究員(PD)
    経歴期間:2003年 ~ 2006年

  • 所属(勤務)先名:理化学研究所
    経歴名:基礎特別研究員
    経歴期間:2006年 ~ 2010年

  • 所属(勤務)先名:東京大学
    経歴名:助教
    経歴期間:2010年 ~ 2015年

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本物理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本天文学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:応用物理学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

  • 専門分野(科研費分類):天文学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Hitomi Constraints on the 3.5 keV Line in the Perseus Galaxy Cluster
    掲載誌名:The Astrophysical Journal Letters  837巻  1-L15号  (頁 9 ~ )
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):Aharonian, F. A. et al.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The quiescent intracluster medium in the core of the Perseus cluster
    掲載誌名:Nature  535巻  7610号  (頁 117 ~ 121)
    掲載誌 発行年月:2016年07月
    著者氏名(共著者含):Hitomi Collaboration

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Evidence for Thermal X-Ray Line Emission from the Synchrotron-dominated Supernova Remnant RX J1713.7-3946
    掲載誌名:ApJ  814巻  1-29号  (頁 11 ~ )
    掲載誌 発行年月:2015年11月
    著者氏名(共著者含):S.Katsuda, F.Acero, N.Tominaga, Y.Fukui, J.S.Hiraga, K.Koyama, S.H.Lee, K.Mori, S.Nagataki, Y.Ohira, R.Petre, H.Sano, Y.Takeuchi, T.Tamagawa, N.Tsuji, H.Tsunemi, Y.Uchiyama

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Suzaku observations of the old pulsar wind nebula candidate HESS J1356-645
    掲載誌名:PASJ  67巻  3号  (頁 438 ~ )
    掲載誌 発行年月:2015年06月
    著者氏名(共著者含):M.Izawa, T.Dotani, T.Fujinaga, A.Bamba, M.Ozaki, J.S.Hiraga

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Suzaku X-Ray Observations of the Fermi Bubbles: Northernmost Cap and Southeast Claw Discovered With MAXI-SSC
    掲載誌名:ApJ  802巻  2-91号  (頁 13 ~ )
    掲載誌 発行年月:2015年04月
    著者氏名(共著者含):M.Tahara, J.Kataoka, Y.Takeuchi, T.Totani, Y.Sofue, J.S.Hiraga, H.Tsunemi, Y.Inoue, M.Kimura, C.C.Cheung, S.Nakashima

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本物理学会第72回年次大会(2017年)
    会議区分:国内会議
    開催期間:2017年03月
    開催場所:大阪大学 豊中キャンパス
    題目又はセッション名:ひとみ衛星搭載軟X線撮像検出器(SXI):軌道上較正の現状
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本物理学会2016年秋季大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2016年09月
    開催場所:宮崎大学 木花キャンパス
    題目又はセッション名:ひとみ衛星搭載軟X線撮像検出器(SXI):軌道上性能と較正の現状
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本物理学会第71回年次大会(2016年)
    会議区分:国内会議
    開催期間:2016年03月
    開催場所:東北学院大学 泉キャンパス
    題目又はセッション名:X線天文衛星 ASTRO-H 搭載 X 線 CCD カメラ SXI の開発の現状 XI
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本物理学会2015年秋季大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2015年09月
    開催場所:大阪市立大学 杉本キャンパス
    題目又はセッション名:X線天文衛星ASTRO-H搭載X線CCDカメラSXIの軟X線帯域の性能評価
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本物理学会日本物理学会2015年秋季大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2015年09月
    開催場所:大阪市立大学 杉本キャンパス
    題目又はセッション名:X線天文衛星 ASTRO-H 搭載 X線CCD カメラ SXI の開発の現状 X
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:X線天文学

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:サブゼミ

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:デモンストレーション物理学I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:卒業実験及び演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:外国書講読

    授業形式:代表者

全件表示 >>