基本情報

写真b

平賀 純子

HIRAGA Junko

所属
理学部 物理・宇宙学科
研究室住所
兵庫県三田市学園2-1
研究分野・キーワード
素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
研究概要
X線天文衛星による観測データを使って、超新星残骸について研究しています。超新星残骸とは、星の最後の大爆発(超新星爆発)が宇宙空間に残した天体で、数千万度の高温プラズマが半径数光年にも及ぶ球体として、X線で明るく輝いています。私たち人間や地球を作り上げた様々な元素は星の内部の核融合によって合成され、超新星爆発により宇宙空間に供給されました。元素が合成されるメカニズムを超新星残骸の観測で探っています。宇宙からのX線を観測するためには、観測装置を搭載した人工衛星が必要で、国際プロジェクトに参加して、人工衛星の開発にも貢献しています。また実験室では、将来の衛星搭載を目指して、X線検出器の開発も進めています。
研究室電話
079-565-7613
SDGs 関連ゴール

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:大阪大学
    学部等名:理学研究科
    学科等名:宇宙地球科学

    修了課程:博士課程
    修了年月:2002年
    修了区分:修了
    国名:日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学)
    分野名:自然科学一般 / 天文学
    授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:2002年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:理学部 物理・宇宙学科
    職名:教授
    年月:2021年04月 ~ 継続中

  • 所属:関西学院大学
    部署名:理工学部 物理学科
    職名:准教授
    年月:2015年04月 ~ 2021年03月

  • 所属:大阪大学
    職名:日本学術振興会特別研究員
    年月:1999年 ~ 2002年

  • 所属:ISAS / JAXA
    職名:リサーチアシスタント
    年月:2002年 ~ 2003年

  • 所属:ISAS / JAXA
    職名:特別研究員(PD)
    年月:2003年 ~ 2006年

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本物理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本天文学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:応用物理学会

    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論

  • 研究分野:自然科学一般 / 天文学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Optical blocking performance of CCDs developed for the X-ray Astronomy Satellite XRISM
    誌名:Nucl. Instrum. and Meth.  A978巻  (頁 164374 ~ )
    出版年月:2020年10月
    著者:H. Uchida, et al.

    DOI:10.1016/j.nima.2020.164374
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Experimental studies on the charge transfer inefficiency of CCD developed for the soft X-ray imaging telescope Xtend aboard the XRISM satellite
    誌名:arXiv preprint arXiv:2009.06246
    出版年月:2020年09月
    著者:K Yoshiaki, et al.

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Subpixel response of SOI pixel sensor for X-ray astronomy with pinned depleted diode: first result from mesh experiment
    誌名:JINST  14巻  06号  (頁 C06005 ~ )
    出版年月:2019年06月
    著者:K. Kayama, et al.

    DOI:10.1088/1748-0221/14/06/C06005
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Radiation hardness of a p-channel notch CCD developed for the X-ray CCD camera onboard the XRISM satellite
    誌名:JINST  14巻  04号  (頁 C04003 ~ )
    出版年月:2019年04月
    著者:Y. Kanemaru, et al.

    DOI:10.1088/1748-0221/14/04/C04003
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Detection of polarized gamma-ray emission from the Crab nebula with the Hitomi Soft Gamma-ray Detector
    誌名:PASJ  70巻  6号  (頁 113 ~ )
    出版年月:2018年11月
    著者:Hitomi Collaboration

    DOI:10.1093/pasj/psy118
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本物理学会第72回年次大会(2017年)
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2017年03月
    開催地:大阪大学 豊中キャンパス
    タイトル:ひとみ衛星搭載軟X線撮像検出器(SXI):軌道上較正の現状
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本物理学会2016年秋季大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2016年09月
    開催地:宮崎大学 木花キャンパス
    タイトル:ひとみ衛星搭載軟X線撮像検出器(SXI):軌道上性能と較正の現状
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本物理学会第71回年次大会(2016年)
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2016年03月
    開催地:東北学院大学 泉キャンパス
    タイトル:X線天文衛星 ASTRO-H 搭載 X 線 CCD カメラ SXI の開発の現状 XI
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本物理学会2015年秋季大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2015年09月
    開催地:大阪市立大学 杉本キャンパス
    タイトル:X線天文衛星ASTRO-H搭載X線CCDカメラSXIの軟X線帯域の性能評価
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本物理学会日本物理学会2015年秋季大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2015年09月
    開催地:大阪市立大学 杉本キャンパス
    タイトル:X線天文衛星 ASTRO-H 搭載 X線CCD カメラ SXI の開発の現状 X
    会議種別:口頭発表(一般)

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:サブゼミ

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:理学部

    授業科目名:サブゼミ

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:デモンストレーション物理学I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:工学部

    授業科目名:デモンストレーション物理学I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:理学部

    授業科目名:デモンストレーション物理学I

    授業形式:代表者

全件表示 >>

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長補佐
    活動期間:202104(年月) ~ 202303(年月)