基本情報

写真b

荒木 啓吾

ARAKI Keigo


研究分野・キーワード

癌、細胞周期

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東京医科歯科大学
    研究科名:医歯学総合研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:2003年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:国立シンガポール大学癌研究所
    経歴名:Research Scientist
    留学期間:2008年08月 ~ 2013年06月

  • 留学先:国立シンガポール大学メカノバイオロジー研究所
    経歴名:Research Associate
    留学期間:2013年07月 ~ 2014年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(学術)
    学位の分野名:発生生物学
    学位授与機関名:東京医科歯科大学
    取得方法:課程
    取得年月:2003年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本分子生物学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本癌学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):腫瘍生物学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 資格名:歯科医師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Ectopic expression of the CDK inhibitor p21Cip1 enhances deregulated E2F activity and increases cancer cell-specific cytotoxic gene expression mediated by the ARF tumor suppressor promoter.
    掲載誌名:Biochem Biophys Res Commun.
    掲載誌 発行年月:2017年01月
    著者氏名(共著者含):Kurayoshi K., Shiromoto A., Ozono E., Iwanaga R., Bradford A. P., Araki K., Ohtani K.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The phosphatidyl inositol 3 kinase pathway does not suppress activation of the ARF and BIM genes by deregulated E2F1 activity.
    掲載誌名:Biochem Biophys Res Commun.
    掲載誌 発行年月:2017年01月
    著者氏名(共著者含):Kurayoshi K., Okuno J., Ozono E., Iwanaga R., Bradford A. P., Kugawa K., Araki K., Ohtani K.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Substrate stiffness influences doxorubicin-induced p53 activation via ROCK2 expression.
    掲載誌名:Biomed. Res. Int.
    掲載誌 発行年月:2017年01月
    著者氏名(共著者含):Ebata T., Mitsui Y., Sugimoto W., Maeda M., Araki K., Machiyama H., Harada I., Sawada Y., Fujita H., Hirata H., Kawauchi K.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The Interaction Mode of the Acidic Region of the Cell Cycle Transcription Factor DP1 with TFIIH.
    掲載誌名:J Mol Biol.
    掲載誌 発行年月:2016年12月
    著者氏名(共著者含):Okuda M., Araki K., Ohtani K., Nishimura Y.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Association between tensin 1 and p130Cas at focal adhesions links actin inward flux to cell migration.
    掲載誌名:Biol Open.
    掲載誌 発行年月:2016年04月
    著者氏名(共著者含):Zhao Z., Tan S. H., Machiyama H., Kawauchi K., Araki K., Hirata H., Sawada Y.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月
    研究題目:悪性がん細胞におけるミトコンドリアの品質管理機構の解明と増殖抑制法の開発

  • 研究種目:研究活動スタート支援
    研究期間:2015年08月 ~ 2017年03月
    研究題目:がん細胞におけるmRNAの四重鎖形成による転写因子E2F3の発現制御機構

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2017年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:基礎医化学入門

    授業形式:代表者