基本情報

写真b

菅原 伸康

SUGAWARA Nobuyasu

所属
教育学部 教育学科
研究分野・キーワード
知的障害, 重複障害, 学習障害
研究概要
・知的障害や学習障害の子どもの「ことば・文字・数」の基礎学習教材の開発と製作
・重複障害の子どもの教育支援機器の開発と製作
・この自作教材・支援機器を使用しての知的障害・学習障害・重複障害の子どもへの成長・発達支援の長期実践事例研究
を研究活動の中心にすえています。

また、これらに加え、学習障害等発達障害の子どもを含めた「集団での授業づくり」や「個別指導」など、幼稚園や小学校、中学校の担任教師が悩んでいることに対してのコンサルテーションや協働・連携による授業づくり・学校づくりも行っています。

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:福井大学
    学部等名:教育学研究科
    学科等名:障害児教育専攻

    修了課程:修士課程
    修了年月:2005年03月
    修了区分:修了
    国名:日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(教育学)
    分野名:人文・社会 / 特別支援教育
    授与機関名:福井大学
    取得方法:課程
    取得年月:2005年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:教育学部 教育学科
    職名:教授
    年月:2015年04月 ~ 継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本特殊教育学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本保育学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本発達心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本質的心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:関西教育学会

    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 特別支援教育

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:高等部における重度・重複障害のある生徒の生活単元学習のあり方に関する実践的検討-京都府立城陽支援学校重心教育部を例に-
    誌名:関西学院大学教育学論究  9-2号  (頁 119 ~ 125)
    出版年月:2017年12月
    著者:菅原伸康、渡邉照美、本出哲子、片野義一

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:障碍の重い子どもの「授業再考」-教育的係わり合いにおける実践事例からの考察-
    誌名:関西学院大学教育学論究  8号  (頁 73 ~ 81)
    出版年月:2016年12月
    著者:菅原伸康、渡邉照美

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:知的に障害のある幼児と相互信頼関係構築を目指した教育的係わり合い-前担任と現担任のパートナーシップによるコラボレーションを基盤に-
    誌名:障害児教育学研究  16巻  1・2号  (頁 1 ~ 9)
    出版年月:2014年03月
    著者:菅原伸康、阿部真澄

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:学習障害児に対する学習支援原則の抽出-カタカナ学習の実践記録の分析-
    誌名:仙台白百合女子大学人間発達研究センター紀要  8号  (頁 49 ~ 62)
    出版年月:2013年03月
    著者:菅原伸康、砂田信夫、氏家靖浩

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著
    専門分野:人文・社会 / 特別支援教育

  • 記述言語:日本語
    タイトル:知的に障害のある幼児と相互信頼関係構築を目指した教育的係わり合い-前担任と現担任のパートナーシップによるコラボレーションを基盤に-
    誌名:障害児教育学研究  15巻  1・2号  (頁 1 ~ 9)
    出版年月:2013年03月
    著者:阿部真澄、菅原伸康

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著
    専門分野:人文・社会 / 特別支援教育

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:身近に考える人権
    出版者・発行元:ミネルヴァ書房
    発行年月:2022年03月
    著者:高井由起子他

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:障碍のある子どものための教育と保育⑤物語で読む障碍のある子どもの家族のレジリエンス
    出版者・発行元:ミネルヴァ書房
    発行年月:2021年03月
    著者:菅原伸康 渡邉照美

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:新しい教職教育講座教職教育編5特別支援教育
    出版者・発行元:ミネルヴァ書房
    発行年月:2018年11月
    著者:菅原伸康、久保富三夫、砂田信夫、宮坂朋幸、古市文章、笹田茂樹、山﨑由可里、二宮衆一、初田幸隆、松尾裕子、大橋忠司、岡田敏之、小松茂

    著書種別:学術書
    担当範囲:第3章第1節特別支援教育課程
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:障碍のある子どものための教育と保育④図で学ぶ障碍のある子どものための「文字・数」学習
    出版者・発行元:ミネルヴァ書房
    発行年月:2018年04月
    著者:菅原伸康、渡邉照美

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:新しい教職教育講座教職教育編2教職論
    出版者・発行元:ミネルヴァ書房
    発行年月:2018年04月
    著者:菅原伸康、久保富三夫、砂田信夫、宮坂朋幸、古市文章、笹田茂樹、山﨑由可里、二宮衆一、初田幸隆、松尾裕子、大橋忠司、岡田敏之、小松茂

    著書種別:学術書
    担当範囲:第9章特別支援教育~実施10年の成果とこれから~
    担当区分:共著

全件表示 >>

  • 障碍のある子どものための教育と保育⑤物語で読む障碍のある子どもの家族のレジリエンス

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2020年04月 ~ 2024年03月
    タイトル:支援ニーズのある高校生のセルフアドボカシースキル向上プログラムの開発

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月
    タイトル:障がい児者の家族成員の個と関係性のアイデンティティ様態に関する研究

      外部サイトへのリンクを表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本質的心理学会第13回大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2016年09月
    開催地:名古屋市立大学
    タイトル:障がいのある子どもの家族のレジリエンス
    会議種別:ポスター発表

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本質的心理学会第12回大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2015年10月
    開催地:宮城教育大学
    タイトル:障がい児育児サークル代表者のアイデンティティに関する縦断的研究
    会議種別:ポスター発表

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本質的心理学会第11回大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2014年10月
    開催地:松山大学
    タイトル:障がい児(者)の母親がきょうだいのキャリア選択に与える影響ー母子間の思いの共通性とズレに着目してー
    会議種別:ポスター発表

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本発達心理学会第25回大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2014年03月
    開催地:京都大学
    タイトル:障がい児の母親のライフコース選択時の心理変容プロセス
    会議種別:ポスター発表

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本質的心理学会第10回大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2013年08月
    開催地:立命館大学
    タイトル:障がいのある子どもを育てる中での家族のライフコース選択プロセスの変容
    会議種別:ポスター発表

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学研究科前期

    授業科目名:修士論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:卒業研究

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学研究科前期

    授業科目名:教育学研究演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学研究科前期

    授業科目名:教育学研究演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:教育学研究演習I

    授業形式:代表者

全件表示 >>

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:聖和キャンパス実習支援室長
    活動期間:202104(年月) ~ 202303(年月)

  • 活動名称:学生活動支援機構総合支援センター委員
    活動期間:201704(年月) ~ 202303(年月)

  • 活動名称:学部長補佐
    活動期間:201704(年月) ~ 201903(年月)

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:201604(年月) ~ 201703(年月)

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • タイトル:社会福祉法人花ノ木花ノ木医療福祉センター児童発達支援センター研修会
    年月:2022年02月

    概要:花ノ木医療福祉センター児童発達支援センターで、「障碍のある子どもの課題学習・集団活動の考え方」のテーマで、職員20名に、スーパーバイズを行った。

  • タイトル:兵庫県立考古博物館古代体験研究フォーラム2021
    年月:2022年01月

    概要:ZOOMミーティングで、「知的障碍のある子どもの理解と支援の在り方」のテーマで、学芸員等、100名に、講義を行った。

  • タイトル:京田辺市特別支援教育研究会コーディネーター部研修
    年月:2022年01月

    概要:ZOOMミーティングで、「特別支援教育コーディネーターについて~役割や保護者への配慮、つながり~」のテーマで、幼稚園・小学校・中学校教諭40名に、講義を行った。

  • タイトル:2021年度担当者研修「新任特別支援学級担当教員等研修」(兵庫県 中学校編)
    年月:2021年12月

    概要:兵庫県福祉センター1階多目的ホールで「知的障害教育の応用」のテーマで、中学校新任特別支援学級担当教員100名に、講義を行った。

  • タイトル:2021年度担当者研修「新任特別支援学級担当教員等研修」(兵庫県 小学校編)
    年月:2021年11月

    概要:兵庫県立教育研修所で「知的障害教育の応用」のテーマで、小学校新任特別支援学級担当教員100名に、講義を行った。

全件表示 >>