基本情報

写真b

猪股 健太郎

INOMATA Kentaro

職名
特任助教
研究分野・キーワード
認知心理学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:関西大学
    研究科名:心理学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:2014年09月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(心理学)
    学位の分野名:実験心理学
    学位授与機関名:関西大学
    取得方法:課程
    取得年月:2014年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 理工学部
    経歴名:特任助教
    職務期間:2015年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:奈良芸術短期大学
    経歴名:非常勤講師
    経歴期間:2011年04月 ~ 2015年03月

  • 所属(勤務)先名:奈良県立大学
    経歴名:非常勤講師
    経歴期間:2012年04月 ~ 2015年03月

  • 所属(勤務)先名:大阪経済大学
    経歴名:非常勤講師
    経歴期間:2013年04月 ~ 2015年03月

  • 所属(勤務)先名:甲南女子大学
    経歴名:非常勤講師
    経歴期間:2014年04月 ~ 2015年03月

  • 所属(勤務)先名:関西大学
    経歴名:研究員
    経歴期間:2014年10月 ~ 2015年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本基礎心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本認知心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本認知科学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本デザイン学会

    学会所在国:日本国

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:日本語版嗅覚イメージ鮮明度質問紙作成の試み
    掲載誌名:パーソナリティ研究  27巻  1号  (頁 87 ~ 89)
    掲載誌 発行年月:2018年07月
    著者氏名(共著者含):山本 晃輔, 猪股 健太郎, 須佐見 憲史, 綾部 早穂

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:印象を実現するデザイン行為インデックスを用いたオンラインパーソナライゼーションの支援
    掲載誌名:映像情報メディア学会技術報告  42巻  2号  (頁 1 ~ 4)
    掲載誌 発行年月:2018年02月
    著者氏名(共著者含):佐藤暢,猪股健太郎,荷方邦夫,長田典子

    掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:コンセプトから連想される対象とその特徴の呈示によるデザイン支援
    掲載誌名:デザイン学研究  63巻  5号  (頁 69 ~ 74)
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):猪股健太郎, 李奈栄, 荷方邦夫, 長田典子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:匂い手がかりによって無意図的に想起された自伝的記憶の機能
    掲載誌名:日本味と匂学会誌  23巻  2号  (頁 115 ~ 123)
    掲載誌 発行年月:2016年12月
    著者氏名(共著者含):山本晃輔,猪股健太郎,富高智成

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:境界拡張におけるマルチソース・モデルに関する検討 : 虚偽記憶およびソースモニタリング・エラーの個人差との関連から
    掲載誌名:基礎心理学研究  32巻  2号  (頁 200 ~ 206)
    掲載誌 発行年月:2014年03月
    著者氏名(共著者含):猪股健太郎

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:感性,感情の共有と集中 図説 教養心理学
    出版機関名:ナカニシヤ出版
    発行年月:2016年04月
    著者氏名(共著者含):猪股 健太郎

    著書種別:教科書
    著書形態:分担執筆

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:若手研究(B)
    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月
    研究題目:視覚教材における最適な物体描写に関する基礎的研究

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:日本認知心理学会
    役職・役割名:第16回大会 準備委員
    活動期間:2018年

  • 学会・委員会:日本顔学会
    役職・役割名:第22回 日本顔学会大会 準備委員
    活動期間:2017年

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:京都市立堀川高等学校 総合探究 心理学テーマ 指導員
    活動期間:2011年04月 ~ 2012年03月