基本情報

写真b

寺沢 拓敬

TERASAWA TAKUNORI


出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京都立大学
    学部(学系)名:人文学部
    学科・専攻等名:心理教育学科教育学専攻

    学校の種類:大学
    卒業年月:2004年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東京大学
    研究科名:総合文化研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:2013年03月
    修了区分:単位取得満期退学
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(学術)
    学位の分野名:外国語教育
    学位授与機関名:東京大学
    取得方法:課程
    取得年月:2013年04月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本教育社会学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本英語教育史学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:中部地区英語教育学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:関東甲信越英語教育学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:全国英語教育学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):教育社会学

  • 専門分野(科研費分類):言語学

  • 専門分野(科研費分類):外国語教育

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:戦後および現代日本社会における英語観の実証的研究

    研究期間:2014年04月 ~ 2016年03月
    研究態様(個人・共同別)区分:未設定
    研究制度:その他の研究制度

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:その他外国語
    論文題目名:「新制中学校英語の『事実上の必修化』成立に関する実証的検討:《国民教育》言説および社会構造の変化との連関を中心に」
    掲載誌名:東京大学総合文化研究科2013年度博士学位論文
    学位授与年月:2013年
    著者氏名(共著者含):寺沢拓敬

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:その他外国語
    論文題目名:The contradictory effect of the ‘global’ on the ‘local’: Japanese behaviour and attitudes towards English use in local contexts
    掲載誌名:Globalisation, Societies and Education  Online First巻  (頁 1 ~ 12)
    掲載誌 発行年月:2017年07月
    著者氏名(共著者含):寺沢拓敬

    DOI:http://dx.doi.org/10.1080/14767724.2017.1335595
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Has socioeconomic development reduced the English divide? A statistical analysis of access to English skills in Japan
    掲載誌名:Journal of Multilingual and Multicultural Development  Online First巻  (頁 1 ~ 15)
    掲載誌 発行年月:2016年08月
    著者氏名(共著者含):寺沢拓敬

    DOI:10.1080/01434632.2016.1221412
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:小学校英語をめぐる保護者の態度の計量分析
    掲載誌名:関東甲信越英語教育学会学会誌  30号  (頁 99 ~ 112)
    掲載誌 発行年月:2016年03月
    著者氏名(共著者含):寺沢拓敬

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:その他外国語
    論文題目名:日本社会は「英語化」しているか?―2000年代後半の社会調査の統計分析から
    掲載誌名:関東甲信越英語教育学会学会誌  28号  (頁 97 ~ 108)
    掲載誌 発行年月:2014年03月
    著者氏名(共著者含):寺沢 拓敬

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:その他外国語
    論文題目名:「新制中学校英語の『事実上の必修化』成立に関する実証的検討:《国民教育》言説および社会構造の変化との連関を中心に」
    掲載誌名:東京大学総合文化研究科2013年度博士学位論文
    掲載誌 発行年月:2013年
    著者氏名(共著者含):寺沢拓敬

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:小学校で英語を教えるためのミニマム・エッセンシャルズ : 小学校外国語科内容論
    出版機関名:三省堂
    発行年月:2017年06月
    著者氏名(共著者含):寺沢拓敬

    著書種別:単行本(一般書)
    担当部分:第11章 現代社会における英語
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:これからの英語教育の話をしよう
    出版機関名:ひつじ書房
    発行年月:2017年
    著者氏名(共著者含):藤原 康弘, 仲 潔, 寺沢 拓敬

    著書種別:単行本(一般書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:「日本人と英語」の社会学 : なぜ英語教育論は誤解だらけなのか
    出版機関名:研究社
    発行年月:2015年
    著者氏名(共著者含):寺沢 拓敬

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:その他外国語
    著書名:外国語教育〈5〉一般教育における外国語教育の役割と課題
    出版機関名:朝日出版社
    発行年月:2014年02月
    著者氏名(共著者含):寺沢拓敬

    著書種別:その他
    担当部分:第18章 日本社会における英語使用の必要性---社会統計に基づく英語教育政策/目的論の検討
    著書形態:その他

  • 記述言語:日本語
    著書名:「なんで英語やるの?」の戦後史 : 《国民教育》としての英語、その伝統の成立過程
    出版機関名:研究社
    発行年月:2014年
    著者氏名(共著者含):寺沢 拓敬

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:第6回 学会奨励賞(著書の部)
    受賞年月:2015年09月
    受賞国:その他
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:日本教育社会学会
    受賞者・受賞グループ名:寺沢拓敬

  • 受賞学術賞名:第1回 国際活動奨励賞
    受賞年月:2013年09月
    受賞国:その他
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:日本教育社会学会
    受賞者・受賞グループ名:寺沢拓敬

  • 受賞学術賞名:SSJDA2012年度優秀論文賞
    受賞年月:2013年02月
    受賞国:その他
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:東京大学社会科学研究所
    受賞者・受賞グループ名:寺沢拓敬

  • 受賞学術賞名:Asia TEFL 2009年国際大会トラベルグラント
    受賞年月:2009年08月
    受賞国:その他
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:Asia TEFL
    受賞者・受賞グループ名:寺沢拓敬

  • 受賞学術賞名:日本版総合的社会調査(JGSS)公募論文2008優秀論文
    受賞年月:2008年06月
    受賞国:日本国
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:大阪商業大学JGSSリサーチセンター
    受賞者・受賞グループ名:寺沢拓敬

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:研究成果公開促進費・学術図書
    研究期間:2016年04月 ~ 2017年03月
    研究題目:Rethinking English-Language Education in Japan

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:その他外国語
    会議名称:中部地区英語教育学会2017年度大会課題別研究プロジェクト「英語教育におけるエビデンス」
    会議区分:国内会議
    開催期間:2017年06月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:因果効果を推定するとはどういうことか:小学校英語を事例として
    発表形態:その他

  • 発表(記述)言語:その他外国語
    会議名称:中部地区英語教育学会2017年度大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2017年06月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:小学校英語学習経験の中期的効果:エビデンス・ベースト・アプローチに基いて
    発表形態:その他

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:言語文化教育研究学会第三回年次大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2017年02月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:言語教育政策研究のあり方:語教育政策研究を事例として(シンポジウム「言語文化教育のポリティクス」))
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:外国語教育メディア学会メソドロジー研究部会2016年度第3回研究会(関西大学梅田キャンパス)
    会議区分:国内会議
    開催期間:2016年12月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:英語教育学におけるマイナーなメソドロジー:歴史・二次分析・エスノグラフィー・批判的アプローチ
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:社会言語科学会第38回大会(京都外国語大学)
    会議区分:国内会議
    開催期間:2016年09月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:ワークショップ「言語イデオロギー研究の射程と可能性」
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:English Communication A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:English Communication A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:English Communication A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:English Communication C

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2018年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:English Communication C

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:人権教育科目・運営委員
    活動期間:2016年04月 ~ 2017年03月