基本情報

写真b

瀧 久範

TAKI HISANORI

職名
教授
研究分野・キーワード
民法、不当利得、契約
研究概要
 不当利得法とは、例えば契約が無効であるにもかかわらず履行された場合や、ある人の財産が他人により無権限で利用された場合のように、ある人の財産的利益の変動に法律上の原因がない場合において、それをあるべき状態に回復させるルールです。不当利得の一般規定は私法の一般法である民法に置かれていますが、不当利得法は、商法や消費者契約法といったその他の私法でも問題となるだけでなく、税の過誤納など公法においても問題となる法分野です。現在では、この法分野を統一的に把握するのではなく、類型ごとにその内容を考察していくのが主流となっているところ、私は、その中でも契約の清算に関する規律のあり方について研究しています。具体的には、多数当事者関係、不法原因給付、解除法との調整といった問題を、ドイツ法を中心に欧米各国の諸法や、共通参照枠草案などの国際的なモデル準則と日本法を比較しながら検討しています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都大学
    学部(学系)名:法学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:2001年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:京都大学
    研究科名:法学研究科

    修了課程:修士課程
    修了年月:2003年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

  • 大学院名:京都大学
    研究科名:法学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:2008年03月
    修了区分:単位取得満期退学
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(法学)
    学位の分野名:民事法学
    学位授与機関名:京都大学
    取得方法:課程
    取得年月:2003年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 法学部
    経歴名:准教授
    職務期間:2016年04月 ~ 2018年03月

  • 職務遂行組織:関西学院大学 法学部
    経歴名:教授
    職務期間:2018年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:姫路獨協大学法学部
    経歴名:専任講師
    経歴期間:2008年04月 ~ 2010年03月

  • 所属(勤務)先名:香川大学法学部
    経歴名:准教授
    経歴期間:2010年04月 ~ 2016年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本私法学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:比較法学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):民事法学

  • 専門分野(科研費分類):公法学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:不当利得の一般規定と類型論
    掲載誌名:法学教室  478号  (頁 13 ~ 17)
    掲載誌 発行年月:2020年07月
    著者氏名(共著者含):瀧 久範

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:債権譲渡における三角関係型不当利得論―ドイツ連邦通常裁判所および連邦税務裁判所の諸判決の分析―(1)
    掲載誌名:法と政治  69巻  2号  (頁 793 ~ 823)
    掲載誌 発行年月:2018年08月
    著者氏名(共著者含):瀧 久範

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:不法原因給付と横領罪と贈賄罪
    掲載誌名:加藤新太郎ほか編『21世紀民事法学の挑戦―加藤雅信先生古稀記念(下巻)』  (頁 513 ~ 526)
    掲載誌 発行年月:2018年04月
    著者氏名(共著者含):瀧 久範

    掲載種別:共著図書所収論文
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:続・三角関係型不当利得とドイツ民法675u条
    掲載誌名:法と政治  68巻  2号  (頁 317 ~ 341)
    掲載誌 発行年月:2017年08月
    著者氏名(共著者含):瀧 久範

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:ユニドロワ国際商事契約原則2010年版における不法原因給付規定
    掲載誌名:小田敬美ほか編・三谷忠之先生古稀祝賀『市民生活と現代法理論』  (頁 177 ~ 194)
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):瀧 久範

    掲載種別:共著図書所収論文
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:民法入門ノート
    出版機関名:法律文化社
    発行年月:2019年10月
    著者氏名(共著者含):渡邊 力編,大西邦弘,瀧 久範 他

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:新・判例ハンドブック 債権法Ⅰ
    出版機関名:日本評論社
    発行年月:2018年03月
    著者氏名(共著者含):潮見 佳男,山野目 章夫,山本 敬三,窪田 充見編著

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:判例プラクティス 民法Ⅰ総則・物権
    出版機関名:信山社
    発行年月:2010年03月
    著者氏名(共著者含):松本 恒雄,潮見 佳男編

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:2019年学界回顧 民法・財産法
    出版機関名:日本評論社
    掲載誌名:法律時報  91巻  13号  (頁 65 ~ 92)
    掲載誌 発行年月:2019年
    著者氏名(共著者含):田高 寛貴,熊谷 士郎,伊藤 栄寿,高 秀成,谷江 陽介,瀧 久範

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:2018年学界回顧 民法・財産法
    出版機関名:日本評論社
    掲載誌名:法律時報  90巻  13号  (頁 63 ~ 90)
    掲載誌 発行年月:2018年
    著者氏名(共著者含):田高 寛貴,熊谷 士郎,伊藤 栄寿,高 秀成,谷江 陽介,瀧 久範

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:2017年学界回顧 民法・財産法
    出版機関名:日本評論社
    掲載誌名:法律時報  89巻  13号  (頁 69 ~ 92)
    掲載誌 発行年月:2017年
    著者氏名(共著者含):田高 寛貴,熊谷 士郎,伊藤 栄寿,高 秀成,谷江 陽介,瀧 久範

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:(共訳)クリスチアンネ・C・ヴェンデホルスト著「不当利得―比較法的考察を踏まえて」
    掲載誌名:川角由和・中田邦博・松岡久和・潮見佳男編『ヨーロッパ私法の展望と日本民法典の現代化』  (頁 151 ~ )
    掲載誌 発行年月:2016年
    著者氏名(共著者含):吉永 一行,瀧 久範,村田 大樹,渡邊 力,松岡 久和(共訳)、松岡 久和(監訳)

    掲載種別:その他記事
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:国際的モデル準則における不法原因給付規定
    掲載誌名:中四国法政学会学会誌  4号  (頁 34 ~ )
    掲載誌 発行年月:2016年
    著者氏名(共著者含):瀧 久範

    掲載種別:研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
    共著区分:単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2018年04月 ~ 2022年03月
    研究題目:不法原因給付論の比較法的研究

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2018年04月 ~ 2022年03月
    研究題目:不法原因給付論の比較法的研究

  • 研究種目:若手研究(B)
    研究期間:2015年04月 ~ 2017年03月
    研究題目:税法上の不当利得の類型論的位置づけ

  • 研究種目:若手研究(B)
    研究期間:2010年04月 ~ 2014年03月
    研究題目:三角関係型不当利得の国際的動向

  • 研究種目:基盤研究(A)
    研究期間:2008年04月 ~ 2011年03月
    研究題目:不当利得法の国際的現状と課題

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:中四国法政学会第56回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2015年10月
    開催場所:岡山大学
    題目又はセッション名:国際的モデル準則における不法原因給付規定
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本私法学会第75回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2011年10月
    開催場所:神戸大学
    題目又はセッション名:三角関係型不当利得における事実上の受領者の保護
    発表形態:口頭(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:スタートアップ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:スタートアップ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:リサーチ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:リサーチ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:基本演習

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:西宮市入札監視委員会
    役職・役割名:委員
    活動期間:2020年01月 ~ 継続中