基本情報

写真b

宗前 清貞

SOMAE KIYOSADA

職名
准教授
生年
1964年
研究分野・キーワード
公共政策、医療制度
研究概要
国や地方自治体が策定し、実施する一連の問題解決技法を「公共政策」と呼びますが、私は公共政策がどのように作られ、またどのように変化するか、あるいは変化しないか、を研究しています。国民の必要性は最も重要な要素ですが、お金の有無や用意できる額の多寡、見通しの付きやすさ、今までの制度との整合性など、公共政策が新たに作られたり、あるいは変化させたりするのはかなりいろいろなことを考慮して決めています。

私は、命に関わるという意味で多くの国民が関心を持ち、しかしそれを実際に運営するのはプロの手に任せるしかない、という政策領域である医療政策・医療制度を研究しています。非常に長い時間をかけて、ゆっくりと少しずつ変化してきた、この政策の変化は、人間の知恵と工夫を感じられる点で、学ぶところが多い領域だと思っています。
ホームページ
SDGs 関連ゴール

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東北大学
    学部(学系)名:法学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:1990年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東北大学
    研究科名:法学研究科
    専攻名:政治学専攻

    修了課程:修士課程
    修了年月:1993年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

  • 大学院名:東北大学
    研究科名:法学研究科
    専攻名:政治学専攻

    修了課程:博士課程
    修了年月:1999年09月
    修了区分:単位取得満期退学
    所在国:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:カリフォルニア大学アーバイン校
    経歴名:協定留学大学院生
    留学期間:1994年09月 ~ 1995年06月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:法学士
    学位の分野名:政治学
    学位授与機関名:東北大学
    取得方法:課程
    取得年月:1990年03月

  • 学位名:修士(法学)
    学位の分野名:政治学
    学位授与機関名:東北大学
    取得方法:課程
    取得年月:1993年03月

  • 学位名:博士(法学)
    学位の分野名:政治学
    学位授与機関名:東北大学
    取得方法:論文
    取得年月:2020年02月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 総合政策学部
    経歴名:准教授
    職務期間:2016年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:大阪薬科大学
    所属部署名:総合科学系
    経歴名:教授
    経歴期間:2013年04月 ~ 2016年03月

  • 所属(勤務)先名:琉球大学
    所属部署名:法文学部
    経歴名:准教授
    経歴期間:1999年10月 ~ 2013年03月

  • 所属(勤務)先名:財団法人ふくしま自治研修センター
    所属部署名:教務部
    経歴名:教授
    経歴期間:1996年04月 ~ 1999年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本政治学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本行政学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本公共政策学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:関西行政学研究会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):政治学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:地方政府と医療行政:政府間関係における政策の展開
    掲載誌名:大阪薬科大学紀要  13号  (頁 57 ~ 77)
    掲載誌 発行年月:2019年03月
    著者氏名(共著者含):宗前清貞

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:戦中期の医療体制整備と戦後医療政策の展開
    掲載誌名:大阪薬科大学紀要  9号  (頁 19 ~ 33)
    掲載誌 発行年月:2015年03月
    著者氏名(共著者含):宗前 清貞

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:行政に対する「期待値」の背景-政治変容と改革理念の相関-
    掲載誌名:季刊行政相談  144号  (頁 46 ~ 51)
    掲載誌 発行年月:2015年02月
    著者氏名(共著者含):宗前 清貞

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:補助線としての雇用―福祉レジーム論の批判的検討―
    掲載誌名:レヴァイアサン  53号  (頁 117 ~ 124)
    掲載誌 発行年月:2013年10月
    著者氏名(共著者含):宗前 清貞

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:行政改革は福祉政策に何をもたらしたか
    掲載誌名:政策科学・国際関係論集  15号  (頁 61 ~ 90)
    掲載誌 発行年月:2013年03月
    著者氏名(共著者含):宗前 清貞

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:日本医療の近代史:制度形成の歴史分析
    出版機関名:ミネルヴァ書房
    発行年月:2020年03月
    著者氏名(共著者含):宗前清貞

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:政策と地域 (これからの公共政策学 4)
    出版機関名:ミネルヴァ書房
    発行年月:2020年04月
    著者氏名(共著者含):焦従勉, 藤井誠一郎, 永松伸吾, 永田尚三, 宗前清貞, 中井歩, 的場信敬

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:第3章 医療行政における地方政府:医療性dの変化とその対応
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:現代日本政治の争点
    出版機関名:法律文化社
    発行年月:2013年11月
    著者氏名(共著者含):宗前 清貞

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:専門性の政治過程:現代政治における医療政策の位相
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:専門知と政治
    出版機関名:早稲田大学出版部
    発行年月:2009年07月
    著者氏名(共著者含):宗前 清貞

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:医療政策における専門知の形成と機能
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:政策開発―調査・立案・調整の能力
    出版機関名:ぎょうせい
    発行年月:1998年04月
    著者氏名(共著者含):宗前 清貞

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:職員研修における政策研修の進め方
    著書形態:分担執筆

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月
    研究題目:福祉国家と地方政府:地方行政の総合化と母子保健

    研究内容:研究は特に問題なく進展している。2018年度は主に地方政府における公衆衛生行政の萌芽と発達について研究した。1930年代後半には、厚生省の分離独立、保健所の創設、そして保健婦制度の創設と市町村配置が行われているが、これらは高度国防国家化の一環として展開された、軍事色の強い政策ではあった。
    <BR>
    ただし、保健婦は中等教育卒業に加えて三年以上の専門教育を前提とするなど、当時の女性の標準的なキャリアから考えればかなり高度な資格として設定されていた。こうした職員が市町村レベルで配備されたことで、結核予防・治療と周産期保健の向上に一定の成果を得る事になった上に、市町村行政の範囲が拡大し、いわゆる「総合行政化」が進んでいったのである。
    <BR>
    これらの研究は、2019年3月に論文「地方政府と医療行政-政府間関係における政策の展開-」(『大阪薬科大学紀要13号』)として公刊した。また、この歴史的研究を編み込んで、現代の地方政府における医療行政について総合的に論じた教科書『政策と地域 第3章』(ミネルヴァ書房、近刊)も執筆した。さらに近々公刊を予定している単著『医療制度の歴史分析(仮題)』(出版社未定)の第3章及び第4章に研究成果を反映させ、医療制度の歴史的展開について学術的な貢献を行った。

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2012年04月 ~ 2016年03月
    研究題目:戦後日本の医療政策概観:福祉国家研究における特異な政策領域として

    研究内容:医療は、疾病・老化・失業などの生活リスクを防止する、福祉国家において不可欠の機能であり、社会保障制度による経済的アクセスの保障と、医療サービス自体の充実が重要とされた。そのため戦後日本社会では量的拡張が積極的に展開された。
    本研究はその原点が戦中期(1930-1945年)にあり、特に医師養成の拡大や福祉行政における市町村の主体化(総合化)が主因であることを提起した。歴史的には医療が稀少でなかったことは無いが、わが国の場合特に戦中期の軍国主義的拡張が、充分な発達を遂げる前にリベラルな福祉機能へ転化したため、早期の皆保険化など医療面の充実をもたらしたのである。

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2011年
    研究題目:一党優位体制の功罪-自民党政権そしてその後

    研究内容:自民党一党優位体制が終焉したことは、その正確な時期をめぐっては議論の余地はあるものの、ほぼ間違いない。そこで、政権交代が起こったという事実を前に、自民党政権とはどのような政権であったのかを検討した。研究成果は政治学会年報2012年I『自民党と政権交代』」として近く出版される。

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2008年 ~ 2010年
    研究題目:医療政策における専門情報の基礎的検討

    研究内容:この研究は、医療政策における(特に医師など独占的な)専門知識が、制度変化期の政策形成にどれほど影響力を有しているか解明しようと試みた。社会経済的変化は医療システムと知識の優越性の双方を規定し、一定の条件が揃えば非専門家が専門性の高い領域における政策変更を成し遂げることが理解できた。

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2007年 ~ 2008年
    研究題目:政府間ガバナンスの変容に関する研究

    研究内容:本研究は、日本における90年代以降の政府間ガバナンス(地方政府相互間、中央政府と地方政府間、地方政府とNPOなど)がどのように変容したのかについて、人的側面、財政的側面など諸側面からの分析を行うと共に、いくつかの政策領域について、政策面からの切り口で実態を明らかにしようとした。後述するいつくかの著書や論文の公表でその目的は達成されたと考えられる。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:宇流麻学術研究助成基金
    研究期間:2006年07月 ~ 2007年03月
    研究題目:政策情報の特性に関する基礎的検討

    資金支給機関名:公益信託 宇流麻学術研究助成基金

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:卒業論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:基礎演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:政策評価論

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:政策評価論

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:総合政策学部

    授業科目名:研究演習I

    授業形式:代表者

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 授業科目名:公共政策学総論
    機関名:琉球大学

  • 授業科目名:地方自治論
    機関名:琉球大学, 沖縄大学

  • 授業科目名:政治学方法論
    機関名:神戸大学国際協力研究科

  • 授業科目名:政治過程論
    機関名:琉球大学

  • 授業科目名:政策評価研究
    機関名:琉球大学

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:副学部長(学生担当)補佐
    活動期間:2020年04月 ~ 継続中

  • 活動名称:学部長室委員
    活動期間:2017年04月 ~ 2019年03月

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:復興支援 女川中学 職業体験キャンプ
    活動期間:2012年01月 ~ 2015年09月

    活動内容:東日本大震災の被害が宮城県沿岸部できわめて甚大だった牡鹿郡女川町の中学生が、就業体験を首都圏で、しかも広い業種から行うことをサポートする活動。