基本情報

写真b

渥美 裕之

ATSUMI HIROYUKI

研究分野・キーワード
グローバル化と日本、イノベーション、総合商社
研究概要
永年、総合商社で国内外のビジネスに携わってきましたので、そこで培った様々な実務や現場の経験を、大学で蓄積され、生み出される知や理論と体系的に融合する取組みを進めることが大きな目標です。

現在、世界の多極化や技術革新が進む一方、少子高齢化や市場の成熟化に直面する日本や日本企業において、グローバル化への対応、イノベーションの推進が政策や経営戦略の重要なテーマになっています。その状況を背景に、グローバル化やイノベーションの本質・実態・課題を見極めた上、日本や日本企業が新たな成長の為に目指すべき方向性、取るべき対応や打ち手などを明らかにしてゆきます。また、変化への対応が求められている日本の産業や企業の状況をふまえ、大学に期待される人材育成やその方法論について、考察を深め、実践に努めたいと考えています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:早稲田大学
    学部(学系)名:政治経済学部
    学科・専攻等名:政治学科

    学校の種類:大学
    卒業年月:1979年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:学士
    学位の分野名:政治学
    学位授与機関名:早稲田大学
    取得方法:課程
    取得年月:1979年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:三菱商事株式会社
    所属部署名:業務企画室、技術部、企画部、国際戦略研究所、イノベーションセンター、関西支社、米国三菱商事
    経歴名:職員(事務系)
    経歴期間:1979年04月 ~ 2016年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):経済政策

 

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 「グローバル化と日本」というテーマに関し、特に昨今注目が集まっている日本の地方におけるインバウンド観光の実態、及び今後の方向性に関する調査・研究を実施している。具体的には、ゼミの活動とも連動を図り、留学経験を持つ学生の意識や発想も活かしながら、インバウンド観光に伴なう課題の検証、更に課題解決に向けた新たな方向性や対応の提案を行っている。既に実績例として、実務家教員である経験やネットワークを活用した上、1)鳥取県西部地域と島根県東部地域を舞台にした地元経済団体と連携したインバウンド観光振興の取組み、及び2)京都市や京都在企業と連携したインバウンド観光客へのヒアリング調査を課題の洗出しや提案を実施している。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:Introduction to ASEAN:Society,Economy,and Politics A (Short-term Version)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:国際学研究科前期

    授業科目名:アメリカ政治社会

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:ライフ・デザイン入門

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:卒業論文

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:国際政治経済論

    授業形式:代表者

全件表示 >>