基本情報

写真b

Mark Donnellan

Mark Donnellan

研究分野・キーワード
TBLT, CALL, Corpus Linguistics
研究概要
My research interests are Task-based Learning and Teaching (TBLT), Corpus Linguistics and Computer Assisted Language Learning (CALL). Specifically, my research focuses on adapting TBLT to the Japanese university context in order to better motivate and teach Japanese learners of EFL and on using corpus data to teach collocations and to contrast Learners’ L1 with their L2. Additionally, I am interested in blended learning that integrates CALL into traditional classroom settings in a way that alleviates learner anxiety in relation to the use of technology.

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(文学)
    学位の分野名:英語学
    学位授与機関名:イギリス バーミンガム大学院
    取得方法:論文
    取得年月:2013年12月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):外国語教育

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Student uses and preferences of technology in the Japanese STEM classroom – PCs and smartphones.
    掲載誌名:Proceedings of IAC 2018 in Budapest  (頁 56 ~ 65)
    掲載誌 発行年月:2018年03月
    著者氏名(共著者含):Jolley, K. & Donnellan, M.

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)
    担当部分:60-65
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:An Introduction to Using Corpora with EFL Learners
    掲載誌名:CILC2016. 8th International Conference on Corpus Linguistics, EPiC Series in Language and Linguistics  1巻  (頁 79 ~ 87)
    掲載誌 発行年月:2016年11月
    著者氏名(共著者含):Donnellan, M.

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)
    担当部分:all
    共著区分:単著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Culture and Society

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Culture and Society

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Language and Communication

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Language and Communication

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Skills-based English(TOEIC)

    授業形式:代表者

全件表示 >>