基本情報

写真b

堀 敬一

HORI Keiichi

所属
経済学部
研究分野・キーワード
金融経済学, 産業組織, マクロ経済学, 金融経済学, マクロ経済学, 産業組織, Financial Economics, Macroeconomics, Industrial Organization
研究概要
 私の主な研究上の専門領域は金融経済学、あるいはファイナンスに分類されると思いますが、基本的にその関心は、不確実性が存在する状況における企業や家計の行動を分析することにあります。そこで金融経済学に限らず、その考え方をマクロ経済学や産業組織の分野に応用した研究も行ってきました。研究課題によってアプローチは異なるが、理論的な分析をすることもあれば、日本のデータを用いて実証分析を行う場合もあります。
 比較的最近取り組んでいるのは、動学的な契約理論の連続時間モデルを用いて、企業金融に関する理論的な分析です。こうした分析から、企業の資金調達手法、経営者の報酬体系、企業の設備投資などを統一した枠組みで考察することができます。またこうした理論的な分析から得られた含意を、日本企業のデータを用いて実証的に分析することにも関心を持っています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:大阪大学
    学部(学系)名:経済学研究科
    学科・専攻等名:経済学

    学校の種類:大学
    卒業年月:1993年03月
    卒業区分:卒業
    国名:日本国

  • 学校名:大阪大学
    学部(学系)名:経済学部
    学科・専攻等名:経済学科

    学校の種類:大学
    卒業年月:1991年
    卒業区分:卒業
    国名:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:大阪大学
    学部等名:経済学研究科
    学科等名:経済学

    修了課程:博士課程
    修了年月:1995年05月
    修了区分:単位取得満期退学
    国名:日本国

  • 学校名:大阪大学
    学部等名:経済学研究科
    学科等名:経済学

    修了課程:修士課程
    修了年月:1993年03月
    修了区分:修了
    国名:日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(経済学)
    分野名:経済学
    授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:1998年03月

  • 学位名:経済学(修士)
    分野名:経済学
    授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:1993年03月

  • 学位名:経済学士
    分野名:経済学
    授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:1991年03月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:University of Washington
    部署名:Foster School of Business
    職名:Visiting Scholar
    年月:2015年09月 ~ 2016年08月

  • 所属:立命館大学
    部署名:経済学部
    職名:准教授

  • 所属:関西学院大学
    部署名:経済学部
    職名:教授
    年月:2017年04月 ~ 継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本経済学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本ファイナンス学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:Econometric Society

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本金融・証券計量・工学学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:行動経済学会

    学会所在国:日本国

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 金融、ファイナンス

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:日本の株式市場の流動性-2000年以降のデータに基づく分析-
    誌名:証券経済研究  111号  (頁 77 ~ 91)
    出版年月:2020年09月
    著者:楊 晨, 堀 敬一

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Dynamic Contract and Discretionary Termination Policy under Loss Aversion
    誌名:Journal of Economic Dynamics and Control
    出版年月:2020年
    著者:Keiichi Hori, Hiroshi Osano

    DOI: 10.1016/j.jedc.2019.103794
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Agency Contracts, Noncommitment Timing Strategies, and Real Options
    誌名:Japanese Economic Review
    出版年月:2017年
    著者:Keiichi Hori, Hiroshi Osano

    DOI:10.1111/jere.12144
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Investment Timing Decisions of Managers under Endogenous Contracts
    誌名:Journal of Corporate Finance  29巻  (頁 607 ~ 627)
    出版年月:2014年12月
    著者:Keiichi Hori, Hiroshi Osano

    DOI:10.1016/j.jcorpfin.2013.11.013
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Managerial Incentives and the Role of Advisors in the Continuous-Time Agency Model
    誌名:Review of Financial Studies  26巻  10号  (頁 2620 ~ 2647)
    出版年月:2013年10月
    著者:Keiichi Hori, Hiroshi Osano

    DOI:10.1093/rfs/hht027
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:マクロ経済学 第2版
    出版者・発行元:有斐閣
    発行年月:2017年04月
    著者:二神孝一,堀 敬一

    著書種別:教科書・概説・概論
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:日本の企業統治
    出版者・発行元:東洋経済新報社
    発行年月:2011年06月
    著者:小佐野広,堀 敬一

    著書種別:学術書
    担当範囲:「メイン寄せ」による規律付けと実証分析
    担当区分:共著

  • 記述言語:英語
    タイトル:Service-Based vs. Infrastructure-Based Competition: A Real Options Approach, Benzoni L., and P. Geoffron (eds.), Infrastructure versus Service-Based Competition: The case of Mobile Telecommunications
    出版者・発行元:Quantifica Publishing
    発行年月:2008年09月
    著者:keiichi Hori, Keizo Mizuno

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:英語
    タイトル:From Access to Bypass: A Real Options Approach, Akahori, J., S. Ogawa, and S. Watanabe (eds.), Proceedings of the 6th Ritsumeikan International Symposium: Stochastic Processes and Application to Mathematical Finance
    出版者・発行元:World Scientific
    発行年月:2007年04月
    著者:Keiichi Hori, Keizo Mizuno

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:経済制度の実証分析と設計 第2巻 金融の機能不全
    出版者・発行元:勁草書房
    発行年月:2007年01月
    著者:堀 敬一,齊藤 誠,安藤浩一

    著書種別:学術書
    担当範囲:1990 年代の設備投資の停滞について:上場企業の財務データからの考察
    担当区分:共著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:一世を風靡したSPAC 明らかになった問題点
    誌名:週刊東洋経済  (頁 96 ~ 97)
    出版年月:2023年02月
    著者:堀 敬一

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
    共著区分:

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2020年04月 ~ 2023年03月
    タイトル:コーポレートガバナンス改革が日本の株式市場の流動性に与える影響の考察

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2016年04月 ~ 2020年03月
    タイトル:企業の収益性とリスクの選択の動学的分析:理論と日本企業のデータによる実証

    研究概要:企業が直面する不確実性を経済モデルで描写し、数量的に評価するために、確率微分方程式のシミュレーションの効率的な方法を提案した。また金融機関破綻の数理的な伝播モデルを開発した。不確実性と情報の非対称性に直面した場合の最適契約と、収益性に関する情報が不完全な場合の学習を伴う設備投資の理論を提案した。日本における金融機関の経営に企業統治が与える影響は業態によって異なることを示した。また銀行の合併は大規模な銀行ほど効果が高いことも示した。日本における非伝統的な金融政策が株価に与える影響は産業によって異なることを明らかにした。

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2011年04月 ~ 2015年03月
    タイトル:日本型金融システムの再評価:メインバンク制の視点から

    研究概要:本研究課題では日本型金融システムの再評価、特にメインバンクの役割に焦点を当てて分析を行った。初めに連続時間の枠組みにおける数学的手法の開発と、動学的なプリンシパル-エージェントモデルの開発を行った。そこから得られた含意に基づき、実証分析を行った。実証研究からは主に以下の結果が得られた。第1に銀行間の融資競争は、特に新興企業の借り入れ能力を増大させることに寄与している。第2に銀行の経営効率性は、借り手の倒産確率に影響を与えている。このように日本の銀行が企業経営に正の影響を与えていることは示されたが、それはメインバンク固有の役割とは限らない。このことについて統計的に有意な結果は得られなかった。

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2007年04月 ~ 2012年03月
    タイトル:日本の資本市場の変革に伴う企業価値評手法の再検討

    研究概要:本研究課題では、日本の金融市場の制度的特徴を考慮しながら、企業価値の評価手法に関する再検討を行った。理論的な側面からは、制度改革によって、より適切なリスク・マネージメントやコーポレート・ガバナンスが企業価値を改善しうることを示した。また実証的な側面からは、1990年代の経験を踏まえ、2000 年代には日本の企業や銀行が企業価値を高めるような財務上の意思決定を行っていることも明らかにした。

  • 研究種目:若手研究(B)
    研究期間:2001年04月 ~ 2003年03月
    タイトル:日本企業の流動性資産保有動機の考察

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    会議名:日本経済学会2018年度春季大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2018年06月
    開催地: 
    タイトル:Debt Maturity, Default, and Investment under Rollover Risk and Solvency Concern
    会議種別:口頭発表(一般)

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    会議名:金融工学・数理計量ファイナンスの諸問題 2017
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2017年11月
    開催地: 
    タイトル:Debt Maturity, Default, and Investment under Rollover Risk and Solvency Concern
    会議種別:口頭発表(招待・特別)

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:
    会議名:67th European Meeting of the Econometric Society
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2013年08月
    開催地: 
    タイトル:A Continuous-Time Agency Model under Loss Aversion
    会議種別:その他

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:
    会議名:5th Japan-Taiwan Contract Theory Conference
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2011年12月
    開催地: 
    タイトル:Managerial Incentives and the Role of Advisors in the Continuous-Time Agency Model
    会議種別:その他

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:
    会議名:2011 Asian Meeting of the Econometric Society
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2011年08月
    開催地: 
    タイトル:Managerial Incentives and the Role of Advisors in the Continuous-Time Agency Model
    会議種別:その他

      外部サイトへのリンクを表示

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:コーポレートファイナンス

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学研究科前期

    授業科目名:コーポレートファイナンス

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学研究科後期

    授業科目名:ファイナンス論特殊研究

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:プレ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:マクロ経済学I

    授業形式:代表者

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学内・学外) 【 表示 / 非表示

  • 科目:コーポレートファイナンス
    機関名:関西学院大学

  • 科目:ファイナンス論特殊研究
    機関名:関西学院大学

  • 科目:プレ演習
    機関名:関西学院大学

  • 科目:マクロ経済学I
    機関名:関西学院大学

  • 科目:マクロ経済学II
    機関名:関西学院大学

全件表示 >>

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:研究科副委員長
    活動期間:201904(年月) ~ 202103(年月)

  • 活動名称:人権教育科目・運営委員
    活動期間:201804(年月) ~ 201903(年月)

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 団体名:日本経済学会
    委員名:2021年春季大会運営委員長
    年月:2021年

  • 団体名:日本経済学会
    委員名:2021年春季大会運営委員長
    年月:2021年

  • 団体名:日本経済学会
    委員名:2013年春季大会プログラム委員長
    年月:2013年

  • 団体名:日本経済学会
    委員名:2013年春季大会プログラム委員長
    年月:2013年

  • 団体名:日本経済学会
    委員名:代議員
    年月:2011年04月 ~ 2014年03月

全件表示 >>