基本情報

写真b

JASON STAYANCHI

JASON STAYANCHI

研究分野・キーワード
Reader-Response Theory, Open Work, Inter-Class Dynamics, 4 Strands
研究概要
I am currently interested in the relationship between reading and the reader. Specifically, how texts are shaped by culture and how cultural values relate towards meaning in an L2 context. This entails the idea of an open work or open interpretation of texts in order to facilitate meaningful output. Furthermore my teaching is focused on motivation through group work and how group dynamics can be used to increase output.

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:BA
    学位の分野名:ヨーロッパ史・アメリカ史
    学位授与機関名:None
    取得方法:大学評価・学位授与機構
    取得年月:1999年05月

  • 学位名:MSED
    学位の分野名:None
    学位授与機関名:Temple University
    取得方法:課程
    取得年月:2013年08月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):外国語教育

  • 専門分野(科研費分類):英語学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Leaf by Niggle
    学位授与年月:2013年08月
    著者氏名(共著者含):Jason Stayanchi

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Conversation Error Discourse Analysis, Comparisons between Transactional and Interactional Conversations
    掲載誌名:Kwansei Gakuin University Humanities Review Vol 22  22巻  (頁 209 ~ 218)
    掲載誌 発行年月:2017年
    著者氏名(共著者含):Bradley Perks, Jason Stayanchi

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Higher Order Thinking through Bloom's Taxonomy
    掲載誌名:Kwansei Gakuin University Humanities Review Vol 22
    掲載誌 発行年月:2017年
    著者氏名(共著者含):Jason Stayanchi

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:KOTESOL National Conference Seoul
    会議区分:国際会議
    開催期間:2017年10月
    開催場所:Sookmyung Women's University
    題目又はセッション名:Seeing the Story in a Different Way
    発表形態:口頭(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:英会話(特)I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:英語IIIb

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:英語IIIb

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:英語IIIb

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:英語IIIb

    授業形式:代表者

全件表示 >>