基本情報

写真b

武田 直也

TAKEDA NAOYA

研究分野・キーワード
植物生理学、共生
研究概要
植物は、自然環境下において様々な微生物と相互作用を行うことで、個体の生長や形態、植生に至るまで大きな影響を与えます。 私たちは植物と微生物間の相利的な相互作用である「共生」の研究を行っています。アーバスキュラー菌根菌や根粒菌は、宿主植物の根に共生器官を形成し、リンやチッソなどの植物に必須の栄養素を与える代わりに、光合成産物などを得ています。これらアーバスキュラー菌根共生や根粒共生を共生研究のモデル系として、共生を制御する分子メカニズムや共生栄養供給能の解明に取り組んでいます。この研究では、最新の研究手法を取り入れながら植物・微生物双方からのアプローチで、基礎的研究を行うとともに、この研究の成果や基盤技術を発展させ、実用植物を用いて共生能の農学・工学的利用を目指す応用研究も行います。このような植物・微生物とそれらの間に存在する相互作用についての研究を通じて、生物学に関する広い知識と技術を身につけるとともに、新たな知識や技術を生み出す創造力や、その成果を他者に伝える科学的なコミュニケーション能力を養います。
SDGs 関連ゴール

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:大阪大学
    学部(学系)名:工学部
    学科・専攻等名:応用生物工学専攻

    学校の種類:大学
    卒業年月:2000年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学
    研究科名:工学研究科
    専攻名:応用生物工学専攻

    修了課程:博士課程
    修了年月:2005年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(工学)
    学位の分野名:生物機能・バイオプロセス
    学位授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:2006年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:ミュンヘン大学
    経歴名:博士研究員
    経歴期間:2005年04月 ~ 2006年03月

  • 所属(勤務)先名:日本学術振興会 海外特別研究員
    所属部署名:ミュンヘン大学
    経歴名:博士研究員
    経歴期間:2006年04月 ~ 2008年03月

  • 所属(勤務)先名:農業生物資源研究所
    経歴名:博士研究員
    経歴期間:2008年04月 ~ 2009年03月

  • 所属(勤務)先名:日本学術振興会 特別研究員
    所属部署名:農業生物資源研究所
    経歴名:博士研究員
    経歴期間:2009年04月 ~ 2009年09月

  • 所属(勤務)先名:自然科学研究機構 基礎生物学研究所
    所属部署名:共生システム研究部門
    経歴名:助教
    経歴期間:2009年10月 ~ 2017年03月

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):植物分子・生理科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Gibberellin Promotes Fungal Entry and Colonization during Paris-Type Arbuscular Mycorrhizal Symbiosis in Eustoma grandiflorum.
    掲載誌名:Plant & cell physiology  61巻  3号  (頁 565 ~ 575)
    掲載誌 発行年月:2020年03月
    著者氏名(共著者含):Takaya Tominaga, Chihiro Miura, Naoya Takeda, Yuri Kanno, Yoshihiro Takemura, Mitsunori Seo, Masahide Yamato, Hironori Kaminaka

    DOI:10.1093/pcp/pcz222
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:LACK OF SYMBIONT ACCOMMODATION controls intracellular symbiont accommodation in root nodule and arbuscular mycorrhizal symbiosis in Lotus japonicus
    掲載誌名:PLoS Genet  15巻  (頁 e1007865 ~ )
    掲載誌 発行年月:2019年
    著者氏名(共著者含):Suzaki, T, Takeda, N, Nishida, H, Hoshino, M, Ito, M, Misawa, F, Handa, Y, Miura, K, Kawaguchi, M

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Evidence of non-tandemly repeated rDNAs and their intragenomic heterogeneity in Rhizophagus irregularis
    掲載誌名:Communications Biology  1巻  87号
    掲載誌 発行年月:2018年07月
    著者氏名(共著者含):Taro Maeda, Yuuki Kobayashi, Hiromu Kameoka, Nao Okuma, Naoya Takeda, Katsushi Yamaguchi, Takahiro Bino, Shuji Shigenobu, Masayoshi Kawaguchi

    DOI:10.1038/s42003-018-0094-7
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The rice LysM receptor-like kinase OsCERK1 is required for the perception of short-chain chitin oligomers in arbuscular mycorrhizal signaling
    掲載誌名:New Phytologist
    掲載誌 発行年月:2017年
    著者氏名(共著者含):Carotenuto G, Chabaud M, Miyata K, Capozzi M, Takeda N, Kaku H, Shibuya N, Nakagawa T, Barker D, Genre A

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Strigolactone-induced putative secreted protein 1 is required for the establishment of symbiosis by the arbuscular mycorrhizal fungus Rhizophagus irregularis
    掲載誌名:Molecular Plant Micoribe Interactions
    掲載誌 発行年月:2016年
    著者氏名(共著者含):Tsuzuki S, Handa Y, Takeda N, Kawaguchi M

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:植物の中の樹
    掲載誌名:細胞工学
    掲載誌 発行年月:2010年
    著者氏名(共著者含):武田直也

    掲載種別:総説・解説(商業誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    題目:Proteases in plant root symbiosis.
    掲載誌名:Phytochemistry
    掲載誌 発行年月:2007年
    著者氏名(共著者含): Takeda N, Kistner C, Kosuta S, Winzer T, Pitzschke A, Groth M, Sato S, Kaneko T, Tabata S, Parniske M.

    掲載種別:総説・解説(学術雑誌)
    共著区分:共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2018年04月 ~ 2022年03月
    研究題目:カルシウム振動がコードする共生シグナル情報の解読

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:分子遺伝学

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:卒業実験及び演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:外国書講読

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学研究科前期

    授業科目名:文献演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学研究科前期

    授業科目名:特別実験及び演習

    授業形式:代表者

全件表示 >>