基本情報

写真b

藤原 美和子

FUJIWARA MIWAKO

研究分野・キーワード
細胞生物学 細胞間接着
研究概要
私たち多細胞生物の体は小さな1つ1つの細胞によって構成されています。同一の性質を持つ細胞が一定の規則により配列することにより組織を構築し、さらにいくつかの組織が集合することで器官を形成しています。組織が一連の構造体として機能するためには、個々の細胞同士を繋ぎ止め、協調させるための細胞間接着は非常に重要な役割を担っています。細胞間接着構造体の1つであるデスモソームは主に表皮や心臓において良く発達しており、細胞同士を強く接着させることにより、それらの組織の構築や維持において重要な働きを担っています。デスモソームの構成タンパク質やその構造は徐々に明らかになりつつありますが、デスモソームは非常に複雑な構造体であるため、その形成機構や作用機構は未だ十分に解明されていません。私は培養細胞を用いて、このデスモソームという構造がどのような仕組みにより形成され、機能しているのかを明らかにすることを目的に研究を行っています。それによって私たちの体が形成される仕組みの一端を明らかにできることを期待しています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:理学
    学位の分野名:細胞生物学
    学位授与機関名:関西学院大学
    取得方法:課程
    取得年月:2015年09月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):分子生物学

  • 専門分野(科研費分類):細胞生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Desmocollin-2 alone forms fuctional desmosomal p;aques, with the plaque formation requiring the juxtamembrane region and plakophilins.
    掲載誌名:J Biochem
    掲載誌 発行年月:2015年10月
    著者氏名(共著者含):Fujiwara,M., Nagatomo,A., Tsuda,M., Obata,S., Sakuma,T., Yamamoto,T. and Suzuki,S.T.

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名: Epithelial DLD-1 cells with disrupted E-cadherin gene retain the ability to form cell junctions
    掲載誌名:Cell Struct Funct
    掲載誌 発行年月:2015年08月
    著者氏名(共著者含):Fujiwara,M., Fujimura,K., Obata,S., Yanagibashi,R., Sakuma,T., Yamamoto,T and Suzuki,S.T

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著