基本情報

写真b

山口 亮子

YAMAGUCHI Ryoko

所属
法学部
研究分野・キーワード
民法, 家族法
研究概要
民法の家族法を教育研究内容としています。民法中の家族法とは親族法、相続法を指しますが、今日家族をめぐる問題は民法のみにとどまりません。研究対象は、広く家族をめぐり問題となる、児童虐待防止法、児童福祉法、DV防止法、ハーグ子奪取条約、児童の権利に関する条約、そして家事事件手続法に関わるテーマを扱っています。また、国家と家族の関係、あるいは国家と親と子どもという三者関係から問題をとらえ、アメリカ家族法を参考にしながら、親権とはいかなる権利か、子どもの権利はどのように把握され主張されるべきなのか、という個々の課題を検討して、国家が家族へ介入する根拠と必要性についての研究を行っています。

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:上智大学
    学部等名:法学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:1995年03月
    修了区分:単位取得満期退学
    国名:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:フロリダ大学ロースクール
    経歴名:客員研究員
    年月:2014年09月 ~ 2015年03月

  • 留学先:ペンシルバニア大学ロースクール
    経歴名:客員研究員
    年月:2000年04月 ~ 2001年03月

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(法学)
    分野名:人文・社会 / 民事法学
    授与機関名:上智大学
    取得方法:論文
    取得年月:2021年09月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:法学部 法律学科
    職名:教授
    年月:2017年04月 ~ 継続中

  • 所属:山梨大学
    職名:専任講師、助教授
    年月:1997年04月 ~ 2007年03月

  • 所属:京都産業大学
    職名:教授
    年月:2007年04月 ~ 2017年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本私法学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:比較法学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本家族<社会と法>学会

    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 民事法学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:日米親権法の比較研究
    出版年月:2021年09月
    著者:山口亮子

    掲載種別:学位論文(博士)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:離婚した父母と子どもとの法的関係
    誌名:法律時報  93巻  2号  (頁 109 ~ 112)
    出版年月:2021年02月
    著者:山口亮子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:アメリカのCASA/GAL制度にみる子どものアドボカシー (特集 子どもの権利とアドボカシー) -- (国内外の動向)
    誌名:世界の児童と母性 = Mother and child wellbeing around the world  88巻  (頁 57 ~ 61)
    出版年月:2020年10月
    著者:山口 亮子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:高葛藤夫婦の面会交流,監護者・親権者指定について (田中通裕教授 相原隆教授 退任記念論集)
    誌名:法と政治 = The journal of law & politics  69巻  2号  (頁 825 ~ 865)
    出版年月:2018年08月
    著者:山口 亮子, Ryoko Yamaguchi

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:親権法改正要綱案(法定代理・財産管理を除く)
    誌名:家族<社会と法>  33号  (頁 57 ~ 69)
    出版年月:2017年10月
    著者:山口亮子

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:ハーグ条約の理論と実務
    出版者・発行元:法律文化社
    発行年月:2021年01月
    著者:大谷美紀子、西谷祐子 他

    著書種別:学術書
    担当範囲:アメリカ合衆国におけるハーグ条約の実務と監護権・面会交流
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:日米親権法の比較研究
    出版者・発行元:日本加除出版
    発行年月:2020年03月
    著者:山口亮子

    著書種別:学術書
    担当区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:現代家族法講座第2巻 婚姻と離婚
    出版者・発行元:日本評論社
    発行年月:2020年
    著者:二宮 周平, 犬伏 由子

    著書種別:学術書
    担当区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:新注釈民法(19) 相続
    出版者・発行元:有斐閣
    発行年月:2019年
    著者:潮見 佳男, 吉田 克己, 冷水 登紀代, 川 淳一, 本山 敦, 副田 隆重, 幡野 弘樹, 中川 忠晃, 中島 弘雅, 杉本 和士, 山口 亮子, 常岡 史子, 関根 澄子, 大村 敦志, 道垣内 弘人, 山本 敬三

    著書種別:学術書
    担当範囲:相続の放棄
    担当区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • タイトル:『市民生活と法[第4版]』婚姻と法
    出版者・発行元:法律文化社
    発行年月:2014年09月
    著者:山口 亮子

    著書種別:その他
    担当区分:その他

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:未成年者が養子縁組をした場合における実父の養育費支払義務が消滅する時点
    誌名:私法判例リマークス  64号  (頁 54 ~ 57)
    出版年月:2022年03月
    著者:山口亮子

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:家事裁判例紹介 監護者指定における面会交流に対する寛容性[大阪高裁平成30.8.2決定]
    誌名:民商法雑誌  157巻  5号  (頁 1039 ~ 1044)
    出版年月:2021年12月
    著者:山口亮子

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:第三者(祖父母)による監護者指定・面会交流の申立てについて : 最高裁令和3年3月29日決定
    誌名:ジュリスト  1564号  (頁 81 ~ 86)
    出版年月:2021年11月
    著者:山口亮子

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:祖父母が子との面会交流を申し立てることを否定した事例[最高裁判所第一小法廷令和3年3月29日決定(LEX/DB25571437)]
    誌名:新・判例解説watch  29号  (頁 109 ~ 112)
    出版年月:2021年10月
    著者:山口亮子

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:判例評釈「別居親からの監護者指定の申立てを却下した事例」[福岡高決令元・10・29]
    出版者・発行元:日本評論社
    誌名:新・判例解説watch:速報判例解説  28号  (頁 133 ~ 136)
    出版年月:2021年04月
    著者:山口亮子

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:第32回尾中郁夫・家族法学術奨励賞
    受賞年月:2021年03月
    受賞国:日本国
    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞
    授与機関:日本加除出版株式会社
    受賞者(グループ):山口亮子

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月
    タイトル:家族法学におけるドメスティック・バイオレンスの横断的研究

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月
    タイトル:「国際的な子の奪取の民事上の側面に関するハーグ条約」批准における日本法の対応

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2010年04月 ~ 2013年03月
    タイトル:単身家庭の子の養育費制度の再構築

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2004年04月 ~ 2008年03月
    タイトル:親権は果たして強いのか―家族に対する国家の介入の根拠とその基準

  • 研究種目:若手研究(B)
    研究期間:2001年04月 ~ 2003年03月
    タイトル:児童虐待防止方とその運用の日米研究

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本家族<社会と法>学会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2021年11月
    開催地:オンライン開催
    タイトル:親権法の理論と実際「親権法の理論①」
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:日本家族<社会と法>学会学術大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2016年11月
    開催地:上智大学
    タイトル:親権法改正案
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:第76回 比較法学会シンポジウム
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2013年06月
    開催地:青山学院大学
    タイトル:親権をめぐる比較法的課題ー日本の課題と各国の対応ー アメリカの親権法
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:
    会議名:第2回 家族法改正研究会シンポジウム
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2011年
    開催地: 
    タイトル:共同親権・面会交流
    会議種別:その他

  • 記述言語:
    会議名:第16回 日韓家族法学会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2011年
    開催地: 
    タイトル:日本家族法改正へ向けて―特に親権法改正について―
    会議種別:その他

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:リサーチ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:リサーチ演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:基本演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:専門導入演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:民法

    授業形式:代表者

全件表示 >>

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長補佐
    活動期間:201904(年月) ~ 202103(年月)

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 団体名:日本家族<社会と法>学会
    委員名:理事
    年月:2014年 ~ 継続中