基本情報

写真b

坂口 将太

SAKAGUCHI SHOTA

研究室住所
兵庫県西宮市岡田山7-54
研究分野・キーワード
コーチング、身体教育学、発育発達、スポーツ科学
研究概要
幼児期は,様々な資質や能力が発達していく重要な時期です.その中で,幼児期における運動能力の発達について研究を進めています.現在は,SSC運動の遂行能力の発達過程およびその要因の解明を中心的なテーマとして取り組んでいます.SSC運動とは,重力環境下において人間が活動する際に利用される筋の「ばね」のような運動のことです.この種の運動は,様々な運動の中に内在しており,これによって人間は大きな力を発揮したり,運動をスムーズに切り換えたりすることができます.SSC運動の遂行能力が幼児期からどのような発達様相を見せ,何が発達の要因になるのかを明らかにすることで,将来に向けて運動能力の向上を促進させていくことや幼児期における運動遊び等の活動に関するより良い指導・援助の方策を考案することにも繋がります.これらを通して,子どもが楽しみながら豊かな経験を経て,子どもの可能性を大きく広げられるような環境構築に貢献したいと考えています.
メールアドレス
メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:関西学院大学
    学部(学系)名:商学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:2009年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:筑波大学
    研究科名:人間総合科学研究科
    専攻名:体育学専攻

    修了課程:修士課程
    修了年月:2011年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

  • 大学院名:筑波大学
    研究科名:人間総合科学研究科
    専攻名:コーチング学専攻

    修了課程:博士課程
    修了年月:2014年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:学士(商学)
    学位の分野名:商学
    学位授与機関名:関西学院大学
    取得方法:課程
    取得年月:2009年03月

  • 学位名:修士(体育学)
    学位の分野名:身体教育学
    学位授与機関名:筑波大学
    取得方法:課程
    取得年月:2011年03月

  • 学位名:博士(コーチング学)
    学位の分野名:身体教育学
    学位授与機関名:筑波大学
    取得方法:課程
    取得年月:2014年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:筑波大学
    所属部署名:スポーツResearch & Development コア
    経歴名:研究員
    経歴期間:2014年04月 ~ 2015年03月

  • 所属(勤務)先名:埼玉大学
    所属部署名:教育機構
    経歴名:講師
    経歴期間:2014年04月 ~ 2015年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本スポーツ教育学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本発育発達学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本コーチング学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本体育学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):スポーツ科学

  • 専門分野(科研費分類):身体教育学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:2歳から6歳までの幼児期におけるリバウンドジャンプ能力および疾走能力に関する発達過程と相互関係性
    学位授与年月:2014年03月
    著者氏名(共著者含):坂口 将太

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:領域「健康」における"多様な動き"の捉え方に関する一考察
    掲載誌名:聖和短期大学紀要 = Seiwa bulletin  4号  (頁 21 ~ 25)
    掲載誌 発行年月:2018年
    著者氏名(共著者含):坂口 将太, Shota Sakaguchi

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:領域「健康」および領域「人間関係」から見た体育授業における運動遊びを用いた模擬保育の位置づけ
    掲載誌名:聖和短期大学紀要 = Seiwa bulletin  2号  (頁 11 ~ 16)
    掲載誌 発行年月:2017年
    著者氏名(共著者含):坂口 将太, Shota Sakaguchi

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:領域「健康」における安全指導に関する保育専攻学生の認識についての一考察
    掲載誌名:聖和短期大学紀要 = Seiwa bulletin  3号  (頁 29 ~ 32)
    掲載誌 発行年月:2017年
    著者氏名(共著者含):坂口 将太, Shota Sakaguchi

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:ボールの大きさと重さが幼児の投距離および投動作に及ぼす影響
    掲載誌名:陸上競技研究  2016巻  3号  (頁 28 ~ 38)
    掲載誌 発行年月:2016年
    著者氏名(共著者含):林 陵平, 松尾 眞以子, 苅山 靖, 坂口 将太, 図子 浩二

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:運動遊びを用いた模擬保育における学生の環境構成に関する一考察
    掲載誌名:聖和短期大学紀要  1号  (頁 27 ~ 31)
    掲載誌 発行年月:2016年
    著者氏名(共著者含):坂口 将太, Shota Sakaguchi

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

全件表示 >>

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:幼児期におけるリバウンドジャンプ能力の発達的特徴と疾走能力に与える影響 : 発育期における疾走能力向上の手がかりとして
    出版機関名:日本学生陸上競技連合
    掲載誌名:陸上競技研究  2014巻  4号  (頁 2 ~ 13)
    掲載誌 発行年月:2014年
    著者氏名(共著者含):坂口 将太

    掲載種別:総説・解説(学術雑誌)
    共著区分:単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第66回日本体育学会大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2015年
    開催場所:国士舘大学
    題目又はセッション名:伸張-短縮サイクル運動を強調した体幹捻転トレーニングが各投・打運動の能力と体幹筋横断面積に及ぼす影響
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第66回日本体育学会大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2015年
    開催場所:国士舘大学 
    題目又はセッション名:年少児から年長児までの3年間に渡るリバウンドジャンプ能力の縦断的変化
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第65回日本体育学会大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2014年
    開催場所:岩手大学 
    題目又はセッション名:4歳から5歳に至る幼児のリバウンドジャンプ能力と疾走能力に関する縦断的発達過程
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第64回日本体育学会大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2013年
    開催場所:立命館大学
    題目又はセッション名:国内女子円盤投競技者におけるターン動作に関するキネマティクス的特徴
    発表形態:ポスター(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第64回日本体育学会大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2013年
    開催場所:立命館大学
    題目又はセッション名:2歳から6歳までの幼児におけるリバウンドジャンプ遂行能力と疾走能力との関係
    発表形態:口頭(一般)