基本情報

写真b

福田 青郎

Fukuda Wakao

研究分野・キーワード
極限環境微生物、生物工学、微生物学
研究概要
微生物そのものや、微生物が生産する生体分子が有するユニークな機能の工業的な利用を目指し、新規微生物の単離と同定から、様々な生命現象の解析、果ては微生物を用いた環境浄化やエネルギー生産まで、基礎研究・応用研究問わず、幅広い研究を行っている。その中でも特に力を入れているのが、温泉などの高温環境に住む超好熱菌の環境適応機構の解明である。遺伝子配列の解析から地球最初の生命は好熱菌であると予想されている。もちろん現存する超好熱菌は最初の生命からは進化しているが、原始的な生命体の名残をとどめていると期待され、超好熱菌の研究から生命現象に関して幅広い知見が得られることが期待される。またその一方で、極寒の南極由来の微生物について諸性質の解析を行い、親属新種細菌の提唱も行ってきた。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都大学
    学部(学系)名:工学部
    学科・専攻等名:工業化学科

    学校の種類:大学
    卒業年月:2000年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:京都大学
    研究科名:工学研究科
    専攻名:合成・生物化学専攻

    修了課程:修士課程
    修了年月:2002年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

  • 大学院名:京都大学
    研究科名:工学研究科
    専攻名:合成・生物化学専攻

    修了課程:博士課程
    修了年月:2005年10月
    修了区分:単位取得満期退学
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(工学)
    学位の分野名:生物機能・バイオプロセス
    学位授与機関名:京都大学
    取得方法:課程
    取得年月:2002年03月

  • 学位名:博士(工学)
    学位の分野名:工学
    学位授与機関名:京都大学
    取得方法:課程
    取得年月:2005年11月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):生態・環境

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Genes regulated by branched-chain polyamine in the hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis. Fukuda W, Yamori Y, Hamakawa M, Osaki M, Fukuda M, Hidese R, Kanesaki Y, Okamoto-Kainuma A, Kato S, Fujiwara S. Amino Acids. 2020 Feb;52(2):287-299. doi: 10.1007/s00726-019-02793-4.

  • Branched-chain polyamine stabilizes RNA polymerase at elevated temperatures in hyperthermophiles. Yamori Y, Hamakawa M, Hidese R, Fukuda M, Atomi H, Fukuda W, Fujiwara S. Amino Acids. 2020 Feb;52(2):275-285. doi: 10.1007/s00726-019-02745-y.

  • Genetic Analyses of the Functions of [NiFe]-hydrogenase Maturation Endopeptidases in the Hyperthermophilic Archaeon Thermococcus Kodakarensis. Kanai T, Yasukochi A, Simons JR, Scott JW, Fukuda W, Imanaka T, Atomi H. Extremophiles. 2017 Jan;21(1):27-39. doi: 10.1007/s00792-016-0875-1.

  • The C-terminal flexible region of branched-chain polyamine synthase facilitates substrate specificity and catalysis. Hidese R, Toyoda M, Yoshino KI, Fukuda W, Wihardja GA, Kimura S, Fujita J, Niitsu M, Oshima T, Imanaka T, Mizohata E, Fujiwara S. FEBS J. 2019 Oct;286(19):3926-3940. doi: 10.1111/febs.14949.

  • Opposite effect of polyamines on In vitro gene expression: Enhancement at low concentrations but inhibition at high concentrations. Kanemura A, Yoshikawa Y, Fukuda W, Tsumoto K, Kenmotsu T, Yoshikawa K. PLoS One. 2018 Mar 1;13(3):e0193595. doi: 10.1371/journal.pone.0193595.

全件表示 >>

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 超好熱菌のポリアミン合成系と関連酵素の利用、日本ポリアミン学会学会誌ポリアミン (査読無し)、6 巻1号、2019年

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 分岐鎖ポリアミンが超好熱菌の転写に及ぼす影響、福田 萌子、家森 優佳、福田 青郎、藤原 伸介 、日本ポリアミン学会第11回年会(2020年1月25日)

  • 黄麹菌Aspergillus oryzaeにおけるアグマチン産生機構の解明、加藤紗也、赤坂直紀、五味勝也、福田青郎、藤原伸介、日本ポリアミン学会第11回年会(2020年1月25日)

  • 糸状菌のアグマチン産生、福田青郎、坂根隆浩、加藤紗也、赤坂直紀、Theeragool, Gunjana、藤原伸介、日本ポリアミン学会第11回年会(2020年1月25日)

  • 超好熱菌細胞内における大型ポリアミンの転写・翻訳への関与、福田 青郎、尾崎 守、福田 萌子、濱川 匡史、家森 優佳、秀瀬 涼太、兼崎 友、加藤 知、藤原 伸介、日本農芸化学会2020年大会

  • 糸状菌の酸ストレス条件下でのアグマチン誘導性、坂根 隆浩1、加藤 紗也、福田 青郎、ティラグール ガンジャナ、藤原 伸介、日本農芸化学会2020年大会

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:サブゼミ

    授業形式:代表者