基本情報

写真b

路 浩宇

Lu Haoyu

研究分野・キーワード
中国語学 日中言語対照 文法化
研究概要
 私は現代中国語における受身表現に関心を持っています。通常、中国語では「受身表現の述語は他動詞でなければならない」とされていますが、近年、ネットなどで“被自殺”や“被離婚”のように、自動詞を用いた表現が登場しています。こうした非典型的な受身表現の意味、およびこれらが使われる際の発話者の意図を語用論的な観点から分析しました。今後、以上のような中国語の表現を日本語と対照することにより、それらの表現の特徴を抽出していければと考えています。
 また、教育に関しては、国際学部で中国語の発音や基礎的な文法知識について学ぶ科目や中国語の表現能力の向上を図る科目を担当しています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:名古屋大学
    学部(学系)名:国際言語文化学部
    学科・専攻等名:国際言語文化研究科

    学校の種類:大学
    卒業年月:2017年09月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:名古屋大学
    研究科名:国際文化研究科
    専攻名:東アジア専攻

    修了課程:博士課程
    修了年月:2017年09月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(文学)
    学位の分野名:中国語学、中国語教育
    学位授与機関名:名古屋大学
    取得方法:課程
    取得年月:2017年09月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):言語学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:現代中国語における受身表現に関する研究―非典型的な事例を中心に―
    学位授与年月:2017年09月
    著者氏名(共著者含):路浩宇

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:中国語の受身文に表され発話者の主観性―無情物が主語となる受身文を中心に―
    掲載誌名:『日中対照言語研究論集』  19号
    掲載誌 発行年月:2017年05月
    著者氏名(共著者含):路浩宇

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:不定名詞句が主語となる受身文に関する一考察―新聞記事に見られるケース―
    掲載誌名:『現代中国語研究』  18号
    掲載誌 発行年月:2016年10月
    著者氏名(共著者含):路浩宇

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:中国語
    会議名称:日本中国語学会第65回全国大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2015年10月
    開催場所:東京大学駒場キャンパス
    題目又はセッション名:“被我”が用いられた受身文の動機づけ
    発表形態:口頭(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:ChineseI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:ChineseI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:ChineseI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:ChineseI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:ChineseII

    授業形式:代表者

全件表示 >>