基本情報

写真b

Michael D.Smith

Michael D.Smith

研究分野・キーワード
Sociology of Education; Educational Policy; Educational Technologies
研究概要
My academic background is in post-compulsory education, with an emphasis on applied linguistics and technology-enhanced language learning. In particular, I have examined the impact of globalization and neoliberalism on foreign language education, as situated within East Asia. I anticipate that my future research will describe local conceptualizations of foreign language adoption within Japan, and the manner by which the sociolinguistic positionality of English language spread has impacted upon contemporary Japanese culture. Moreover, I have an interest in computer-assisted language learning and hope to enhance my range of teaching methodologies in an effort to effect contemporary approaches to English language learning whilst teaching at Kwansei Gakuin University. I am currently enrolled as a doctoral student at the University of Bath, hold a teaching license and MA in Applied Linguistics, and am an alumnus of University College London Institute of Education, where I gained an MA with distinction in Technology and Education.

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:バース大学
    学部(学系)名:教育省

    学校の種類:大学
    卒業年月:2025年12月
    卒業区分:中退
    所在国:グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • 学校名:ユニバーシティカレッジロンドン、教育研究所
    学部(学系)名:教育研究所

    学校の種類:大学
    卒業年月:2019年11月
    卒業区分:卒業
    所在国:グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • 学校名:ポーツマス大学
    学部(学系)名:言語と地域研究の学校

    学校の種類:大学
    卒業年月:2016年12月
    卒業区分:卒業
    所在国:グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • 学校名:サンダーランド大学
    学部(学系)名:教員養成教育学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:2011年06月
    卒業区分:卒業
    所在国:グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:教育学博士
    学位の分野名:教育研究
    学位授与機関名:バース大学
    取得方法:論文
    取得年月:2024年12月

  • 学位名:修士(教育と技術)
    学位の分野名:教育
    学位授与機関名:ユニバーシティカレッジロンドン、教育研究所
    取得方法:課程
    取得年月:2019年10月

  • 学位名:修士(言語学と英語教育)
    学位の分野名:言語と地域研究
    学位授与機関名:ポーツマス大学(英国)
    取得方法:論文
    取得年月:2016年12月

  • 学位名:教育における専門卒業証明書(PGCE)
    学位の分野名:義務教育後の訓練
    学位授与機関名:サンダーランド大学(英国)
    取得方法:課程
    取得年月:2011年07月

  • 学位名:学士(スポーツと運動開発)
    学位の分野名:教育学
    学位授与機関名:サンダーランド大学(英国)
    取得方法:論文
    取得年月:2010年06月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):英語学

  • 専門分野(科研費分類):教育学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The Usage of Virtual Reality in Task-Based Language Teaching
    掲載誌名:Proceedings of the 28th Korea TESOL International Conference: Re-envisioning ELT Altogether, All Together  28巻  1号  (頁 153 ~ 165)
    掲載誌 発行年月:2021年09月
    著者氏名(共著者含):Michael D. Smith, David P. McCurrach

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:CALL in a Social Context: Reflecting on Digital Equity, Identity, and Interaction in the Post-COVID Age
    掲載誌名:Quality Assurance in Education
    掲載誌 発行年月:2021年08月
    著者氏名(共著者含):Michael D. Smith

    DOI:10.1108/QAE-10-2020-0122
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Social Reproduction as Language Policy: The Neoliberal Co-option of English in Global Japan
    掲載誌名:Educational Policy  (頁 1 ~ 27)
    掲載誌 発行年月:2021年03月
    著者氏名(共著者含):Michael D. Smith

    DOI:10.1177/0895904821999840
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:軍の英語の文脈で使用されるほぼ同義のコマンド動詞のコーパス主導の研究
    掲載誌名:関西学院大学人文科学篇  25巻  1号  (頁 69 ~ 86)
    掲載誌 発行年月:2021年02月
    著者氏名(共著者含):スミスマイケル ディーン

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:CALLの利点とリミテーションに関する研究
    掲載誌名:関西学院大学国際学研究  10巻  1号  (頁 83 ~ 95)
    掲載誌 発行年月:2021年02月
    著者氏名(共著者含):スミス, マイケル ディーン, マカラク, デイビッド

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:共著

全件表示 >>

  • Smith, M. D., & Kim, D. H. (2015). English & linguistic imperialism: a Korean perspective in the age of globalization. The Mirae Journal of English Language & Literature, 20(2), 331-350.

  • Samuell, C., & Smith, M. (2020). A Critical-Comparative Analysis of Post-global English Language Education: The Cases of Korea and Japan. KOTESOL, 16(1), 55-74.

  • Smith, M. D., & Samuell, C. (2020). A constructivist-driven examination of English use in Japanese media. Journal of International Studies, 9(1), 163-175.

  • Smith, M. D. (2019). A Bourdieusian interpretation of English language learning: the case of Korea. Korea TESOL Journal, 15(2) 3-22.

  • Smith, M. D. (2018). Centre-Periphery agency dynamics during linguistic imperialism: an investigation of Korean perspectives. Korea TESOL Journal, 14(1), 3-30.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:その他外国語
    著書名:Readings for Naval English
    出版機関名:도서출판 잉글리시라임
    発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):김동환, 김동영, 박기찬, 권동욱, Michael D. Smith

    著書種別:教科書
    著書形態:共著
    専門分野(科研費分類):英語学,外国語教育,船舶海洋工学

  • Kim, D. H., Kim, D. Y., Park, K. C., Kwon, D. W., & Smith, M. D. (2017). Readings for naval English. English Time Publishing. (ISBN: 979-11-87114-06-2)

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:The Korean TESOL Association Research Paper of the Year Award 2019
    受賞年月:2019年10月01日
    受賞国:大韓民国
    受賞区分:国内外の国際的学術賞
    授与機関:The Korean TESOL Association
    受賞者・受賞グループ名:Michael D. Smith

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:2021 Korea TESOL International Conference
    会議区分:国際会議
    開催期間:2021年02月
    開催場所:Seoul, Korea
    題目又はセッション名:VR & ELL: Current Strategies & Future Directions Following COVID-19
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):教育学

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Hawaiʻi International Conference on English Language and Literature Studies
    会議区分:国際会議
    開催期間:2020年02月 ~ 2020年03月
    開催場所:Hilo, Hawai'i
    題目又はセッション名:The usage of virtual reality during information-gap EFL activities
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:教育研究における混合手法研究の戦略的使用
    会議区分:国内会議
    開催期間:2019年10月
    開催場所:兵庫県 三田市
    題目又はセッション名:教育研究における混合手法研究の戦略的使用
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • McCurrach, D. P., & Smith, M. D. (2020, March 13 – 14). The usage of virtual reality during information-gap EFL activities [Paper presentation]. Hawaiʻi International Conference on English Language and Literature Studies, Hilo, HI, United States.

  • Colpitts, B. D. F., & Smith, M. D. (2019, October). Strategic usage of mixed methods research in educational research [Conference session]. Kwansei Gakuin University School of Policy Studies Professional Development Conference, Sanda, Japan.

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

全件表示 >>