基本情報

写真b

Michael D.Smith

Michael D.Smith

所属
国際学部
研究分野・キーワード
Sociology of Education; Educational Policy; Educational Technologies
研究概要
My academic background is in post-compulsory education, with an emphasis on applied linguistics and technology-enhanced language learning. In particular, I have examined the impact of globalization and neoliberalism on foreign language education, as situated within East Asia. I anticipate that my future research will describe local conceptualizations of foreign language adoption within Japan, and the manner by which the sociolinguistic positionality of English language spread has impacted upon contemporary Japanese culture. Moreover, I have an interest in computer-assisted language learning and hope to enhance my range of teaching methodologies in an effort to effect contemporary approaches to English language learning whilst teaching at Kwansei Gakuin University. I am currently enrolled as a doctoral student at the University of Bath, hold a teaching license and MA in Applied Linguistics, and am an alumnus of University College London Institute of Education, where I gained an MA with distinction in Technology and Education.

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:バース大学
    学部(学系)名:教育省

    学校の種類:大学
    卒業年月:2025年12月
    卒業区分:中退
    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  • 学校名:ユニバーシティカレッジロンドン、教育研究所
    学部(学系)名:教育研究所

    学校の種類:大学
    卒業年月:2019年11月
    卒業区分:卒業
    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  • 学校名:ポーツマス大学
    学部(学系)名:言語と地域研究の学校

    学校の種類:大学
    卒業年月:2016年12月
    卒業区分:卒業
    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  • 学校名:サンダーランド大学
    学部(学系)名:教員養成教育学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:2011年06月
    卒業区分:卒業
    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:教育学博士
    分野名:教育研究
    授与機関名:その他
    取得方法:論文
    取得年月:2024年12月

  • 学位名:修士(教育と技術)
    分野名:教育
    授与機関名:その他
    取得方法:課程
    取得年月:2019年10月

  • 学位名:修士(言語学と英語教育)
    分野名:言語と地域研究
    授与機関名:その他
    取得方法:論文
    取得年月:2016年12月

  • 学位名:教育における専門卒業証明書(PGCE)
    分野名:義務教育後の訓練
    授与機関名:その他
    取得方法:課程
    取得年月:2011年07月

  • 学位名:学士(スポーツと運動開発)
    分野名:人文・社会 / 教育学
    授与機関名:その他
    取得方法:論文
    取得年月:2010年06月

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 英語学

  • 研究分野:人文・社会 / 言語学

  • 研究分野:人文・社会 / 教育学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Japan’s Pursuit of Meritocracy, Cosmopolitanism, and Global Rankings in Higher Education: A Bourdieusian Interpretation
    誌名:Asia Pacific Journal of Education  (頁 1 ~ 16)
    出版年月:2022年06月
    著者:Michael D. Smith, Bradley D.F. Colpitts

    DOI:10.1080/02188791.2022.2086102
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Entrepreneurs of the Self: Symbolic Capital and Social (Re)production in the Neoliberal Knowledge Economy
    誌名:Globalisation, Societies and Education
    出版年月:2022年06月
    著者:Michael D. Smith

    DOI:10.1080/14767724.2022.2089975
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:道具的決定論的CALLの否定:オンライン英語教育における権力の批判的読解に向けて
    誌名:   14巻  1号  (頁 50 ~ 65)
    出版年月:2022年02月
    著者:スミス マイケル ディーン

    DOI:10.1177/17577438211058964
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:The Usage of Virtual Reality in Task-Based Language Teaching
    誌名:Proceedings of the 28th Korea TESOL International Conference: Re-envisioning ELT Altogether, All Together  28巻  1号  (頁 153 ~ 165)
    出版年月:2021年09月
    著者:Michael D. Smith, David P. McCurrach

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:CALL in a Social Context: Reflecting on Digital Equity, Identity, and Interaction in the Post-COVID Age
    誌名:Quality Assurance in Education
    出版年月:2021年08月
    著者:Michael D. Smith

    DOI:10.1108/QAE-10-2020-0122
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

全件表示 >>

  • Samuell, C., & Smith, M. (2020). A Critical-Comparative Analysis of Post-global English Language Education: The Cases of Korea and Japan. KOTESOL, 16(1), 55-74.

  • Smith, M. D., & Samuell, C. (2020). A constructivist-driven examination of English use in Japanese media. Journal of International Studies, 9(1), 163-175.

  • Smith, M. D. (2019). A Bourdieusian interpretation of English language learning: the case of Korea. Korea TESOL Journal, 15(2) 3-22.

  • Smith, M. D. (2018). Centre-Periphery agency dynamics during linguistic imperialism: an investigation of Korean perspectives. Korea TESOL Journal, 14(1), 3-30.

  • Smith, M. D. (2017). Motivation in the EFL classroom: practical tips for new teachers. The English Connection, 21(3), 11-13.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • タイトル:Readings for Naval English
    出版者・発行元:도서출판 잉글리시라임
    発行年月:2017年03月
    著者:김동환, 김동영, 박기찬, 권동욱, Michael D. Smith

    著書種別:教科書・概説・概論
    担当区分:共著
    専門分野:人文・社会 / 英語学,人文・社会 / 外国語教育,フロンティア(航空・船舶) / 船舶海洋工学

  • Kim, D. H., Kim, D. Y., Park, K. C., Kwon, D. W., & Smith, M. D. (2017). Readings for naval English. English Time Publishing. (ISBN: 979-11-87114-06-2)

受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:ロバート・ホートン博士出版賞
    受賞年月:2022年07月
    受賞国:
    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞
    授与機関:バース大学
    受賞者(グループ):スミス マイケル ディーン

  • 賞名:ベストプレゼンテーション賞 2022
    受賞年月:2022年03月
    受賞国:
    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    授与機関:アジア教育革新会議
    受賞者(グループ):スミスマイケル, マキュラークデイビッド

  • 賞名:The Korean TESOL Association Research Paper of the Year Award 2019
    受賞年月:2019年10月
    受賞国:大韓民国
    受賞区分:国内外の国際的学術賞
    授与機関:The Korean TESOL Association
    受賞者(グループ):Michael D. Smith

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    会議名:2022 Korea TESOL International Conference
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2022年04月
    開催地: 
    タイトル:An Introduction to the Usage of Hermeneutics in Cross-cultural Research
    会議種別:口頭発表(一般)

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    会議名:2021 Korea TESOL International Conference
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2021年02月
    開催地:Seoul, Korea
    タイトル:VR & ELL: Current Strategies & Future Directions Following COVID-19
    会議種別:口頭発表(一般)
    専門分野:人文・社会 / 教育学

  • 記述言語:英語
    会議名:Hawaiʻi International Conference on English Language and Literature Studies
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2020年02月 ~ 2020年03月
    開催地:Hilo, Hawai'i
    タイトル:The usage of virtual reality during information-gap EFL activities
    会議種別:口頭発表(一般)

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    会議名:教育研究における混合手法研究の戦略的使用
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2019年10月
    開催地:兵庫県 三田市
    タイトル:教育研究における混合手法研究の戦略的使用
    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

      外部サイトへのリンクを表示

  • McCurrach, D. P., & Smith, M. D. (2020, March 13 – 14). The usage of virtual reality during information-gap EFL activities [Paper presentation]. Hawaiʻi International Conference on English Language and Literature Studies, Hilo, HI, United States.

  • Colpitts, B. D. F., & Smith, M. D. (2019, October). Strategic usage of mixed methods research in educational research [Conference session]. Kwansei Gakuin University School of Policy Studies Professional Development Conference, Sanda, Japan.

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:国際学部

    授業科目名:EnglishI

    授業形式:代表者

全件表示 >>