基本情報

写真b

Brian Wojtowicz

Brian Wojtowicz

研究分野・キーワード
Communicative competence, pragmatics, discourse analysis
研究概要
My background is in applied linguistics and I believe that by placing an enormous emphasis on spoken discourse in the classroom, students can better develop communicative competence, consequently, improving their development as fluent English speakers and communicators. To mature as English language learners and strengthen spoken fluency, students must also comprehend how English functions as a global and diverse language culturally, linguistically and pragmatically. Therefore my research involves recording, evaluating, and analyzing spoken English with a focus on communicative competence, and exploring how pragmatic competence entwines with spoken discourse. My research also examines student motivation through student feedback documentation and analysis.

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(文学)
    学位の分野名:外国語教育
    学位授与機関名:バーミンガム大学院(イギリス)
    取得方法:課程
    取得年月:2013年07月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):外国語教育

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Using Extensive Reading Oral Reports to Enhance Spoken Fluency
    掲載誌名:Language Education in Asia (LEiA)  8巻  1号  (頁 109 ~ 132)
    掲載誌 発行年月:2018年02月
    著者氏名(共著者含):Brian Wojtowicz

    DOI:10.5746/LEiA/17/V8/I1/A07/Wojtowicz
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The Effective Correlation between L2 Self-Confidence and Self-Evaluation of L2 Speaking Skills
    掲載誌名:Annual Research Report of the Language Center. Kwansei Gakuin University  20巻
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):Brian Wojtowicz

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:The 38th Thailand TESOL International Conference “Digital Literacy in English Language Learning and Teaching”
    会議区分:国際会議
    開催期間:2018年01月
    開催場所:Chiang Mai, Thailand
    題目又はセッション名:Increasing L2 Oral Fluency Development in Asian EFL/ESL Classrooms
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:1st Annual International Conference on Literature and Linguistics (ICLL 2017)
    会議区分:国際会議
    開催期間:2017年07月
    開催場所:Amsterdam, Netherland
    題目又はセッション名:Enhancing L2 Spoken Fluency through L1 Discourse Marker Awareness and L2 Discourse Marker Usage
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:TESOL 2017 International Convention & English Language Exposition
    会議区分:国際会議
    開催期間:2017年03月
    開催場所:Seattle, Washington, U.S.A.
    題目又はセッション名:Improving L2 Self-confidence Awareness Through Conversation Video Self-analysis
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:The 13th Annual Cam TESOL Conference on English Language Teaching
    会議区分:国際会議
    開催期間:2017年02月
    開催場所:Phnom Penh, Cambodia
    題目又はセッション名:Using Extensive Reading Oral Reports to Enhance Spoken Fluency
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:JALT National Conference 2016
    会議区分:国際会議
    開催期間:2016年11月
    開催場所:Nagoya, Aichi, Japan
    題目又はセッション名:Enhancing Spoken Fluency with L2 Discourse Markers
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Culture and Society

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Culture and Society

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Project-based Seminar in English(Study Abroad)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Project-based Seminar in English(Study Abroad)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:インテンシブ・イングリッシュ

    授業形式:代表者

全件表示 >>