基本情報

写真b

Brian Wojtowicz

Brian Wojtowicz

所属
言語教育研究センター
研究分野・キーワード
Communicative competence, pragmatics, discourse analysis
研究概要
My background is in applied linguistics and I believe that by placing an enormous emphasis on spoken discourse in the classroom, students can better develop communicative competence, consequently, improving their development as fluent English speakers and communicators. To mature as English language learners and strengthen spoken fluency, students must also comprehend how English functions as a global and diverse language culturally, linguistically and pragmatically. Therefore my research involves recording, evaluating, and analyzing spoken English with a focus on communicative competence, and exploring how pragmatic competence entwines with spoken discourse. My research also examines student motivation through student feedback documentation and analysis.

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(文学)
    分野名:人文・社会 / 外国語教育
    授与機関名:その他
    取得方法:課程
    取得年月:2013年07月

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 外国語教育

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Intensive English Progress Report: The Importance of Interactive Speaking Confidence and Oral Fluency Comfort
    誌名:Annual Research Report of the Language Center. Kwansei Gakuin University. NO.22, March 2019  22号
    出版年月:2019年03月
    著者:Brian Wojtowicz

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Using Extensive Reading Oral Reports to Enhance Spoken Fluency
    誌名:Language Education in Asia (LEiA)  8巻  1号  (頁 109 ~ 132)
    出版年月:2018年02月
    著者:Brian Wojtowicz

    DOI:10.5746/LEiA/17/V8/I1/A07/Wojtowicz
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:The Effective Correlation between L2 Self-Confidence and Self-Evaluation of L2 Speaking Skills
    誌名:Annual Research Report of the Language Center. Kwansei Gakuin University  20巻
    出版年月:2017年03月
    著者:Brian Wojtowicz

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    会議名:20th ASIATEFL – 68th TEFLIN – 5th iNELTAL Hybrid International Conference
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2022年08月
    開催地:Universitas Negeri Malang, Indonesia
    タイトル:Speaking Ability Identified as Most Important, Most in Need of Improvement, and Weakest English Skill
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:Annual Research Forum of the Language Center, Kwansei Gakuin University
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2022年01月
    開催地:Kwansei Gakuin University, Hyogo, Japan
    タイトル:Intensive English Beginning and End of Fall 2021 Semester Survey Results Analysis
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:18th Biennial EARLI Conference for Research on Learning and Instruction, RWTH
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2019年08月
    開催地:Aachen University, Aachen, Germany
    タイトル:Oral Fluency Improvement through Discourse Marker Practice in a Japanese University EFL Class
    会議種別:ポスター発表

  • 記述言語:英語
    会議名:The 15th Annual Cam TESOL Conference on English Language Teaching
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2019年02月
    開催地:Phnom Penh, Cambodia
    タイトル:The Benefits of Communicative Free-Production Practices and L2 Oral Fluency Awareness in Asian EFL/ESL Classrooms
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:Academic Conference on Education, Teaching and E-learning (AC-ETeL 2018)
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2018年08月
    開催地:Prague, Czech Republic
    タイトル:L2 Discourse Marker Value and Relevance in SLA
    会議種別:口頭発表(一般)

全件表示 >>

  • 20th AsiaTEFL - 68th TEFLIN - 5th iNELTAL 2022. Malang, Indonesia, August 4th - 7th, 2022.
    "Speaking Ability Identified as Most Important, Most in Need of Improvement, and Weakest English Skill"

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Project-based Seminar in English(Study Abroad)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Project-based Seminar in English(Study Abroad)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:インテンシブ・イングリッシュ

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:インテンシブ・イングリッシュ

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:インテンシブ・イングリッシュ

    授業形式:代表者

全件表示 >>