基本情報

写真b

景山 洋平

Kageyama Yohei

職名
准教授
研究分野・キーワード
現象学 解釈学 実存思想 近現代ドイツ哲学 近代日本哲学
研究概要
これまでハイデガーおよび現象学的・解釈学的な哲学者を中心に研究し、当事者的経験に定位する存在論の構造と歴史を考察してきた。その一つの成果は、『出来事と自己変容:ハイデガー哲学の構造と生成における自己性の問題』として公にした。また、これと並行して、カントやヘーゲルなどの近代ドイツ哲学と近代日本の京都学派のテキストにも取り組み、存在と人間の関係、経験世界の構造、そして人間の複数性の問題について研究を進めている。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京大学
    学部(学系)名:文学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:2005年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東京大学
    研究科名:人文科学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:2012年03月
    修了区分:単位取得満期退学
    所在国:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:ドイツ・ヴッパタール大学(Bergische Universitaet Wuppertal)
    経歴名:ドイツ学術交流会長期留学奨学生
    留学期間:2010年10月 ~ 2012年09月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(文学)
    学位の分野名:哲学・倫理学
    学位授与機関名:東京大学
    取得方法:課程
    取得年月:2012年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 文学部
    経歴名:准教授
    職務期間:2019年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:東京大学
    経歴名:専任講師
    経歴期間:2016年04月 ~ 2019年03月

  • 所属(勤務)先名:日本学術振興会
    経歴名:日本学術振興会特別研究員
    経歴期間:2013年04月 ~ 2016年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本現象学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:実存思想協会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:関西学院大学哲学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:哲学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:コブレンツ・ランダウ大学現象学解釈学研究所(Forschungsstelle fur Phanomenologie und Hermeneutik, Universitat Koblenz-Landau)

    学会所在国:ドイツ連邦共和国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):哲学・倫理学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:出来事と自己変容:ハイデガー哲学の構造と生成における自己性の問題
    学位授与年月:2012年09月
    著者氏名(共著者含):景山洋平

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:日本のハイデガー受容における弁証法:田辺元の思想形成に即して
    掲載誌名:東アジアにおける哲学の生成と発展:間文化の視点から
    掲載誌 発行年月:2022年02月
    著者氏名(共著者含):景山 洋平

    掲載種別:共著図書所収論文
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The Boundary of Ontological Time and its Crossing: Shuzo Kuki’s Analysis of Japanese Poetry as an Unrealized Dialogue with Heidegger
    掲載誌名:Heidegger in the literary world
    掲載誌 発行年月:2021年11月
    著者氏名(共著者含):Yohei KAGEYAMA

    掲載種別:共著図書所収論文
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:西田幾多郎と無位真人の世界:後期ハイデガーの人間概念を背景として
    掲載誌名:哲学雑誌  135巻  808号  (頁 42 ~ 59)
    掲載誌 発行年月:2021年10月
    著者氏名(共著者含):景山 洋平

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:ドイツ語
    論文題目名:Kitaro Nishida: Das Weltproblem im Verhaeltnis zur Phaenomenologie
    掲載誌名:Phaenomenologische Metaphysik
    掲載誌 発行年月:2020年09月
    著者氏名(共著者含):Yohei Kageyama

    掲載種別:共著図書所収論文
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:精神と現存在の差異:ガブリエルとハイデガーにおける様相・歴史・自由
    掲載誌名:現代思想
    掲載誌 発行年月:2018年09月
    著者氏名(共著者含):景山洋平

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:「問い」から始まる哲学入門
    出版機関名:光文社
    発行年月:2021年10月
    著者氏名(共著者含):景山 洋平

    著書種別:単行本(一般書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:ハイデガー事典
    出版機関名:昭和堂
    発行年月:2021年06月
    著者氏名(共著者含):秋富克哉, 古荘真敬, 松本啓二郞, 阿部浩, 景山洋平 他

    著書種別:事典・辞書
    著書形態:共編者

  • 記述言語:日本語
    著書名:出来事と自己変容:ハイデガー哲学の構造と生成における自己性の問題
    出版機関名:創文社
    発行年月:2015年09月
    著者氏名(共著者含):景山洋平

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:日本人の思考特性
    出版機関名:三輪書店
    掲載誌名:作業療法カウンセリング
    掲載誌 発行年月:2020年07月
    著者氏名(共著者含):景山 洋平

    掲載種別:総説・解説(その他)
    共著区分:単著

  • 記述言語:その他外国語
    題目:大学の授業で専門書を読む ー 哲学の場合 ー
    掲載誌名:大学出版
    掲載誌 発行年月:2019年01月
    著者氏名(共著者含):景山洋平

    掲載種別:総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:書評「小田切建太郎『中道態・地平・竈』法政大学出版局」
    掲載誌名:図書新聞
    掲載誌 発行年月:2018年12月
    著者氏名(共著者含):景山洋平

    掲載種別:総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:ドイツの哲学と日本の哲学
    掲載誌名:ECHO  32巻  (頁 33 ~ 35)
    掲載誌 発行年月:2016年11月
    著者氏名(共著者含):景山洋平

    掲載種別:総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:存在を問う道の途上で
    掲載誌名:創文  20巻  (頁 4 ~ 6)
    掲載誌 発行年月:2016年03月
    著者氏名(共著者含):景山洋平

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:日本現象学会研究奨励賞
    受賞年月:2012年11月
    受賞国:その他
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:日本現象学会
    受賞者・受賞グループ名:景山洋平

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:若手研究
    研究期間:2018年04月 ~ 2021年03月
    研究題目:現象学における「存在の根拠としての言語」概念の系譜と主体性の言語的基盤の解明

  • 研究種目:研究成果公開促進費・学術図書
    研究期間:2015年09月
    研究題目:『出来事と自己変容:ハイデガー哲学の構造と生成における自己性の問題』

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:Receptions of Heidegger's Philosophy in China and Japan
    会議区分:国際会議
    開催期間:2020年11月
    開催場所:University of Macau
    題目又はセッション名:Historical Horizon of the Heidegger-Reception in Japan and its ontological significance: Two genealogies, Seishiro Oe and Today
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:nature, technology, metaphysics
    会議区分:国際会議
    開催期間:2019年06月
    開催場所:The University of Bonn
    題目又はセッション名:The Place and Authenticity of Humans in Facticity
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:ドイツ語
    会議名称:Colloque international « Heidegger dans la pensée française »
    会議区分:国際会議
    開催期間:2018年10月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:Mensch als λόγος und sein Ding: ein Versuch
    発表形態:口頭(招待・特別)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:American Comparative Literature Association
    会議区分:国際会議
    開催期間:2018年03月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:Boundary of Ontological Time and its Crossing in Shuzo Kuki’s Analysis of Japanese Poetry as an Unrealized Dialog with Heidegger
    発表形態:その他

  • 発表(記述)言語:ドイツ語
    会議名称:関西学院大学ギュンター・フィガール教授特別コロキウム
    会議区分:国内会議
    開催期間:2016年11月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:Die Begrenzung des Raums und die Sprache des Grenzübergängers -- Die Milieus und der Reisende bei Tetsuro Watsuji --
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:人文演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:人文演習II

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学研究科後期

    授業科目名:博士論文作成演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:文学部

    授業科目名:哲学演習I

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:学部長補佐
    活動期間:2021年04月 ~ 2023年03月

  • 活動名称:人権教育科目・運営委員
    活動期間:2019年04月 ~ 2020年03月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:日本哲学会
    役職・役割名:編集委員
    活動期間:2021年07月 ~ 継続中

  • 学会・委員会:コブレンツ・ランダウ大学現象学解釈学研究所(Forschungsstelle fur Phanomenologie und Hermeneutik, Universitat Koblenz-Landau)
    役職・役割名:国際学術諮問委員
    活動期間:2020年11月 ~ 継続中

  • 学会・委員会:実存思想協会
    役職・役割名:幹事
    活動期間:2020年 ~ 継続中

  • 学会・委員会:ハイデガー・フォーラム
    役職・役割名:実行委員
    活動期間:2008年10月 ~ 継続中