基本情報

写真b

西村 健司

NISHIMURA KENJI

研究分野・キーワード
オルガネラ、タンパク質分解、プロテアーゼ、葉緑体
研究概要
葉緑体は光合成をはじめとする植物の正常な発達や成長に欠かせない多くの代謝反応が行われる細胞内小器官(オルガネラ)です。葉緑体内には延べ数千種類にも及ぶタンパク質が存在し、これら生体反応を触媒しています。そのため植物はこれら葉緑体タンパク質の活性や機能を維持・制御することにより、葉緑体代謝を円滑に進める必要があります。特に高次構造の形成異常や損傷などにより機能不全を起こしたタンパク質や、細胞内外の環境変化によりそれ自体が不要になった場合は、分解除去される必要があります。この役割を担うのが葉緑体タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)です。葉緑体内にはこれまでのところ少なくとも20種類のプロテアーゼが存在することが知られています。我々はこれら葉緑体プロテアーゼのうち、どれがいつどこでどのタンパク質をなぜどのように分解しているかについて興味を持っています。また葉緑体タンパク質分解がどのような細胞内の現象と結びついているのか、さらに他のオルガネラを含む細胞内環境の変化と葉緑体タンパク質の恒常性との関連性についても明らかにしたいと考えています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(バイオサイエンス)
    学位の分野名:植物分子・生理科学
    学位授与機関名:奈良先端科学技術大学院大学
    取得方法:課程
    取得年月:2010年09月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):植物分子・生理科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Posttranslational Control of ALA Synthesis Includes GluTR Degradation by Clp Protease and Stabilization by GluTR-Binding Protein
    掲載誌名:Plant Physiology
    掲載誌 発行年月:2016年03月
    著者氏名(共著者含):Janina Apitz, Kenji Nishimura, Judith Schmied, Anja Wolf, Boris Hedtke, Klaas J. van Wijk, Bernhard Grimm

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Discovery of a Unique Clp Component, ClpF, in Chloroplasts: A Proposed Binary ClpF-ClpS1 Adaptor Complex Functions in Substrate Recognition and Delivery.
    掲載誌名:The Plant Cell
    掲載誌 発行年月:2015年11月
    著者氏名(共著者含):Kenji Nishimura, Janina Apitz, Giulia Friso, Jitae Kim, Lalit Ponnala, Bernhard Grimm, Klaas J. van Wijk

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Structures, Functions, and Interactions of ClpT1 and ClpT2 in the Clp Protease System of Arabidopsis Chloroplasts
    掲載誌名:The Plant Cell
    掲載誌 発行年月:2015年06月
    著者氏名(共著者含):Jitae Kim, Matthew S. Kimber, Kenji Nishimura, Giulia Friso, Lance Schultz, Lalit Ponnala, Klaas J. van Wijk

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:The Clp protease system is required for copper ion-dependent turnover of the PAA2/HMA8 copper transporter in chloroplasts
    掲載誌名:New Phytologist
    掲載誌 発行年月:2014年12月
    著者氏名(共著者含):Wiebke Tapken Jitae Kim Kenji Nishimura Klaas J. van Wijk Marinus Pilon

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:ClpS1 is a conserved substrate selector for the chloroplast Clp protease system in Arabidopsis
    掲載誌名:The Plant Cell
    掲載誌 発行年月:2013年07月
    著者氏名(共著者含):Kenji Nishimura, Yukari Asakura, Giulia Friso, Jitae Kim, Soo-hyun Oh, Heidi Rutschow, Lalit Ponnala, Klaas J. van Wijk

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    題目:Essentials of Proteolytic Machineries in Chloroplasts
    掲載誌名:Molecular Plant
    掲載誌 発行年月:2017年01月
    著者氏名(共著者含):KenjiNishimuraYusukeKatoWataruSakamoto

    掲載種別:総説・解説(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    題目:Chloroplast Proteases: Updates on Proteolysis within and across Suborganellar Compartments
    掲載誌名:Plant Physiology
    掲載誌 発行年月:2016年08月
    著者氏名(共著者含):Kenji Nishimura, Yusuke Kato, Wataru Sakamoto

    掲載種別:総説・解説(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    題目:Organization, function and substrates of the essential Clp protease system in plastids
    掲載誌名:Biochimica et Biophysica Acta Bioenergetics
    掲載誌 発行年月:2014年12月
    著者氏名(共著者含):Kenji Nishimura, Klaas J.van Wijk

    掲載種別:総説・解説(学術雑誌)
    共著区分:共著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:サブゼミ

    授業形式:代表者