基本情報

写真b

青野 裕一

AONO YUICHI

所属
生命環境学部
研究分野・キーワード
分子細胞生物学, ケミカルバイオロジー
研究概要
私たちは身近に存在する天然物質を利用することで様々な恩恵を受けています。例えば、漢方薬は膨大な経験知によって選び抜かれた「疾患に対して効果を示す天然物質」の利用したものであり、その他の治療薬も天然物質をヒントに創製されたものが約半数を占めています。これらの物質は、私たちの体を形作る細胞内外の分子ネットワークに作用することで薬効・副作用をもたらします。ゆえに、その作用機序を理解することは生命現象の理解にも繋がります。我々は薬効・副作用を持つ天然化合物から皮膚・軟骨形成に関連する疾患を中心に、その発症メカニズムの究明および治療薬創製のヒントとなり得る標的分子の発見を目指し研究を行っていきます。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:関西学院大学
    学部(学系)名:理工学部
    学科・専攻等名:生命科学科

    学校の種類:大学
    卒業年月:2010年03月
    卒業区分:卒業
    国名:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:関西学院大学
    学部等名:理工学研究科
    学科等名:生命科学専攻

    修了課程:修士課程
    修了年月:2012年03月
    修了区分:修了
    国名:日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)
    分野名:ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学
    授与機関名:京都府立医科大学
    取得方法:課程
    取得年月:2019年01月

  • 学位名:修士(理学)
    分野名:ライフサイエンス / 発生生物学
    授与機関名:関西学院大学
    取得方法:課程
    取得年月:2012年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:日本がん分子標的治療学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本衛生学会

    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:ライフサイエンス / 医化学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Sulindac sulfone inhibits the mTORC1 pathway in colon cancer cells by directly targeting voltage-dependent anion channel 1 and 2.
    誌名:Biochemical and Biophysical Research Communications  505巻  4号  (頁 1203 ~ 1210)
    出版年月:2019年01月
    著者:Aono Y, Horinaka M, Iizumi Y, Watanabe M, Taniguchi T, Yasuda S, Sakai T

    DOI:10.1016/j.bbrc.2018.10.050
    掲載種別:学位論文(博士)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Sulindac sulfone inhibits the mTORC1 pathway in colon cancer cells by directly targeting voltage-dependent anion channel 1 and 2.
    誌名:Biochemical and Biophysical Research Communications  505巻  4号  (頁 1203 ~ 1210)
    出版年月:2018年11月
    著者:Aono Y, Horinaka M, Iizumi Y, Watanabe M, Taniguchi T, Yasuda S, Sakai T

    DOI:10.1016/j.bbrc.2018.10.050
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:FGFR inhibitor BGJ398 and HDAC inhibitor OBP-801 synergistically inhibit cell growth and induce apoptosis in bladder cancer cells.
    誌名:Oncology Reports  39巻  2号  (頁 627 ~ 632)
    出版年月:2018年02月
    著者:Taniguchi T, Iizumi Y, Watanabe M, Masuda M, Morita M, Aono Y, Toriyama S, Oishi M, Goi W, Sakai T

    DOI:10.3892/or.2017.6127
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:A histone deacetylase inhibitor, OBP-801, and celecoxib synergistically inhibit the cell growth with apoptosis via a DR5-dependent pathway in bladder cancer cells.
    誌名:Molecular Cancer Therapeutics  15巻  9号  (頁 2066 ~ 2075)
    出版年月:2016年09月
    著者:Toriyama S, Horinaka M, Yasuda S, Taniguchi T, Aono Y, Takamura T, Morioka Y, Miki T, Ukimura O, Sakai T

    DOI:10.1158/1535-7163.MCT-16-0010
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Resveratrol directly targets DDX5 resulting in suppression of the mTORC1 pathway in prostate cancer.
    誌名:Cell Death & Disease  7巻  (頁 e2211 ~ )
    出版年月:2016年05月
    著者:Taniguchi T, Iizumi Y, Watanabe M, Masuda M, Morita M, Aono Y, Toriyama S, Oishi M, Goi W, Sakai T

    DOI:10.1038/cddis.2016.114
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:若手研究
    研究期間:2020年04月 ~ 2023年03月
    タイトル:皮膚がん予防への応用に向けたヒノキチオールの新規標的分子の発見と作用機序の解明

  • 研究種目:特別研究員奨励費
    研究期間:2015年04月 ~ 2017年03月
    タイトル:がん予防におけるアスピリンの新規標的タンパク質の探索と作用機序の解析

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    会議名:第89回日本衛生学会学術総会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2019年02月
    開催地:名古屋大学 東山キャンパス 豊田講堂
    タイトル:スリンダク代謝体の大腸腺腫形成抑制作用における新規標的分子の探索と作用機序の解析
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:日本語
    会議名:第18回分子予防環境医学研究会大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2019年01月
    開催地:名古屋大学医学部 鶴舞キャンパス 鶴友会館
    タイトル:新規スリンダクスルホン結合タンパク質VDACによる細胞周期制御のメカニズムの解析
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:第63回日本細胞生物学会大会
    国際・国内会議:国内会議
    開催年月:2011年06月
    開催地:北海道大学
    タイトル:哺乳類の脊椎軟骨形成が追跡可能な新規培養系の構築
    会議種別:ポスター発表