基本情報

写真b

陰山 真矢

KAGEYAMA MAYA

研究分野・キーワード
反応拡散系、偏微分方程式、パターン形成、数値シミュレーション
研究概要
生物、物理、環境などの様々な現象を記述する数理モデルに興味をもっており、それらを関数解析の手法と数値シミュレーションを用いて研究しています。特に、現在は、生物と環境の相互作用を表す「デイジーワールドモデル」に注目しています。これは、仮想の惑星上に反射率の異なる2色の植物(デイジー)しか存在しないという状況で、デイジーの競争が惑星の温度を自身にとって快適であるように自律的に調節するというモデルです。これは非常に単純な地球システムモデルであり、数学的な面白さはもちろん、様々な分野における発展性を秘めたモデルであると考えています。

これ以外にも多くの身近な現象について数学的にアプローチしていきたいと考えており、皆さんとのコミュニケーションの中で新たな着想が得られることを期待してます。
SDGs 関連ゴール

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学
    研究科名:情報科学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:2018年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(情報科学)
    学位の分野名:数学基礎・応用数学
    学位授与機関名:大阪大学
    取得方法:課程
    取得年月:2018年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本応用数理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本数学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):数学基礎・応用数学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:恒常性自己調節モデルに対する数理的研究
    学位授与年月:2018年
    著者氏名(共著者含):陰山 真矢

    共著区分:単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Mechanisms of climate homeostasis in Daisyworld and spatial segregation patterns
    掲載誌名:Communications in Nonlinear Science and Numerical Simulation
    掲載誌 発行年月:2020年02月
    著者氏名(共著者含):Maya Kageyama, Atsushi Yagi

    DOI:10.1016/j.cnsns.2019.104990
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Exponential Attractors for Self-Regulating Homeostasis Model on a Sphere
    掲載誌名:Scientiae Mathematicae Japonicae
    掲載誌 発行年月:2019年08月
    著者氏名(共著者含):Maya Kageyama, Atsushi Yagi

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:Pattern Formation in Self-Regulating Homeostasis Model
    掲載誌名:Proceedings of SICE International Symposium on Control Systems 2018
    掲載誌 発行年月:2018年03月
    著者氏名(共著者含):Maya Kageyama, Atsushi Yagi

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分:共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:若手研究
    研究期間:2019年04月 ~ 2022年03月
    研究題目:競争と環境のハイブリッドシステムに対する解析―惑星温暖化とパターン形成―