基本情報

写真b

宮原 一成

MIYAHARA KAZUNARI

研究分野・キーワード
現代英国・英連邦小説、物語論
研究概要
 20世紀および21世紀にイギリスや英連邦で書かれている英語小説が私の研究対象です。小説研究には様々なアプローチがありますが私のアプローチは、書き手なり登場人物なりの頭や心の中で刻一刻と起こっていることを、文章はどう表現しているのか、それをしっかり愚直に見届ける読み方に一番関心を持っています。外国文学という異文化に触れる第一歩を踏み出す姿勢として、一個のテクストに対し、一人の人間と付き合うようにして付き合おうとすることが、まず大切になることだと信じています。教育にあたっても、文学テクストを扱う授業にしろ、文学テクストではない文章を扱う授業にしろ、まずは書き手の努力や心意気の痕跡をできるだけ見逃さず、誠実にすくい取る読み方を重視するのが信条です。
 そうした読み方への興味が、理論的な方向へ広がっていった結果として、物語論にも関心を抱くようになりました。目下の関心は、書き手が物語文を書くときに過去時制ではなく現在時制を選ぶ、その選択に至った意図や心情について考えることです。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:九州大学
    学部(学系)名:文学部
    学科・専攻等名:文学科英語学英文学講座

    学校の種類:大学
    卒業年月:1984年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:九州大学
    研究科名:比較社会文化研究科
    専攻名:国際比較社会文化専攻

    修了課程:修士課程
    修了年月:1997年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:文学士
    学位の分野名:英米・英語圏文学
    学位授与機関名:九州大学
    取得方法:課程
    取得年月:1984年03月

  • 学位名:修士(比較社会文化)
    学位の分野名:英米・英語圏文学
    学位授与機関名:九州大学
    取得方法:課程
    取得年月:1997年03月

  • 学位名:博士(文学)
    学位の分野名:英米・英語圏文学
    学位授与機関名:九州大学
    取得方法:論文
    取得年月:2014年12月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:同時代文学研究英国協会(British Association for Contemporary Literary Studies)

    学会所在国:グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • 所属学会:ヴィクトリア朝文化研究学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:テクスト研究学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:英語史研究会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本英文学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):英米・英語圏文学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 資格名:中学校教諭1種免許

  • 資格名:高等学校教諭2種免許

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 研修名:Professional Development for Yamaguchi Professors
    受講期間:2006年03月

  • 研修名:Teacher Development and Faculty Research Course
    受講期間:2007年08月 ~ 2007年09月

  • 研修名:English Medium Instruction: An Introduction to Aspects of Language and Methodology for University Lecturers
    受講期間:2017年09月

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:読み行為と贈与論を関連させて解釈する基礎研究

    研究期間:2016年04月 ~ 継続中
    専門分野(科研費分類):英米・英語圏文学
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:科学研究費補助金

  • 研究課題名:語りの時制論

    研究期間:2005年04月 ~ 継続中
    専門分野(科研費分類):英米・英語圏文学
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:経常研究

  • 研究課題名:英国人作家ウィリアム・ゴールディングの作品研究

    研究期間:1994年04月 ~ 継続中
    専門分野(科研費分類):英米・英語圏文学
    研究態様(個人・共同別)区分:個人研究
    研究制度:経常研究

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:20世紀後半におけるウィリアム・ゴールディングと読むことの意味
    学位授与年月:2014年12月
    著者氏名(共著者含):宮原 一成

    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):英米・英語圏文学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:1つに重ねた読む行為の記録―イアン・マキューアン作『贖罪』第1部における誠実さ―
    掲載誌名:『テクスト研究』  15号  (頁 71 ~ 90)
    掲載誌 発行年月:2019年03月
    著者氏名(共著者含):宮原 一成

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:赦されるのは時間の問題-Ian McEwanのAtonementにおける時系列の印象操作
    掲載誌名:『山口大学 文学会志』  69巻  (頁 95 ~ 124)
    掲載誌 発行年月:2019年03月
    著者氏名(共著者含):宮原 一成

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    論文題目名:A Case of/for "Sad Black Names and Dates": Sebastian Barry's The Secret Scripture as a (Post-) Postmodernist Detective Novel
    掲載誌名:『英文学研究 英文号58』  58巻  (頁 1 ~ 20)
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):Kazunari Miyahara

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:"You know what it is, but you want me to say it"―Enduring Loveにおける対話偽装と責任問題
    掲載誌名:『英文学研究 支部統合号』  9巻  (頁 265 ~ 273)
    掲載誌 発行年月:2017年01月
    著者氏名(共著者含):宮原 一成

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:『あるときの物語』における純粋贈与志向
    掲載誌名:『英語と英米文学』  51号  (頁 57 ~ 99)
    掲載誌 発行年月:2016年12月
    著者氏名(共著者含):宮原 一成

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:『ウィリアム・ゴールディングの読者』
    出版機関名:開文社出版
    発行年月:2017年10月
    著者氏名(共著者含):宮原 一成

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:VOA Special Englishで学ぶ大学英語入門
    出版機関名:開文社出版
    発行年月:2011年02月
    著者氏名(共著者含):宮原 一成

    著書種別:教科書
    著書形態:編者

  • 記述言語:英語
    著書名:ワールドブレイン-H.G.ウェルズの「世界頭脳」
    出版機関名:開文社出版
    発行年月:2009年02月
    著者氏名(共著者含):H.G. ウェルズ著; 宮原 一成編注

    著書種別:教科書
    著書形態:編者

  • 記述言語:日本語
    著書名:ウィリアム・ゴールディング著『尖塔―ザ・スパイア』
    出版機関名:開文社出版
    発行年月:2006年05月
    著者氏名(共著者含):ウィリアム・ゴールディング著、宮原一成・吉田徹夫訳

    著書種別:単行本(一般書)
    担当部分:8つの章粗訳、共同で校正、全訳注の作成
    著書形態:共訳

  • 記述言語:日本語
    著書名:ブッカー・リーダー-現代英国・英連邦小説を読む-(共編著)
    出版機関名:開文社出版
    発行年月:2005年05月
    著者氏名(共著者含):吉田徹夫監修・福岡現代英国小説談話会編

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:論文4本とまえがき、作品あらすじ18本執筆、全体の編集、組み版
    著書形態:共編者

全件表示 >>

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:テクストを読む行為を贈与論で捉えるアプローチの可能性―それぞれの論争に共通するもの
    出版機関名:日本英文学会
    掲載誌名:『日本英文学会2017年度支部大会Proceedings』  (頁 297 ~ 298)
    掲載誌 発行年月:2018年09月
    著者氏名(共著者含):宮原 一成

    掲載種別:研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:(書評)阿部公彦著『善意と悪意の英文学史―語り手は読者をどのように愛してきたか』
    掲載誌名:図書新聞  3234号  (頁 4)
    掲載誌 発行年月:2015年12月
    著者氏名(共著者含):宮原 一成

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:(解説)「コルム・トビーン」
    出版機関名:青月社
    掲載誌名:『ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち』  (頁 186 ~ 193)
    掲載誌 発行年月:2014年09月
    著者氏名(共著者含):宮原 一成

    掲載種別:総説・解説(その他)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:(解説)「ウィリアム・トレヴァー」
    出版機関名:青月社
    掲載誌名:『ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち』  (頁 132 ~ 139)
    掲載誌 発行年月:2014年09月
    著者氏名(共著者含):宮原 一成

    掲載種別:総説・解説(その他)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:(研究ノート)スピヴァクは読まれることができていたのか―特に日本において
    出版機関名:山口大学
    掲載誌名:『英語と英米文学』  45号  (頁 103 ~ 127)
    掲載誌 発行年月:2010年12月
    著者氏名(共著者含):宮原 一成

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2016年04月 ~ 継続中
    研究題目:読む行為を贈与として捉える可能性と意義についての基礎的事例研究

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2006年04月 ~ 2008年03月
    研究題目:現代英国系小説における現在時制語りの研究

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2001年04月 ~ 2004年03月
    研究題目:ウィリアム・ゴールディングの思想背景研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:PALA (Poetics and Linguistics Association) 第39回年次大会
    会議区分:国際会議
    開催期間:2019年07月
    開催場所:The University of Liverpool
    題目又はセッション名:Stories and Emails and Time Taken to Respond: Poetics of Textual Gift-Exchange in Sally Rooney's Normal People
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):英語学,英米・英語圏文学

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本英文学会中国四国支部第71回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2018年10月
    開催場所:鳥取大学
    題目又はセッション名:赦されるのは時間の問題―Ian McEwanのAtonementにおける時系列操作
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:テクスト研究学会第18回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2018年08月
    開催場所:佛教大学二条キャンパス
    題目又はセッション名:隠蔽か合一か ―『贖罪』における《テクストを読む行為》の重ね塗りの倫理―
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本英文学会九州支部第70回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2017年10月
    開催場所:長崎大学
    題目又はセッション名:テクストを読む行為を贈与論で捉えるアプローチの可能性―それぞれの論争に共通するもの
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:What Happens Now: 21st Century Writing in English第4回国際会議
    会議区分:国際会議
    開催期間:2016年06月
    開催場所:The University of Lincoln, UK
    題目又はセッション名:The Meaning of Reading in A Tale for the Time Being : Gift Exchange (Un-)deconstructed
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:基礎演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:基礎演習II

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:英語AI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:英語AI

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2019年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:英語AII

    授業形式:代表者

全件表示 >>

作成した教科書、教材、参考書 【 表示 / 非表示

  • タイトル:教科書:VOA Special Englishで学ぶ大学英語入門
    活動期間:2011年02月

  • タイトル:ワールドブレイン H.G.ウェルズの「世界頭脳」
    活動期間:2009年02月

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:日本英文学会
    役職・役割名:大会準備委員
    活動期間:2018年07月 ~ 継続中

  • 学会・委員会:日本英文学会
    役職・役割名:九州支部『九州英文学研究』編集委員
    活動期間:2009年10月 ~ 2019年03月