基本情報

写真b

中村 悠人

NAKAMURA Yuto

職名
准教授
研究室住所
兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155 MR棟
研究分野・キーワード
刑事法学
研究概要
刑罰論(刑罰の正当化根拠論、自由刑論、法人処罰等)、責任論

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(法学)
    学位の分野名:刑事法学
    学位授与機関名:立命館大学
    取得方法:課程
    取得年月:2012年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 司法研究科
    経歴名:准教授
    職務期間:2019年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:東京経済大学
    経歴名:専任講師
    経歴期間:2013年04月 ~ 2015年03月

  • 所属(勤務)先名:東京経済大学
    経歴名:准教授
    経歴期間:2015年04月 ~ 2019年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本刑法学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本犯罪社会学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:法と精神医療学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:比較法学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:日本法哲学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):刑事法学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:刑罰の正当化根拠に関する一考察
    学位授与年月:2012年03月
    著者氏名(共著者含):中村 悠人

    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:逃走罪の主体の拡大や公判への不出頭等の処罰について
    掲載誌名:季刊刑事弁護  107号  (頁 31 ~ 39)
    掲載誌 発行年月:2021年07月
    著者氏名(共著者含):中村 悠人

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:犯罪体系と刑罰論の関係から見た不法と責任――犯罪体系と刑罰論の序論的考察――
    掲載誌名:犯罪と刑罰  30号
    掲載誌 発行年月:2021年03月
    著者氏名(共著者含):中村悠人

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:国家の実力独占と自由の保障
    掲載誌名:刑法雑誌  59巻  1号  (頁 15 ~ 26)
    掲載誌 発行年月:2020年06月
    著者氏名(共著者含):中村 悠人

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:敵刑法についての序論的考察
    掲載誌名:『国境を超える市民社会と刑事人権 新倉修先生古稀祝賀論文集』  (頁 57 ~ 76)
    掲載誌 発行年月:2019年09月
    著者氏名(共著者含):中村 悠人

    掲載種別:共著図書所収論文
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:刑罰論と自由刑の単一化
    掲載誌名:刑事法の理論と実務①  (頁 219 ~ 238)
    掲載誌 発行年月:2019年07月
    著者氏名(共著者含):中村 悠人

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):刑事法学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:新・コンメンタール刑法[第2版]
    出版機関名:日本評論社
    発行年月:2021年02月
    著者氏名(共著者含):松宮 孝明,金澤 真理 編著

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:第10章 累犯
    著書形態:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    著書名:新経済刑法入門(第3版)
    出版機関名:成文堂
    発行年月:2020年12月
    著者氏名(共著者含):斉藤 豊治 他

    著書種別:教科書
    担当部分:第5章 法人の刑事責任
    著書形態:分担執筆
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 記述言語:日本語
    著書名:「司法と福祉の連携」の展開と課題
    出版機関名:現代人文社
    発行年月:2018年05月
    著者氏名(共著者含):刑事立法研究会編, 土井 政和 他責任編集

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:第8章 自由刑単一化論と処遇(33-53頁)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:リーディングス刑事政策
    出版機関名:法律文化社
    発行年月:2016年04月
    著者氏名(共著者含):朴 元奎, 太田 達也 (編)

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:3.刑罰理論 (共著者:松宮孝明)
    著書形態:共著

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    題目:刑法 (判例回顧と展望 2018)
    出版機関名:日本評論社
    掲載誌名:法律時報  91巻  7号  (頁 42 ~ 61)
    掲載誌 発行年月:2019年06月
    著者氏名(共著者含):本庄 武, 野澤 充, 中村 悠人

    掲載種別:総説・解説(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:刑法 (判例回顧と展望 2017)
    出版機関名:日本評論社
    掲載誌名:法律時報  90巻  6号  (頁 48 ~ 68)
    掲載誌 発行年月:2018年05月
    著者氏名(共著者含):本庄 武, 野澤 充, 中村 悠人

    掲載種別:総説・解説(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:刑法 (判例回顧と展望 2016)
    出版機関名:日本評論社
    掲載誌名:法律時報  89巻  7号  (頁 48 ~ 67)
    掲載誌 発行年月:2017年05月
    著者氏名(共著者含):本庄 武, 野澤 充, 中村 悠人

    掲載種別:総説・解説(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    題目:翻訳 ヴァルター・グロップ『刑法総論』(第4版、2015年)(4) (池田恒男教授 脇田滋教授 退職記念論集)
    出版機関名:龍谷大学法学会
    掲載誌名:龍谷法学  49巻  4号  (頁 1531 ~ 1569)
    掲載誌 発行年月:2017年03月
    著者氏名(共著者含):グロップ ヴァルター 監訳:金 尚均、玄 守道 訳:中村 悠人

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    題目:翻訳 ヴァルター・グロップ『刑法総論』(第4版,2015年)(3)
    出版機関名:龍谷大学法学会
    掲載誌名:龍谷法学  49巻  3号  (頁 827 ~ 858)
    掲載誌 発行年月:2017年01月
    著者氏名(共著者含):グロップ ヴァルター 監訳:金 尚均、玄 守道 訳:中村 悠人

    掲載種別:書評,文献紹介等
    共著区分:単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(A)
    研究期間:2020年04月 ~ 2024年03月
    研究題目:「治療的司法」と問題解決型裁判所 ~制度改革のための理論構築と立法提言

    研究内容:本研究は、「治療的司法・法学」の概念についてその理論化を図り、それと従来の「刑事司法」とを比較対照することにより、社会的文脈における日本の犯罪行為者処遇および刑事司法全体の捉え直しを行うとともに、ドラッグ・コートなど「問題解決型裁判所」の導入可能性をも視野に入れて、犯罪行為者処遇及び刑事司法全体の制度改善のための理論的構築と立法提言を行う。
    そのため本研究では、英米豪独仏などとの比較法研究を踏まえ、従前の刑罰論、捜査・刑事裁判手続と手続保障、処遇理念・理論、社会福祉の理論・制度、地域・コミュニティ論など総合的な検討を加え、犯罪行為者処遇および刑事司法全体に係る具体的な制度改革の提言を行う。

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2017年04月 ~ 2021年03月
    研究題目:危険社会における終身拘禁者の社会復帰についての綜合的研究:無期受刑者処遇の社会化

  • 研究種目:基盤研究(A)
    研究期間:2014年04月 ~ 2018年03月
    研究題目:刑事司法と福祉の連携に関する試行モデルの検証と制度設計のための総合的研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本ヘーゲル学会 第31回研究大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2020年12月
    開催場所:オンライン開催
    題目又はセッション名:ヘーゲルの刑法学への影響(シンポジウム「『法哲学』刊行200周年 現代刑法論とヘーゲル――ヘーゲル『法哲学』のアクチュアリティ」)
    発表形態:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
    専門分野(科研費分類):刑事法学,哲学・倫理学

  • 発表(記述)言語:英語
    会議名称:第2 回⽇韓刑事法研究会合同学術セミナー
    会議区分:国際会議
    開催期間:2019年11月
    開催場所:⽴命館⼤学朱雀キャンパス
    題目又はセッション名:釈放の可能性のない終身刑と非人道的な刑罰
    発表形態:口頭(一般)
    専門分野(科研費分類):刑事法学

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本刑法学会関西部会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2019年01月
    開催場所:京都大学
    題目又はセッション名:国家の実力独占と自由の保障(分科会1 「国家の実⼒独占と正当防衛論」)
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:East Asia Criminal Justice Forum: The Punishment and Prevention of Transnational Orgnized Crime
    会議区分:国際会議
    開催期間:2018年09月
    開催場所:中国人民大学
    題目又はセッション名:日本における組織的犯罪対策立法の現状と課題-実体法を中心に(Status Quo and Key Issues of Legislation of Anti-Organized Crime in Japan - Focus on Criminal Substantial Law)
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本犯罪社会学会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2017年09月
    開催場所:國學院大学
    題目又はセッション名:長期受刑者の社会復帰への障害と支援(テーマセッション「長期受刑者の社会復帰について~無期受刑者処遇の社会化~」)
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:ライティング演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:刑法III(刑法各論2)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:刑法II(刑法各論1)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:刑法I(刑法総論)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:刑法演習

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:日本犯罪社会学会
    役職・役割名:編集委員
    活動期間:2013年04月 ~ 2017年10月