基本情報

写真b

コンドン バリー

CONDON BARRY CHRISTOPHER

所属
言語教育研究センター
研究分野・キーワード
SRS,ESP, Vocabulary Retention, English for Specific Purposes, Cultural Relevancy
研究概要
I have been a language teacher in the Kansai area since 2006. During that time, I have enjoyed teaching a variety of subjects including Global Studies, Media Studies, TOEFL and TOEIC. My research to date has centered on the benefits of a practical approach to language teaching involving project work and task-based instruction. I am currently examining the effectiveness of using culturally familiar materials in the classroom and using spaced repetition systems (SRS) for studying for the TOEIC test.

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:M.A.(Applied Linguistics)
    分野名:人文・社会 / 教育学
    授与機関名:その他
    取得方法:課程
    取得年月:2016年12月

  • 学位名:Bachelor of Civil Law
    分野名:人文・社会 / 民事法学
    授与機関名:その他
    取得方法:課程
    取得年月:2000年10月

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 外国語教育

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Student Responses to Video Production Projects
    誌名:Osaka JALT Journal, Volume 5, 2018
    出版年月:2018年06月
    著者:Barry Condon

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:A Systemic Linguistic Analysis of a Breaking News English Article and Comparison with a Thematically Similar Authentic Article
    誌名:Kindai University Center for Liberal Arts and Foreign Language Education Journal Vol 8 No. 1, 2017
    出版年月:2017年10月
    著者:Barry Condon

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著

      外部サイトへのリンクを表示

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Language and Communication

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Language and Communication

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Skills-based English(Speaking & Listening)L2

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Skills-based English(Speaking & Listening)L2

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:言語教育研究センター

    授業科目名:Skills-based English(Speaking & Listening)L2

    授業形式:代表者

全件表示 >>