基本情報

写真b

浦上 千藍紗

URAGAMI CHIASA

研究分野・キーワード
カロテノイド、人工光合成、分光学
研究概要
私の研究内容は、天然に広く存在する色素、カロテノイドの光物性を観測することです。カロテノイドは、赤、橙、黄色を示すテトラテルペン色素で微生物、植物、動物に広く存在しています。代表的なものでとして、ニンジンのβ-カロテン、トマトのリコペン、卵黄のルテイン、エビやカニの甲羅のアスタキサンチンなどがあります。このようにカロテノイドは天然に、確認されているだけで、800種類以上存在し、その一つ一つが多くの生理活性を持っています。例えば、強すぎる光から生物を守る光保護機能や、植物並びに動物にとっても有害である、活性酸素の消去機能などがあります。この中でも私が注目しているのは、光合成における光捕集機能です。カロテノイドは光合成生物内で、太陽光エネルギーを最初に捕集し、獲得したエネルギーをもう一つの光合成色素であるクロロフィルに渡す重要な役割を担っています。カロテノイドがいかに効率よく太陽光エネルギーをキャッチし、効率よくクロロフィルにエネルギー移動をするかによって、光合成システム全体のエネルギー変換効率を決めると言っても過言ではありません。このカロテノイドの機能は、カロテノイドの電気的特性によってなされております。この分子の電気的特性を研究する最も一般的な手法が分光学です。ひとえに分光学といっても、振動分光(赤外吸収、ラマン分光)、吸収分光、時間分解分光など、現代科学においてはレーザーの発展とともに、多種多様な方法が開発されてきました。私はこれらの分光学的手法を駆使して、カロテノイドの光合成における機能と構造の関係を解明しようと研究を進めています。カロテノイドの光合成組織内における、機能と構造の関係を解明することができれば、効率の良いエネルギー伝達の要因がなんなのか、を突き止めることができると考えております。ここでわかったことは、現代のエネルギー問題の解決の一助になると考えられている、人工光合成デバイスを開発するのに、貢献できると期待しております。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:大阪市立大学
    学部(学系)名:理学部
    学科・専攻等名:物理学科

    学校の種類:大学
    卒業年月:2010年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学)
    学位の分野名:生物物理・化学物理・ソフトマターの物理
    学位授与機関名:大阪市立大学
    取得方法:課程
    取得年月:2015年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):生物物理・化学物理・ソフトマターの物理