基本情報

写真b

中原 茂樹

NAKAHARA SHIGEKI

職名
教授
研究分野・キーワード
行政法、情報公開・個人情報保護、行政不服審査法
研究概要
行政代執行、課徴金、公表などの行政上の義務履行確保の手法、環境税や賦課金等による誘導手法、実効的な行政調査と事実認定のあり方、情報公開・個人情報保護、行政不服審査法、国家賠償法などに関心を持ち、研究している。
また、法科大学院において、「抽象的な行政法理論」と「多様な個別行政法令・具体的な紛争事例」とを結びつけ、問題解決ができるようになるための教育手法の開発・実践に取り組んでいる。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(法学)
    学位の分野名:公法学
    学位授与機関名:東京大学
    取得方法:課程
    取得年月:1994年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 司法研究科
    経歴名:教授
    職務期間:2020年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本公法学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):公法学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 「国家賠償法第1条 違法性」宇賀克也・小幡純子編著『条解国家賠償法』102-120頁(総頁数737頁)(弘文堂、2019年3月)  

  • 「国家賠償請求訴訟における保護範囲論について――最高裁判決の分析と展望――」法学(東北大学法学会)83巻3号149-173頁(2020年1月) 

  • 「行政不服審査法改正の意義とこれから」自治実務セミナー2020年3月号2-7頁 

著書 【 表示 / 非表示

  • 基本行政法〔第3版〕(日本評論社、2018年3月)単著、総頁数471頁

総説・解説記事・調査報告 【 表示 / 非表示

  • 「ふるさと納税指定制度における不指定の違法性」法学教室476号128頁(2020年5月)


  • 「固定資産評価審査決定の取消訴訟における主張追加の許否」法学教室472号134頁(2020年1月)

  • 「福島第2原発事件――原子炉施設の基本設計と安全審査の対象」環境法判例百選〔第3版〕196-197頁(2018年9月)  

  • 「ふるさと納税指定制度における不指定の違法性(最高裁)」法学教室480号114頁(2020年9月)

  • 「複数の非違行為をした公務員に対する懲戒処分の量定の方法と処分の適法性」法学教室484号126頁(2021年1月)

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(C)
    研究期間:2018年04月 ~ 2021年03月
    研究題目:実効的な行政調査制度の構築――調査協力・証明責任・刑事法との連携

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:国家補償法

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:国家補償法

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:司法研究科

    授業科目名:特別演習N

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:行政争訟法

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:行政争訟法

    授業形式:代表者

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:日本公法学会
    役職・役割名:理事
    活動期間:2019年10月 ~ 継続中