基本情報

写真b

下村 眞美

SHIMOMURA MASAMI

職名
教授
研究分野・キーワード
民事訴訟法、民事執行法、民事保全法 権利実現
研究概要
 民事訴訟法、民事執行法及び民事保全法を主な教育研究分野としています。民事訴訟分野では、当事者をめぐる諸問題(当事者能力、当事者適格、訴訟能力)や処分権主義について研究してきました。民事執行分野では、債権執行の諸問題について研究しています。
 民事法は、実体法と手続法の両方を学修して初めてその体系を理解することができます。実際の事件では、これは民法の問題、あれは民事訴訟法の問題などと区別して考えることはできません。民事手続によって権利がどのように確定され、実現されていくのかを考えてもらいたいと思います。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:大阪大学
    学部(学系)名:法学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:1984年03月
    卒業区分:卒業
    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学
    研究科名:法学研究科
    専攻名:民刑事法専攻

    修了課程:修士課程
    修了年月:1987年03月
    修了区分:修了
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(法学)
    学位の分野名:民事法学
    学位授与機関名:大阪大学
    取得方法:論文
    取得年月:1987年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 司法研究科
    経歴名:教授
    職務期間:2020年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:大阪地方裁判所
    所属部署名:民事部
    経歴名:裁判官
    経歴期間:1989年04月 ~ 1991年06月

  • 所属(勤務)先名:岡山地方裁判所
    所属部署名:民事部、刑事部
    経歴名:裁判官
    経歴期間:1991年07月 ~ 1994年03月

  • 所属(勤務)先名:神戸地方裁判所
    所属部署名:刑事部、民事部
    経歴名:裁判官
    経歴期間:1994年04月 ~ 1997年03月

  • 所属(勤務)先名:大阪法務局
    所属部署名:訟務部
    経歴名:法務事務官
    経歴期間:1997年04月 ~ 2001年03月

  • 所属(勤務)先名:大阪高等裁判所
    所属部署名:民事部
    経歴名:裁判官
    経歴期間:2001年04月 ~ 2002年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:兵庫県公害審査会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:法科大学院協会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):民事法学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 資格名:司法試験

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:請負の証明責任
    学位授与年月:1987年03月
    著者氏名(共著者含):下村 眞美

    共著区分:単著
    専門分野(科研費分類):民事法学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:民事執行関係重要判例の回顧(令和元年)
    掲載誌名:新民事執行実務  18号  (頁 112 ~ 125)
    掲載誌 発行年月:2020年03月
    著者氏名(共著者含):下村 眞美

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:違法な保全命令による損害賠償責任
    掲載誌名:別冊ジュリスト247号 民事執行・保全判例百選[第3版]  247号  (頁 212 ~ 213)
    掲載誌 発行年月:2020年01月
    著者氏名(共著者含):下村 眞美

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:特集講義・民事訴訟法の重要判例/証明責任の分配
    掲載誌名:月刊法学教室  469号  (頁 26 ~ 31)
    掲載誌 発行年月:2019年10月
    著者氏名(共著者含):下村 眞美

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:民事執行関係重要判例の回顧(平成30年)
    掲載誌名:新民事執行実務  17号  (頁 144 ~ 160)
    掲載誌 発行年月:2019年03月
    著者氏名(共著者含):下村 眞美

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:民事執行関係重要判例の回顧(平成29年)
    掲載誌名:新民事執行実務  16号  (頁 127 ~ 140)
    掲載誌 発行年月:2018年03月
    著者氏名(共著者含):下村 眞美

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    著書名:条解民事執行法
    出版機関名:弘文堂
    発行年月:2019年11月
    著者氏名(共著者含):山本和彦,古賀政治,他

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:基礎演習民事訴訟法[第3版]
    出版機関名:弘文堂
    発行年月:2018年02月
    著者氏名(共著者含):長谷部由起子,山本弘,笠井正俊,下村眞美 他

    著書種別:教科書
    担当部分:主張・証明責任
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:Q&A金融ADRの手引き
    出版機関名:商事法務
    発行年月:2014年10月
    著者氏名(共著者含):田中豊,佐藤昌巳,下村眞美 他

    著書種別:教科書
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:新基本法コンメンタール人事訴訟法・家事事件手続法
    出版機関名:日本評論社
    発行年月:2013年10月
    著者氏名(共著者含):松川正毅,下村眞美 他

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:共著

  • 記述言語:日本語
    著書名:事例研究民事法2[第2版]
    出版機関名:日本評論社
    発行年月:2013年04月
    著者氏名(共著者含):瀬川信久,下村眞美 他

    著書種別:教科書
    著書形態:共著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 名称:ぐっと近づく民事訴訟判例ー田中豊著『民事訴訟判例読み方の基本』について
    活動期間(研究年月など):2018年03月

    研究活動区分:書評

  • 名称:ケース・コラム・模擬記録で高まる臨場感-平野哲郎著『実践民事執行民事保全法』について
    活動期間(研究年月など):2011年11月

    研究活動区分:書評

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本民事訴訟法学会大会
    会議区分:国際会議
    開催期間:2004年05月
    開催場所:名古屋大学
    題目又はセッション名:「第三者の執行担当」に関する基礎理論の試み
    発表形態:口頭(一般)

座談会等 【 表示 / 非表示

  • 名称:現代社会に挑むプロフェッショナル:自己実現と女性法律家
    開催期間:2016年11月
    参加者名:下村 眞美、河合 文江 他

 

実務の経験を有する者についての特記事項 【 表示 / 非表示

  • タイトル:裁判官
    活動期間:1989年04月 ~ 2002年03月

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 学会・委員会:日本民事訴訟法学会
    役職・役割名:理事
    活動期間:2019年05月 ~ 2022年05月

  • 学会・委員会:法科大学院協会
    役職・役割名:監事
    活動期間:2017年06月 ~ 2020年06月

  • 学会・委員会:兵庫県公害審査会
    役職・役割名:会長
    活動期間:2014年11月 ~ 2020年10月

  • 学会・委員会:日本民事訴訟法学会
    役職・役割名:理事
    活動期間:2010年05月 ~ 2013年05月

  • 学会・委員会:仲裁ADR法学会
    役職・役割名:会員
    活動期間:2007年 ~ 継続中