基本情報

写真b

金菱 清

KANEBISHI KIYOSHI

職名
教授
研究分野・キーワード
災害社会学 環境社会学 死生観
研究概要
私は、災害・環境社会学を専門にしています。といっても、即座にメディアとか社会心理学などに較べると、面白くない!と思ったでしょう。少し待ってください。私は3.11の震災の中でも、幽霊や夢を扱っています。ん?災害で仮設や避難などのコミュニティを扱うのは分かるけど、幽霊や夢を扱うのはどうしてか。災害でタクシーの幽霊現象といえば、少しはピンと来るかもしれません。YAHOO! やNetflixでも取り上げられたので、1000万人は知っている計算です。災害を死者との関係性のあり方に変換した時、今までの社会学で扱うような災害の考え方は古いのです。
「人は死んだらどこにいくのだろう?」ということを考えることは、決して災害に限った問いではなく、普遍的にみなさんも抱く考えです。ここが重要ですが、災害や環境を扱うことは、単に周辺の学問ではなく、“根源的な”しかも“面白い”社会学となるのです。

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:関西学院大学
    研究科名:社会学研究科

    修了課程:博士課程
    修了年月:2004年03月
    修了区分:単位取得満期退学
    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(社会学)
    学位の分野名:社会学
    学位授与機関名:関西学院大学
    取得方法:課程
    取得年月:2005年02月

  • 学位名:社会学
    学位の分野名:社会学
    学位授与機関名:関西学院大学
    取得方法:論文
    取得年月:2005年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 社会学部
    経歴名:教授
    職務期間:2020年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本社会学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):社会学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ・「オーダーメイドの復興まちづくり―東日本大震災の被災沿岸における大規模集団移転の事例から」鳥越皓之・足立重和・金菱清編『生活環境主義のコミュニティ分析―環境社会学のアプローチ』ミネルヴァ書房 2018年10月10日:191-209頁

  • ・「第11章 未曽有の災害に人はどう対応していくのか?」足立重和・金菱清編『環境社会学の考え方-暮らしをみつめる12の視点』ミネルヴァ書房、2019年4月10日 197-215/244頁

  • ・「オーラルヒストリーの敗北宣言―想像の死者へ向けた手紙」菅豊・北條勝貴編『パブリック・ヒストリー入門―開かれた歴史学への挑戦』勉誠出版、2019年10月25日 308-325頁

  • 「10章 大災害の現場を祝祭に変えるダイナミズム」野田邦弘・小泉元宏・竹内潔・家中茂編『アートがひらく地域のこれから――クリエイティビティを生かす社会へ』ミネルヴァ書房、2020年3月31日 207-221/275頁

著書 【 表示 / 非表示

  • ・金菱清編『震災と行方不明-曖昧な喪失と受容の物語』新曜社

  • ・足立重和・金菱清編『環境社会学の考え方-暮らしをみつめる12の視点』ミネルヴァ書房、2019年4月10日 244頁

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:インターミディエイト演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:インターミディエイト演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:災害社会学

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:環境社会学A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:研究演習I

    授業形式:代表者

全件表示 >>