基本情報

写真b

村井 琢哉

MURAI TAKUYA

研究分野・キーワード
社会福祉、子ども家庭福祉、NPO・ボランティア
研究概要
これまで地域でNPOを通じて子どもの育ちの環境づくりに取り組んできたことから、子どもを取り巻く困難とその環境に対して市民主体で改善に取り組める方法について研究しています。子どもの貧困が注目され、また従来からの児童虐待やいじめの問題も深刻化する中、あらためて地域のなかでの子ども家庭福祉分野でどのようなソーシャルワークの専門性が求められているのかを明らかにしていきます。また、そのような支援が地域で持続的に提供できるために、公的責任、社会保障として必要な視点を明らかにしつつ、市民としても子どもの権利を尊重できる社会としていくための実践をNPO、ボランティアという視点から研究していきます。
 さらに、子どもを取り巻く困難を見るなかで、家庭を構成する大人や子どもの所属するコミュニティにおける暴力、犯罪、排除などといった分野への視点が必要であり、多様な支援体制をつくる上での連携構築についても研究していきます。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(人間福祉学)
    学位の分野名:社会福祉学
    学位授与機関名:関西学院大学
    取得方法:課程
    取得年月:2010年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):社会福祉学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 「子どもが育つ地域・環境づくりの実践」『ソーシャルワーク研究』Vol.44 No.4

  • 「地域で子どもが育つ環境を考える ワーカーと視点からNPOを活かした実践」

著書 【 表示 / 非表示

  • 『コミュニティソーシャルワークの新たな展開』(中央法規)日本地域福祉研究所監修 宮城孝・菱沼幹男・大橋謙策編著
    *担当執筆箇所「第3章第1節 コミュニティソーシャルワークの視点による子どもの貧困対策」(pp.168~178)

  • 『京都発NPO最善戦』(京都新聞出版センター)平尾剛之・内田香奈編著
    *担当執筆箇所「第2部 19地域の子どもたちと育ち合える場所づくり」(pp.159~162)

  • 『地域福祉とファンドレイジング』(中央法規)宮城孝・長谷川真司・久津摩和弘編著
    *担当執筆箇所「実践編 case5 子どもの貧困対策」(pp.109~120)

  • 『子ども家庭福祉論』(ミネルヴァ書房)木村容子・有村大士編著
    *担当執筆箇所「第6章 第2節 子どもの貧困」(pp.144~149)

  • 『まちの子どもソーシャルワーク 子どもの貧困対策第2ステージ』(かもがわ出版)幸重忠孝・村井琢哉著
    *担当執筆箇所「第2部 子どもたちと育ちあえるまちづくり」(pp.67~116)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:人間福祉学部

    授業科目名:ボランティア論

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:人間福祉学部

    授業科目名:社会起業インターンシップ演習(国内・海外)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:人間福祉学部

    授業科目名:社会起業インターンシップ(国内・海外)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:人間福祉学部

    授業科目名:社会起業フィールドワーク(国内)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2020年度(西暦)

    提供部署名:人間福祉学部

    授業科目名:社会起業プラクティス

    授業形式:代表者

全件表示 >>