基本情報

写真b

ドゥアルテ A.

Duarte Armando

所属
生命環境学部
研究分野・キーワード
CALL, speaking assessment, learner motivation
研究概要
南カリフォルニア大学の大学院生として、私の主な研究対象は、より効率的なスピーキング評価の作成と学習者のモチベーションの調査でした。 大学の教師として、私の研究の焦点はCALLに移り、テクノロジーが言語教室にどのように統合されるか、または統合されないかを調査しています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 学校名:カリフォルニア大学サンタクルーズ校
    学部(学系)名:人文学部

    学校の種類:大学
    卒業年月:2009年06月
    卒業区分:卒業
    国名:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学校名:南カリフォルニア大学ローシア教育大学院
    学部等名:言語教育研究科

    修了課程:修士課程
    修了年月:2016年12月
    修了区分:修了
    国名:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 留学先:ケンブリッジ大学
    経歴名:ペンブローク●キングズプログラム
    年月:2008年07月 ~ 2008年09月

  • 留学先:バージニア大学
    経歴名:セメスターアットシー
    年月:2007年06月 ~ 2007年08月

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士
    分野名:人文・社会 / 教育学
    授与機関名:その他
    取得方法:課程
    取得年月:2016年11月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:滋賀県立大学
    部署名:全学共通教育推進機構
    職名:准教授
    年月:2017年04月 ~ 2020年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:全国語学教育学会

    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 言語学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Cross institutional tech usage: Findings and trends
    誌名:PanSIG Journal 2019  (頁 74 ~ 83)
    出版年月:2020年06月
    著者:Duarte, Armando; Komoda, Mayumi

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Factors which affect Quizlet usage
    誌名:AI and Machine Learning in Language Education  (頁 10 ~ 17)
    出版年月:2020年01月
    著者:Duarte, Armando

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    タイトル:Ethnographic Case Study
    誌名:The School House  25巻  1号  (頁 11 ~ 16)
    出版年月:2017年04月
    著者:Duarte, Armando

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:英語
    タイトル:An alternative to the traditional interview test: The observed pair interview
    誌名:SHIKEN: JALT Testing and Evaluation SIG Newsletter  20巻  2号  (頁 44 ~ 49)
    出版年月:2016年11月
    著者:Duarte, Armando

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:英語
    会議名:JALT CALL Conference 2019
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2019年05月 ~ 2019年06月
    開催地:Aoyama Gakuin University
    タイトル:Cross-institutional tech usage: Findings and trends
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:JALT CALL Conference 2019
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2019年05月 ~ 2019年06月
    開催地:Aoyama Gakuin University
    タイトル:Motivational factors of Quizlet usage
    会議種別:ポスター発表

  • 記述言語:英語
    会議名:JALT PanSIG Conference 2019
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2019年05月
    開催地:Konan University
    タイトル:Classroom tech usage beliefs among teachers
    会議種別:口頭発表(一般)

  • 記述言語:英語
    会議名:Temple University Japan Campus Applied Lingustics Colloquium
    国際・国内会議:国際会議
    開催年月:2019年02月
    開催地:Temple University - Osaka campus
    タイトル:Examining technology use in secondary and tertiary classrooms
    会議種別:口頭発表(一般)

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:科学技術英語A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:理学部

    授業科目名:科学技術英語A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:生命環境学部

    授業科目名:科学技術英語A

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:理工学部

    授業科目名:科学技術英語B

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:理学部

    授業科目名:科学技術英語B

    授業形式:代表者

全件表示 >>