基本情報

写真b

張 素娟

Zhang Sujuan

研究分野・キーワード
中国語学、中国語教育、可能表現、モダリティ
研究概要
 文の意味は基本的に客観的な部分(命題)と主観的な部分(モダリティ)の2つからなっています。ある事態を述べる際に、私たちは事態に対してどう感じているのかによって様々な述べ方を選択しなければなりません。この話し手の述べ方を表現する部分をモダリティといいます。
 私はモダリティに関する研究に取り組んでいます。また、教育現場で気づかせていただいたことをヒントに、研究、授業に活かしたいと思っており、日本語との対照研究や中国語教育法についても、より見識を深めていきたいです。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(文学)
    学位の分野名:中国語学
    学位授与機関名:新潟大学
    取得方法:論文
    取得年月:2021年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):言語学

  • 専門分野(科研費分類):中国語教育

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:“会”における意味展開のメカニズム
    掲載誌名:『言語研究』  6号  (頁 15 ~ 27)
    掲載誌 発行年月:2021年03月
    著者氏名(共著者含):張素娟

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:中国語
    論文題目名:“能”和“会”中所体现的说话人的认识差异
    掲載誌名:『現代中国語研究』2020版  20号  (頁 134 ~ 143)
    掲載誌 発行年月:2020年01月
    著者氏名(共著者含):張素娟

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:“能”と数量表現の共起状況に関する考察
    掲載誌名:『言語研究』  4号  (頁 1 ~ 9)
    掲載誌 発行年月:2019年03月
    著者氏名(共著者含):張素娟

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:中国語
    論文題目名:“不能V”和“V不了”用法辨析―以主体能力和外在条件为中心
    掲載誌名:『現代中国語研究』2019版  19号  (頁 119 ~ 128)
    掲載誌 発行年月:2018年10月
    著者氏名(共著者含):張素娟

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:“能”と“会”に見られる話し手の認識の相違について
    掲載誌名:『現代中国語研究』  20号  (頁 117 ~ 128)
    掲載誌 発行年月:2018年10月
    著者氏名(共著者含):張素娟

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

  • 2018.10 “能”と“会”に見られる話し手の認識の相違について(査読付き)
    朝日出版社『現代中国語研究』第20期pp.117-128

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:中国語
    著書名:《新日语能力考试读解攻 略N1》
    出版機関名:外语教学与研究出版社
    発行年月:2018年
    著者氏名(共著者含):张蠡、杨丽荣、郜枫、尹美莲、田春娟、張素娟、刘东波

    著書種別:教科書
    著書形態:共著

  • 共著 2018年10月《日语能力考试读解攻略N1》外语教学与研究出版社(日本語名:外国語教学と研究出版社)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本中国語学会第71回全国大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2021年11月
    開催場所:二松学舎大学(オンライン)
    題目又はセッション名:“会…的”形式の生起条件及び語用論的機能について
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:新潟大学言語研究会(NULC)第82回研究発表会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2020年10月
    開催場所:新潟大学(オンライン)
    題目又はセッション名:複文に見られる可能性を表す“能”と“会”の相違について
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本中国語学会第69回全国大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2019年11月
    開催場所:お茶の水女子大学
    題目又はセッション名:“能”が表す「能力」と“会”が表す「技能」との弁別要素
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:新潟大学言語研究会(NULC)第79回研究発表会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2019年05月
    開催場所:新潟大学
    題目又はセッション名:数量表現と共起する“能”と“会”の相違について
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本中国語学会第62回全国大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2012年10月
    開催場所:同志社大学
    題目又はセッション名:中国語の“能”と“会”の意味特性と使用条件の相違―数量表現との共起可能性から
    発表形態:口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:商学部

    授業科目名:中国語I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:経済学部

    授業科目名:中国語I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:中国語I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:中国語I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:社会学部

    授業科目名:中国語I

    授業形式:代表者

全件表示 >>