基本情報

写真b

松阪 崇久

MATSUSAKA TAKAHISA

所属
教育学部
研究分野・キーワード
遊びの発達と進化, 笑いの発達と進化, 乳幼児教育・保育
研究概要
チンパンジーとヒトの乳幼児の比較をおこなうことで、ヒトの発達の特徴と進化について研究しています。研究テーマとして注目してきたのは「遊び」と「笑い」です。乳幼児の主体的な遊びの体験をより深めるために保育者はどのように援助するべきか、という課題にも取り組んでいます。最近は、乳幼児と動物の関わりや、森のようちえんなどでの自然体験、音遊びの発達といったテーマの研究を進めています。また、家庭や地域の遊び場(公園やプレーパーク/冒険遊び場)で子どもの遊びをどのように保障していくか、という問題にも取り組んでいこうと思っています。

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学)
    分野名:ライフサイエンス / 自然人類学
    授与機関名:京都大学
    取得方法:課程
    取得年月:2006年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:保育者養成教育学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本保育学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:OMEP日本委員会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:日本自然保育学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学協会名:こども環境学会

    学会所在国:日本国

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:ライフサイエンス / 自然人類学

  • 研究分野:人文・社会 / 子ども学、保育学

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:ショーやテレビに出演するチンパンジー・パンくんの笑いと負の感情表出
    誌名:笑い学研究  25巻  (頁 90 ~ 106)
    出版年月:2018年07月
    著者:松阪崇久

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:自然体験を重視する保育の課題と展望:森のようちえんの理念と指導法に注目して
    誌名:西山学苑研究紀要  13巻  (頁 101 ~ 118)
    出版年月:2018年03月
    著者:松阪崇久

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:チンパンジーの遊びの多様性と環境―ヒトの遊び環境を考えるために
    誌名:子ども学  5巻  (頁 206 ~ 222)
    出版年月:2017年05月
    著者:松阪崇久

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:チンパンジーの遊びにおける利他性と共感性―遊びを通した「思いやり」の発達と進化
    誌名:西山学苑研究紀要  12巻  (頁 47 ~ 64)
    出版年月:2017年03月
    著者:松阪崇久

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:保育における子どもの笑いと人間関係
    誌名:笑い学研究  23巻  (頁 18 ~ 32)
    出版年月:2016年07月
    著者:松阪崇久

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:進化でわかる人間行動の事典
    出版者・発行元:朝倉書店
    発行年月:2021年05月
    著者:小田亮, 橋彌和秀, 大坪庸介, 平石界, 松阪崇久

    著書種別:事典・辞書
    担当範囲:「笑う」
    担当区分:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    タイトル:ワークで学ぶ発達と教育の心理学
    出版者・発行元:ナカニシヤ出版
    発行年月:2020年08月
    著者:竹尾和子, 井藤元, 松阪崇久

    著書種別:学術書
    担当範囲:第9章「ヒトの子どもはなぜ遊ぶ?:遊びの進化と大人の役割」
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:あなたと生きる発達心理学
    出版者・発行元:ナカニシヤ出版
    発行年月:2019年05月
    著者:藤崎亜由子, 羽野ゆつ子, 渋谷郁子, 網谷綾香, 松阪崇久

    著書種別:学術書
    担当範囲:第11章「ヒトの胎児・新生児はどのように「有能」か?」/第13章「感情の発達がなぜ注目されているのか?―社会性や認知発達を支える感情」
    担当区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:わらういきもの
    出版者・発行元:エクスナレッジ
    発行年月:2017年12月
    著者:近藤雄生, 松阪崇久

    著書種別:一般書
    担当区分:監修

  • 記述言語:英語
    タイトル:Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research
    出版者・発行元:Cambridge University Press
    発行年月:2015年09月
    著者: Michio Nakamura, Kazuhiko Hosaka, Noriko Itoh, Koichiro Zamma, Takahisa Matsusaka

    著書種別:学術書
    担当範囲:40. Diversity of play / 36. Social play: History of the studies at Mahale and a new perspective / 37. Ethograms and the diversity of behaviors / 39. Vocal communication
    担当区分:共著

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    タイトル:人間の娯楽にチンパンジーを利用することの何が問題か
    出版者・発行元:公益財団法人日本モンキーセンター
    誌名:モンキー  5巻  4号  (頁 108 ~ 109)
    出版年月:2021年03月
    著者:松阪崇久, 徳山奈帆子

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:動物への愛情が問題になるとき:チンパンジーのエンタメ使用を考える
    出版者・発行元:日本心理学会
    誌名:心理学ワールド  92巻  (頁 17 ~ 20)
    出版年月:2021年01月
    著者:松阪崇久

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:書評『ユーモア的即興から生まれる表現の創発:発達障害・新喜劇・ノリツッコミ』
    誌名:笑い学研究  27巻  (頁 61 ~ 62)
    出版年月:2020年08月
    著者:松阪崇久

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:チンパンジーに見る笑いの起源:笑いはどこからやって来たか
    誌名:メトロミニッツ[Metro min.]  211巻  (頁 28 ~ 29)
    出版年月:2020年06月
    著者:松阪崇久

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    タイトル:海外研究動向紹介 「笑い声の曖昧さ:笑いの解釈は社会的文脈によって明確になる」 「ヤギもヒトの笑顔を好む」
    誌名:笑い学研究  26巻
    出版年月:2019年08月
    著者:松阪崇久

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等
    共著区分:単著

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:保育・教職実践演習(幼・小)

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:保育内容 環境

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:保育内容 環境

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:保育内容 環境

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:保育内容 環境

    授業形式:代表者

全件表示 >>

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 活動名称:人権教育科目・運営委員
    活動期間:202104(年月) ~ 202203(年月)