基本情報

写真b

クレーマー B.L.

KRAMER BRANDON LEE

所属
教育学部
研究分野・キーワード
Vocabulary Learning, Language Testing, Corpus Linguistics
研究概要
After earning my undergraduate degree in Mathematics, I taught English in Japanese high schools for 7 years before working at the university level. I am now teaching and researching while working on my Ph.D. in Education (concentration in Applied Linguistics) at Temple University, Japan. My research to date has focused on vocabulary learning, the development of reading fluency, and the measurement of language learning through quality testing. More recently I have begun work in corpus linguistics, specifically looking at the vocabulary (both single words and multi-word units) which students are most likely to encounter throughout their English-content studies.
SDGs 関連ゴール

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:TESOL修士
    分野名:人文・社会 / 外国語教育
    授与機関名:その他
    取得方法:課程
    取得年月:2013年08月

  • 学位名:数学士
    分野名:数学
    授与機関名:その他
    取得方法:課程
    取得年月:2006年05月

経歴 【 表示 / 非表示

  • 所属:関西学院大学
    部署名:教育学部
    職名:准教授
    年月:2021年04月 ~ 継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 所属学協会名:JALT Vocabulary SIG

    学会所在国:日本国

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 研究分野:人文・社会 / 外国語教育

論文 【 表示 / 非表示

  • タイトル:Modeling personality antecedents and second language self-efficacy constructs with emerging adults in Japan: Domain-specific matching for assessing global competence in applied contexts
    誌名:FRONTIERS IN PSYCHOLOGY  13巻
    出版年月:2022年12月
    著者:Kabir Russell Sarwar, Kramer Brandon, Koike Mayu, Sponseller Aaron C.

    DOI:10.3389/fpsyg.2022.1032573

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Validating word lists that represent learner knowledge in EFL contexts: The impact of the definition of word and the choice of source corpora
    誌名:System  106巻  (頁 1 ~ 14)
    出版年月:2022年03月
    著者:Pinchbeck G. G., Brown D., McLean S., & Kramer B.

    DOI:10.1016/j.system.2022.102771
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:The relationship between word difficulty and frequency: A response to Hashimoto (2021)
    誌名:Language Assessment Quarterly  19巻  1号  (頁 90 ~ 101)
    出版年月:2022年
    著者:Stewart J., Vitta J. P., Nicklin C., McLean S., Pinchbeck G. G., & Kramer B.

    DOI:10.1080/15434303.2021.1992629
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:Measuring attrition of L2 productive vocabulary knowledge over the summer vacation
    誌名:Vocabulary Learning and Instruction  10巻  2号  (頁 1 ~ 8)
    出版年月:2021年12月
    著者:Kramer B., Matsuo T., Sponseller A. C., Kim Y. A., Nishiyama S., & McLean S.

    DOI:10.7820/vli.v10.2.kramer
    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

      外部サイトへのリンクを表示

  • 記述言語:英語
    タイトル:NGSL Coverage of the SHS Entrance Exam and the National Center Test
    誌名:The Language Teacher  44巻  5号  (頁 3 ~ 8)
    出版年月:2020年09月
    著者:Miki Iwamoto, Brandon Kramer

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究種目:基盤研究(B)
    研究期間:2021年04月 ~ 2026年03月
    タイトル:Investigating the intercultural development of Japanese undergraduates attributable to study tours abroad

  • 研究種目:若手研究
    研究期間:2019年04月 ~ 2022年03月
    タイトル:The effects of deliberate learning with digital flashcards on the implicit knowledge of visual and aural word forms: A lexical decision task study

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:Academic Writing I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:English Communication Skills I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:教育学研究演習I

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:教育学研究演習II

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2022年度(西暦)

    提供部署名:教育学部

    授業科目名:異文化コミュニケーション

    授業形式:代表者

全件表示 >>