基本情報

写真b

安部 祥太

ABE Shota

職名
助教
研究分野・キーワード
刑事政策、刑事訴訟法、韓国刑事法
研究概要
刑事法のうち、刑事政策、刑事訴訟法、刑事政策と刑事訴訟法の交錯領域、刑事司法過程論などについて、韓国刑事法を主な比較対象として研究しています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(法学)
    学位の分野名:刑事法学
    学位授与機関名:青山学院大学
    取得方法:課程
    取得年月:2016年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:関西学院大学 法学部 法律学科
    経歴名:助教
    職務期間:2021年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先名:日本学術振興会
    経歴名:特別研究員(DC2)
    経歴期間:2013年04月 ~ 2015年03月

  • 所属(勤務)先名:國學院大學
    所属部署名:法学部
    経歴名:フェロー
    経歴期間:2015年04月 ~ 2016年01月

  • 所属(勤務)先名:青山学院大学
    所属部署名:法学部
    経歴名:助教
    経歴期間:2016年04月 ~ 2021年03月

  • 所属(勤務)先名:立正大学
    所属部署名:法学部
    経歴名:非常勤講師(刑法各論)
    経歴期間:2016年09月 ~ 2021年03月

  • 所属(勤務)先名:國學院大學
    所属部署名:法学部
    経歴名:兼任講師(刑事訴訟法,法律学特殊講義(刑事訴訟法2))
    経歴期間:2017年04月 ~ 2018年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 所属学会:日本刑法学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:韓国刑事訴訟法学会(한국형사소송법학회)

    学会所在国:大韓民国

  • 所属学会:日本犯罪社会学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:法と心理学会

    学会所在国:日本国

  • 所属学会:比較法学会

    学会所在国:日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 専門分野(科研費分類):刑事法学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:刑務所処遇における国際人権の追求(連載「未来志向で学ぶ外国法」第6回)
    掲載誌名:法学教室  492号  (頁 4 ~ 7)
    掲載誌 発行年月:2021年08月
    著者氏名(共著者含):安部祥太

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:(座談会)目指すべき弁護人立会いの在り方とは
    掲載誌名:季刊刑事弁護  104号  (頁 40 ~ 54)
    掲載誌 発行年月:2020年10月
    著者氏名(共著者含):井戸謙一, 市川寛, 川上有, 安部祥太, 川﨑拓也

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:共著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:韓国における検察官の誤判・冤罪に対する姿勢
    掲載誌名:季刊刑事弁護  103号  (頁 79 ~ 82)
    掲載誌 発行年月:2020年07月
    著者氏名(共著者含):安部祥太

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:(判例研究)公判前整理手続において録音・録画記録媒体のうち音声のみが証拠採用された事例—東京地決令和1・7・4判時2430号150頁
    掲載誌名:季刊刑事弁護  103号  (頁 150 ~ 154)
    掲載誌 発行年月:2020年07月
    著者氏名(共著者含):安部祥太

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)
    共著区分:単著

  • 記述言語:日本語
    論文題目名:再審開始決定に対する検察官抗告に関する予備的検討—韓国国家人権委員会による検察官抗告の改善勧告を契機として—
    掲載誌名:青山法学論集  61巻  2号  (頁 53 ~ 95)
    掲載誌 発行年月:2019年09月
    著者氏名(共著者含):安部祥太

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 記述言語:その他外国語
    著書名:裁判員時代の刑事証拠法
    出版機関名:日本評論社
    発行年月:2021年08月
    著者氏名(共著者含):後藤昭編集代表, 安部祥太, 角田雄彦, 笹倉香奈, 緑大輔編

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:裁判員裁判と予断防止—自白の任意性判断時期と裁判体区分論を中心に
    著書形態:共編者

  • 記述言語:日本語
    著書名:21世紀の再審—えん罪被害者の速やかな救済のために
    出版機関名:日本評論社
    発行年月:2021年
    著者氏名(共著者含):日本弁護士連合会人権擁護委員会編

    著書種別:その他
    担当部分:諸外国の再審法制「第6 韓国」
    著書形態:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    著書名:コリアの法と社会
    出版機関名:日本評論社
    発行年月:2020年06月
    著者氏名(共著者含):尹龍澤, 青木清, 大内憲昭, 岡克彦, 國分典子, 中川敏宏, 三村光弘編

    著書種別:教科書
    担当部分:Further Lesson 3「〈過去事清算〉とは何か」(53-54頁),Column7「国民請願」(205頁),Chapter26「死刑の執行停止から紐解く現代の韓国刑事法」(267-274頁)
    著書形態:分担執筆

  • 記述言語:日本語
    著書名:被疑者取調べの憲法的規制
    出版機関名:日本評論社
    発行年月:2019年09月
    著者氏名(共著者含):安部祥太

    著書種別:単行本(学術書)
    著書形態:単著

  • 記述言語:日本語
    著書名:新倉修先生古稀祝賀論文集——国境を超える市民社会と刑事人権
    出版機関名:現代人文社
    発行年月:2019年09月
    著者氏名(共著者含):安部祥太

    著書種別:単行本(学術書)
    担当部分:未決拘禁と身体不拘束の原則
    著書形態:分担執筆

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:第4回 守屋研究奨励賞
    受賞年月:2017年12月
    受賞国:その他
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター
    受賞者・受賞グループ名:安部祥太

  • 受賞学術賞名:平成22年度刑事政策に関する懸賞論文
    受賞年月:2011年01月
    受賞国:その他
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:読売新聞社
    受賞者・受賞グループ名:安部祥太

  • 受賞学術賞名:平成22年度刑事政策に関する懸賞論文
    受賞年月:2011年01月
    受賞国:その他
    受賞区分:その他の賞
    授与機関:日本刑事政策研究会
    受賞者・受賞グループ名:安部祥太

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目: 
    研究期間:2013年04月 ~ 2015年03月
    研究題目:被疑者取調べを含む捜査手法の適正化

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:特別研究助成
    研究期間:2020年04月 ~ 2022年03月
    研究題目:再審制度の比較法的研究

    資金支給機関名:成城大学

  • 資金名称:特別研究助成
    研究期間:2018年04月 ~ 2020年03月
    研究題目:東アジア圏における刑事法ならびに刑事司法の改革に関する研究

    資金支給機関名:成城大学

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:日本刑法学会第99回大会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2021年05月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:被疑者取調べの憲法的規制
    発表形態:口頭(一般)

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:第17回 人権研究交流集会分科会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2021年03月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:今こそ再審法制の大改革を!—大崎事件にみる現行刑訴法の問題点から、あるべき再審法制を問う
    発表形態:その他

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:再審法改正をめざす市民の会 第6回WEBセミナー
    会議区分:国内会議
    開催期間:2021年03月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:日本・台湾・韓国の再審法の現状と課題
    発表形態:その他

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:「法務省・新『刷新会議』発進、取り調べへの弁護人立ち会いを求めて」パネリスト
    会議区分:国内会議
    開催期間:2020年08月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:「法務省・新『刷新会議』発進、取り調べへの弁護人立ち会いを求めて」パネリスト
    発表形態:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 発表(記述)言語:日本語
    会議名称:大崎事件第4次再審申立報告集会
    会議区分:国内会議
    開催期間:2020年03月
    開催場所: 
    題目又はセッション名:無辜の迅速な救済へ向けた再審手続の在り方
    発表形態:その他

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:コース導入演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:コース導入演習

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:刑事政策

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:法学研究科前期

    授業科目名:刑事政策

    授業形式:代表者

  • 履修年度:2021年度(西暦)

    提供部署名:法学部

    授業科目名:刑事政策A(犯罪・非行と法)

    授業形式:代表者

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 授業科目名:入門演習(2年次ゼミ)
    機関名:青山学院大学法学部

  • 授業科目名:刑事政策
    機関名:青山学院大学法学部

  • 授業科目名:刑事訴訟法
    機関名:國學院大學法学部,青山学院大学法学部

  • 授業科目名:刑法各論
    機関名:立正大学法学部

  • 授業科目名:法学入門
    機関名:青山学院大学法学部

全件表示 >>